チューベローズは、多年草の一種です。

 

 

国内では主に純粋に観賞用として楽しまれていますね。

 

海外では結婚式のブーケでやアロマオイルに使用されることもあります。

 

また、独特な花言葉の由来などもあります。

 

今日は、このチューベローズの育て方手入れ植え付けの方法、由来などをしていきますね。

 

スポンサーリンク

チューベローズの育て方

チューベローズの育て方では、季節日当たり水やりなどの条件を揃えることが肝心です。

 

 

具体的には4月から5月中に球根を植え付け6月から7月に掛けて肥料を与える流れです。

 

球根は重たければ重たいほど丈夫で元気に育つ可能性があります。

 

店頭で購入する時に一つずつ重量を量るのは難しいです。

 

そのため、手で持って比較しながら重たい方を選ぶのが良いでしょう。

 

春に植えて夏に開花が楽しめます。

 

お手入れをする季節は4月から9月頃までとなります。

 

難易度は中程度で比較的簡単ですが寒さには弱いので温度管理が要注意点です。

 

日当たりはチューベローズの芽、それに花を付けるのに大切な条件の一つです。

 

 

年間を通して日の当たる場所に置き十分な日光を与えて成長を見守るのが良い育て方です。

 

目安となる温度の数字を挙げると気温の変化が少ない15度以上が良好となります。

 

越冬を考えるのであれば、特に最低気温に注意して場所や日当たりを考慮することが重要です。

 

霜や氷が付くと腐ってしまうので少なくとも10度は下回らないように心掛けましょう。

 

 

逆に最高温度は35度位まで耐えられます。

 

このため、最低気温の高さを除けば案外温度差を許容することができます。

 

用土には、水持ちが良く水はけにも期待できる土が適しています。

 

鉢植えであれば小粒の赤玉土7に対し腐葉土3の割合で混ぜた物が丁度良いです。

 

庭植えなら腐葉土をベースに堆肥を良く混ぜ込んでおけば準備万端です。

 

最初は購入して植えることになる球根ですが増やして楽しむ育て方もあります。

 

 

普通に育てるだけでも自然と数を増して行く特徴のある植物です。

 

そのため、増えたら他の場所にも植えることができます。

 

ただし、増えた分は小さく成長しにくいです。

 

確実に花を咲かせたいなら大きな物を購入するのが賢明です。

 

芽の出方は育て方の可否、あるいは今後の開花を占う目安になります。

 

暖かくなっても芽が出ない場合は、植え付けのタイミングが早過ぎたか温度が足りていない恐れがあります。

 

 

このようにチューベローズは十分な気温と日当たりの良さ、湿っていて水分が途切れない土を好みます。

 

また、寒さと乾燥には弱いです。

 

その点に気を付けて球根を育てれば、普通の難易度で夏には花が楽しめるようになります。

チューベローズの簡単な手入れの方法

水やりは過不足なく与えるのがポイントで水分を好む植物ですから少し多めで丁度良い位です。

 

 

土は常に湿り気のある状態を保ち表面に乾燥が見られたら水をあげると良く育ちます。

 

真夏は水分の乾燥スピードが速いですから容易に水切れするので注意が求められます。

 

乾燥が進むと簡単に弱ってしまいます。

 

水やりが遅れれば枯れてしまうこともあるでしょう。

 

多少多く水やりをしても大丈夫です。

 

ちょっと多めと感じられる水分量がベストとなります。

 

更にチューベローズを健康に育てるには、肥料の十分な供給も必要不可欠です。

 

 

肥料は植え付けの前に化成肥料を一握り油かすを二握りほど土に混ぜ込んでおく。

 

こうすると元気が良くなって芽もすくすくと育ちます。

 

この分量は1平方メートル辺りの目安で6月9月に同量の追肥を行うのが理想的です。

 

6月は開花を前に栄養を与えること、9月は球根を太らせ負けない状態に育てるのが目的です。

 

基本的なお手入れは、花茎が伸びたら重さで折れ曲がることがあります。

 

そのため、支柱を立ててサポートしてあげることです。

 

株元に土を寄せるのも良い方法です。

いずれにしても自重に耐えられるようにするのがコツです。

 

用土は植え付け前に環境を整えておくことです。

 

一定のタイミングで追肥をするだけでお手入れの完了です。

 

保水性の低い用土は適さないです。

 

植え付ける前に間違えないで選んだり育てる場所を確保することが必要です。

 

用土には腐葉土を使うのがポイントで鉢植えなら水持ちを良くする為に赤玉土と混ぜます。

 

庭植えには腐葉土に堆肥で十分ですから植える環境に合わせて使い分けることになります。

 

追肥の有無で育ち方が変わるので必ず忘れないように与えてあげましょう。

 

チューベローズのお手入れに必要な肥料は、化成肥料と油かすの二種類です。

 

一方であまり害虫はいませんがアブラムシは付きやすいので対策が問われます。

 

 

春先に付きやすいアブラムシは、薬剤を散布して駆除するのが良い判断です。

 

中途半端に対応しても対処しきれないので思い切って薬剤を使うことです。

 

 

これがチューベローズのお手入れに関する基本です。

 

春にアブラムシを駆除することができれば、

 

以降は他の害虫を含めてお手入れの手間が増える恐れはなくなります。

 

スポンサーリンク

チューベローズの簡単な植え付けの方法

チューベローズの植え付けは、寒さを感じない位に気温が上がってきた頃がベストです。

 

 

球根は30グラム以上のものが最適です。

 

直径は4センチ程度、高さ6センチ位の条件を満たすと重さが30グラムを超えます。

 

あまりに小さいと花が咲きません。

 

そのため、最初の選び方に重要性があるといえます。

 

複数の球根に大きさのバラツキがあるなら大きい方から優先的に選択するのが有効です。

 

ハズレを引きにくく失敗するリスクを減らせるので大きい物を重視して選びましょう。

 

見た目が立派で形が良く傷みがなければ植え付けに適したチューベローズの球根です。

 

鉢植えなら6号以上に3球ほど庭植えであれば15センチの間隔で植えて行きます。

 

 

狭い範囲で高密度に植え付けると栄養や水分を取り合っていずれも育たなくなります。

 

間隔を開けるのが植え付けのヒントです。

 

チューベローズの成長を実現する為の条件です。

 

球根の掘り上げは暖地以外という条件下において葉が枯れたり寒地で育てる際に行います。

 

前者であれば雨風の当たらない場所で水を切って休眠させます。

 

 

後者は凍らない保管場所を選び同様に暖かくなるまで眠らせておきましょう。

 

植え替えは球根の掘り上げをしなかった時、4月から5月頃に行う必要があります。

 

植え替え用の用土は鉢植えと同じように赤玉と腐葉土を混ぜて元肥を加えます。

 

 

後は、そこに植え替えを行って定着させるのが、チューベローズの簡単な植え付け方法となります。

 

地植えは腐葉土を敷いた用土の上に広く間隔を取って5センチほどの深さに植えます。

チューベローズの水やりの方法

水やりは地植えも鉢植えも関係なく、同じく水切れを起こさないように十分与えます。

 

今は、このような自動で水やりのできる便利グッズも出ています。

 

地植えや鉢植えをした直後も植替えの際にも水をあげる必要があるのがチューベローズです。

 

この植物は多くの水を必要としますし周囲の環境が乾燥気味だと弱まります。

 

水分を求めるのは春から秋の期間なので、ほぼ年中十分な水分を求めているといえるでしょう。

 

地植えか鉢植えの際は、最適な深さの窪みを付けて球根を置いて土を軽く被せたら水をあげます。

 

植えた場所や周辺にも奥深くまで浸透させる形で水分を供給します。

 

一見すると難しそうな植え替えですが条件を確認して手順さえ守れば難しくないです。

チューベローズの由来

チューベローズは、リュウゼツラン亜科(あか)に属しています。

 

月下香

 

原産地はメキシコとされていて同属は全部で12種類あるといわれています。

 

二輪ずつ花を付けるところから来ていて不純さを連想させるのが切っ掛けです。

 

また危ない誘惑を感じさせる香りも、このような表現や由来と結び付いています。

 

フローラルで甘い香りがするチューベローズは多くの花言葉を有することでも知られています。

 

危険な関係危険な快楽を始めとして危険な楽しみに冒険などがあります。

 

 

この花には共通点を持つ花言葉があります。

 

夫婦やカップルに贈る用途には向かないです。

 

由来の意味を考えて香りを楽しんだり贈ることが大切です。

 

江戸時代頃にメキシコから渡り一部の間で広まって現在の普及へと至ります。

 

日本では、月下香(ゲッカコウ)とも呼ばれます。

 

元はラテン語で膨らんだ塊根(かいこん)を意味しています。

 

 

根生葉を数枚付けるのも特徴のひとつです。

 

草丈は1メートルにも伸び8月頃に六花弁の20から30輪穂状花序(すいじょうかじょ)が花開きます。

最後に

チューベローズの育て方の説明は、いかがでしたでしょうか。

 

最後にチューベローズに気を付けることがあるとしたら、

 

それは花言葉とプレゼントの際に込められる意味です。

 

 

男女関係の危険性を匂わする花なのでパートナーにプレゼントするのは控えましょう。

 

もちろん関係が良好なカップルに贈るのも厳禁です。

 

意味を分かって納得していれば良いです。

 

しかし、それ以外のことでは何気なくでも贈り物に選ばない方が無難でしょう。

 

チューベローズの楽しみ方としては、やはり観賞用に育てたり香りを楽しむことです。

 

プレゼントでなければ問題ありませんし趣味の一環として保有したり栽培できます。

 

ただ、趣味用だとしても気を付けることは少なからずあります。

 

花言葉の由来や内容が内容なだけあって趣味で育てるにもパートナーの理解が必要となります。

 

 

チューベローズの香りは、男性を誘惑するといわれます。

 

その点は理解したり気を付けた方が良いでしょう。

 

贈り物に選ぶなら誤解を持たれない同性向けにするのが安心です。

 

これなら誘惑のリスクはありませんし危ない恋愛関係に発展する恐れもないです。

 

とはいえ、チューベローズを楽しむということが目的であり育てるときの大前提です。

 

花言葉や由来については、個人的にそんなに気にしていません。

 

 

肝心の栽培において気を付けることは、乾燥や自重による折れ曲がり気温の三つです。

 

条件を守って植え付けや栽培を始めれば、毎日、水をやったり成長を確認できます。

 

こうしてチューベローズの楽しみ方が実現していきます。

 

スポンサーリンク