ミナミヌマエビが青い色に変わる原因!元に戻ることは?その理由も!

ミナミヌマエビが青い色になる理由生き物

ミナミヌマエビが青い色に変わる原因

 

ミナミヌマエビが青い色に変わる原因?

 

その1つには、環境の影響を受けることが挙げられます。

 

ミナミヌマエビは擬態する生き物です。

 

青い色に変化するのは自然なことで、特に問題があるとはいえないです。

 

ミナミヌマエビが青い色に変わる原因

 

他の色の場合だと病気の可能性はあります。

 

一般的に赤色が定番のエビが青い色になると驚きます。

 

タカ
タカ

ミナミヌマエビの色は普通は透明が標準ですからね。

 

ミナミヌマエビが青色に変色する理由が何か分かれば怖くないです。

 

また、青い色の擬態は美しく魅力的です。

 

思わず水槽を見入ってしまう魅力を感じさせるはずです。

青い色に変わる原因は擬態

 

少なくともミナミヌマエビが青い色に変わる原因は擬態による可能性が高いです。

 

健康状態の異常が疑われる恐れは小さいです。

 

擬態は割と身近に見られるもので、水の入れ替えで移す時もそうです。

 

水槽の中でも変化が見られることがあります。

 

ミナミヌマエビの擬態

 

ミナミヌマエビの擬態は文字通り環境に適応する能力です。

 

こうして周囲の色に合わせて変化しようとします。

 

擬態といっても個体差はあります。

 

誰の目にも明らかに変色することもあれば、微妙な変化に留まる個体も存在します。

 

ミナミヌマエビは、擬態に個体差がある生き物です。

本当に上手い個体は違和感なく溶け込み、探しても簡単には見つからないほどです。

 

元々ミナミヌマエビは透明で天敵に見つかりにくい生き物ではあります。

 

しかし、何色にもなれる高い擬態能力を有しているわけです。

 

タカ
タカ

ミナミヌマエビの青色はよく見られる変色です。

 

知識として擬態を知っていれば、実際に目の当たりにしても驚くことはないでしょう。

 

ただし、青い色以外の変色には病気が隠れていることもあります。

 

このように他の色に変化した場合は注意が必要です。

 

青い色に変わる原因は環境の影響

 

ミナミヌマエビの青い色は健康状態に影響を与える色ではないです。

 

むしろ環境の影響の方が強く反映されます。

 

水の入れ替えで使用することの多いバケツはミナミヌマエビの擬態が見られるチャンスの1つです。

 

青いミナミヌマエビ

 

ミナミヌマエビは色に合わせて変色します。

 

個体による程度の差はあるにしても、周囲に溶け込むかのような変化を見せます。

 

擬態が確認できる場合は透明に青が混じり、水色以上の青に見えることが多いです。

 

より色濃くなるかどうかは個体差で決まります。

 

透明度の高さと濃い青を両立する個体に出合えたならそれはラッキーです。

また、ミナミヌマエビの変色は擬態の他にも水質が影響します。

 

水質に問題がある場合は病気の疑いも出てきます。

 

複数の個体が一斉に青以外の色に変化した場合は要注意です。

 

定番の青ならそれほど心配は要らないでしょう。

 

ミナミヌマエビが青い色は元の色に戻る?

 

ミナミヌマエビが青い色になった場合、元の色に戻ることは当然ながらあります。

 

そもそも周囲の色に擬態して溶け込もうとする性質が変色の原因です。

 

その環境を元に戻せば色も元通りになります。

 

 

正確には本来の透明な色を保つ環境に戻せば戻るというのが正解です。

 

ミナミヌマエビを違う色に変色する環境に移せば戻らないです。

 

理由が分かればミナミヌマエビが青い色になっても焦らずに済みます。

 

元の色に戻そうと思えば戻すことができます。

ただし、環境を変えずに勝手に戻ることは考えにくいです。

 

例えばバケツで水槽に移す前の状態に戻せば、色も自然と色が戻っていくはずです。

環境を変えても色が戻らない理由

 

環境を変えても戻らない場合は他の理由があると思われます。

 

しかし、個体差はあるにしても基本的には元通りになるでしょう。

 

中には色が戻らない個体も存在します。

 

 

しかし、これには身を守る抱卵状態などの理由があります。

 

つまり、青い色から透明に戻る個体は少なくとも抱卵をしていません。

 

透明でも安全に過ごせる環境にある場合に元の色になる場合もあります。

 

ちなみにミナミヌマエビの透明は水草が多い環境でこの色になりやすいです。

 

苔の多い水槽などでは影響を受けて緑色に変色しやすい傾向です。

 

 

砂や流木の多い環境においては、想像通り茶色っぽくなりやすいといえるでしょう。

 

元の色といっても、元いた環境や個体差があります。

 

全てのミナミヌマエビが戻ると断言するのは難しいです。

 

とはいえ、正常な擬態で病気が疑われない!

 

このような青い色であれば環境の変化次第で変色が戻ることは十分にあり得ます。

 

理由は勿論先にもお話ししたように、ミナミヌマエビが擬態する生き物だからです。

 

 

天敵から身を守る為に、環境に適応して色を変えることにあります。

 

ミナミヌマエビは割と頻繁に変色するので、

 

初めてミナミヌマエビを目にしたり飼う人は驚くと思われます。

 

ミナミヌマエビが透明から青い色に変わるのも驚きです。

 

そこから更に透明に戻るのも、実際に見たことがない人にとっては衝撃的でしょう。

 

言うまでもありませんが、元通りになる理由がなければ元には戻りません。

色が戻らない・戻れない個体の理由

 

ミナミヌマエビの色が戻らないか戻れない個体も存在します。

 

青から戻らないか、元に戻るか、他の色になるか、!

 

これはケースバイケースです。

 

 

ミナミヌマエビの色を強制的に戻す方法はありません。

 

ミナミヌマエビの色を元に戻したい場合は個体別に観察して見守るのが賢明です。

 

少しでも戻る可能性を高めたいのであれば、環境を変えて擬態を促す他ないでしょう。

 

一度変色した色が戻ることはある、それ自体は間違いのない事実です。

 

なので、ミナミヌマエビが青色になっても焦ることはないです。

 

ミナミヌマエビが青い色に変化するのは病気?

 

ミナミヌマエビが青い色に変化する理由の殆どは、病気ではなく擬態によるものです。

 

擬態で周囲の色に混ざり溶け込もうとすることで、天敵から身を隠そうとするのが理由です。

 

つまり身近に青い色の物があって変色している。

 

 

これだけなら、青い色であっても即座に病気と判断することはできないです。

 

病気が疑われるのはエビを茹でた時のような赤色です。

 

タカ
タカ

薄い赤で一時的な変化なら問題ないです。

 

青い色はタンパク質の変性とは無関係です。

 

なので、基本的に病気を疑う必要はないでしょう。

 

ミナミヌマエビの青色は安定で環境に特に問題はないです。

 

むしろ、本来の擬態能力を発揮できている判断材料になります。

 

青はミナミヌマエビが環境に溶け込み安全に暮らす為の正常な色と判断できます。

 

不安を抱いたり専門家に相談することは不要です。

 

タカ
タカ

他にもミナミヌマエビの正常な色はいくつもあります。

 

赤色を除けば大抵は状態に問題はないといえるでしょう。

 

擬態する生き物にはかなり大きく色を変える個体もあります。

 

実際に見たことがないとあまりの変色具合に驚きます。

 

飼育を経験すると変色のパターンや幅が分かってきます。

水換えは注意が必要

 

環境が一変する水換えは、ミナミヌマエビにショックやダメージを与えてしまう恐れがあります。

 

急激な変化を避けて慣らす為に少しずつ水を入れ替えるのが正解です。

 

水温の変化や酸欠、pHの急激な上下はミナミヌマエビに掛かる負担が大きいです。

 

これが、危険信号の赤色になってしまうリスクを高めます。

 

やはり、緩やかに色を変えられる環境が望ましいです。

 

正常な変色の為には急激な変化を避ける環境の配慮が重要です。

 

まとめ

 

ミナミヌマエビが青に変わる原因は擬態です。

 

環境に溶け込もうとするミナミヌマエビ本来の性質に理由があります。

 

擬態なので当然ながら元の色に戻ることは十分にあり得ます。

 

 

環境を元通りにすればその可能性は上がるでしょう。

 

ただし個体差はあります。

 

すぐに元に戻る場合もあれば、時間を掛けてゆっくりと変色するケースもあります。

 

それからミナミヌマエビが青色が完全に戻らないこともあります。

 

元の色に戻るかどうかは完全にケースバイケースとなります。

 

緑色や茶色も環境の影響を受けた擬態の結果です。

 

これらも病気による変色とはいえないでしょう。

 

ただし、赤色になると病気の疑いが濃厚で命に関わります。

 

青に変わる場合とは原因も状態も大きく異なるとの理解が不可欠です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました