刷新とは、どのような意味で、どのような読み方になるんでしょう。

 

誰かから尋ねられたときに正しく答えることができるようにしておきたいですね。

 

刷新の意味を正しく説明することができないままであれば、気がつかないうちに間違った使い方をしてしまうこともあります。

 

熟語を正しく読める、説明できることは社会人としてとても重要です。

 

そのため、正しい知識を身につけておくことが大切だと言えます。

 

刷新の意味や使い方についても正しく理解しておくと良いでしょう。

 

刷新という言葉を見かけたことがあるという人は多いはずです。

 

刷新を何となく知っているだけという人も多いです。

 

自信を持ってどのような言葉であるか説明することができる人は少ないのではないでしょうか。

 

ここでは、刷新とは、その意味や読み方と使い方について詳しく解説していきます。

 

なお、一新・更新との違いや例文などの紹介もしていきますね。

スポンサーリンク

 

刷新とは読み方や意味

 

刷新とは「さっしん」という読み方です。

 

「刷」「新」ともに「サツ」「シン」と音読みをします。

 

「サツ」は促音と呼ばれる小さい「つ」を用いることになるので「さっしん」と読みます。

 

刷新とは、この言葉の意味は様々なシーンで使うことができます。

 

特にビジネスの場面で用いられることが多い言葉だと言えるでしょう。

 

そして、この言葉の詳しい意味はこの言葉を分解することで分かります。

 

「刷」は2通りの定義があります。

 

 

「こすって文字を写し取る」と「(こすって)綺麗にする」や「ぬぐい取る」に分けることができるでしょう。

 

刷新の場合は、後者の「綺麗にする」「ぬぐい取る」という意味合いで使われます。

 

「新」は文字の通り「新しい」ことをあらわしています。

 

なお、「従来のものと違っている」と説明することもできるでしょう。

 

つまり、それぞれの漢字の定義を組み合わせると刷新とは、直接的な解釈を行うと「ぬぐい取って新しくする」という意味です。

 

今までの状態を綺麗にぬぐい取って従来とは違った新しい状態になることを指しています。

 

そのため「これまでの弊害を取り除いて、全く新しいものにすること」「事態を改めて全く新しくすること」などと説明されることが多いです。

 

 

このように、正しく説明を知らなくても熟語を分解して考えることで意味が分かるようになります。

 

ただし、刷新の場合も「新」という漢字は一般的な使い方と同じ使い方をします。

 

しかし、「刷」は「印刷」や「初刷」などのよく使われる言葉とは違った定義で使われているので注意が必要です。

 

正確に読み方や意味を理解しておくと、ビジネスシーンでこの言葉が登場しても焦る必要はありません。

 

自分自身がこの言葉を上手く取り入れて話すことができるようになるでしょう。

 

具体的な内容まで理解していない人が多い熟語だと言えます。

 

刷新の意味を詳しく知らなかった人は正しい知識を持つようにしておくべきでしょう。

スポンサーリンク

刷新の使い方や例文

 

刷新の読み方や意味を理解することができても、自分から普段使わない言葉かもしれません。

 

そうなると、使いどきがよく分からないと感じてしまう人も多いはずです。

 

この言葉を上手く使いこなせるようになりたいと考えるのであれば、読み方や意味だけではなく正しい使い方まで知っておくべきだと言えます。

 

スマートに使いこなせるようになると、社会人としての自信がアップします。

 

周囲からも正しくビジネスに必要な言葉を使える人だと思ってもらえるようになるはずです。

 

1つだけ知っていても上手に使いこなすことは難しいので、様々な例文を参考にしてみることが大切だと言えます。

 

 

これから出てくる例文を参考にして、この言葉をスマートに使うことができるようになっておきましょう。

 

ビジネスシーンで用いられることがほとんどだと言えるので、ビジネスシーンを想像してみてください。

 

これまで会社で用いていた管理システムに不具合が生じたり、改善するべき点が見つかったりしました。

 

その結果、管理システムを開発し直して新しいシステムにすることが決定しました。

 

このような状況を「管理システムを刷新することに決定した」とあらわすことができます。

 

他にも、進めていた企画があり、デザインが仕上がっていたけれどクライアントからの要望でデザインを作り直すことになった。

 

 

このようなケースでも、この刷新という言葉が使えるでしょう。

 

「クライアントからの希望で企画アイデアを見直し、デザインを刷新する」と言い換えることができます。

 

評価方法が変わって給与やボーナスの算出方法が変わるときにも、「賃金やボーナスの算出方法を刷新する」とあらわすことができるでしょう。

 

「リニューアルで店内レイアウトが刷新された」「長く使用して古くなっていた機器を刷新する」、などのように使用することもできます。

 

こうして、様々な使用例を知っておくと上手く使いこなすことができるようにしておくと良いです。

 

これは「もの」や「こと」だけに使える言葉ではありません。

 

人や組織についても同じように使うことができるので、こういったケースでの使い方も知っておくことをおすすめします。

 

事業の拡大などに伴って社内に新しい部門ができるときは組織体制が今までと違った状態になります。

 

 

このときにも「組織体制を刷新する」というように用いることが可能です。

 

大幅な人事異動が起こったときにも、「会社の人事を刷新する」と言い換えることができます。

 

プロジェクトチームや経営陣が新しく変わるときも、この言葉を用いて表現することができると知っておきましょう。

 

いずれの例文からも、「そのときの状態よりも良い状態・新しい状態に改善する」ときに使用できる言葉だと分かるはずです。

 

「新しくする」「変える」などの言葉でも意味は伝わります。

 

ですが、刷新は簡潔ながらも深い意味を持たせることができる言葉なので使用することをおすすめします。

 

ビジネスシーン以外では「新しくする」のような簡便な言葉を用いたほうが意味が通じやすくなるケースもあります。

 

 

ただし、ビジネスでは手短に説明するためにも意味が伝わりやすい言葉を選ぶべきだと言えるでしょう。

 

意味を知っていれば相手の発言を正しく理解することができます。

 

社会人として活躍するためには自らもビジネスに役立つ言葉を使いこなせるようになっておくことが大切だと言えます。

 

今までこの言葉を使用せずに簡単な言葉を使っていたのであれば、使い方や例文を知ることで上手に使うことができるようになっておきましょう。

 

同僚と話すときやプライベートで無理に使用する必要はありません。

 

ですが、上司や先輩、クライアントなどと話すときは的確に表現できる言葉を用いることで好印象を持ってもらえる可能性が高くなります。

スポンサーリンク

刷新の類義語

 

刷新と似たような言葉を知っていると思った人もいるかもしれません。

 

この言葉には類義語がたくさんあります。

 

様々な言い回しを知っておくことによって状況に応じて使い分けることができるでしょう。

 

変化させるという意味では、入れ換え・手直し・修正・変更・変化・改変・改定・チェンジ・変える・改めるといった言葉を使うこともできます。

 

悪いことをより良い方向へ変えるという意味では、革新・改革・再編成・改良・改心・改善などの言葉であらわすこともできるでしょう。

 

全く新しい状態にするという意味では、更生・更新・一新・更改などを用いることも可能です。

 

 

他にも場合によっては、作り直し・リニューアル・差し換える・取り換える・交代などを使用することもできるでしょう。

 

これらは、似たような意味をあらわす言葉ではあります。

 

しかし、選んだものでニュアンスが微妙に違ってきます。

 

その場に適した言葉を選べるようになっておくことが大切だと言えます。

 

状況に応じて使うべき言葉が違ってくるので、類義語も意味と一緒に理解しておくと良いです。

 

似たような言葉を知っておくとワンパターンな言い回しにならないので、説明上手だと思われるようになる可能性もあるでしょう。

スポンサードリンク

一新や更新の意味

 

一新や更新も新しくするという意味を持つ言葉です。

 

しかしながら、それぞれの言葉で微妙にニュアンスが違っています。

 

一新は「すっかり新しくすること」の意味があります。

 

また、更新は「新しく改めること」の意味があります。

 

どのようなケースでも同じ言い回しをするのではなく、より適切な言葉を選ぶことが大切だと言えます。

 

 

選び方を間違えてしまうと何となく意味は通じるけれど、違和感をお覚える言い方になってしまう可能性が高いです。

 

豊富なボキャブラリーを持っていたとしても、正しく使用することができなければ周囲からの評判が悪くなってしまう恐れもあります。

 

一人前の社会人として認められるためには、正しい言葉選びも重要です。

 

そのため、一新や更新についても理解を深めておくようにしましょう。

 

これら3つはビジネスシーンでもよく見聞きするものだと言えます。

 

正しく使いこなせるようにそれぞれの違いや使い方を知っておくことが大切だと言えます。

刷新と一新・更新との違いや例文

 

刷新と似ている言葉には「一新」「更新」があります。

 

非常によく似ており、類義語に分類されますが、これら3つの言葉はそれぞれ違った意味を持っています。

 

一新と更新についても正しく理解しておかなければ、誤った使い方をしてしまう恐れがあるでしょう。

 

選び方を間違えてしまうと、自分の意図とは違った意味に受け取られてしまう可能性もあります。

 

 

正しい言葉選びをするためにも、それぞれの意味や刷新との違い、具体的な使い方を知っておくことが大切だと言えます。

 

一新や更新との違いは、刷新のほうが具体的な内容をあらわしているという点にあるでしょう。

 

漢字から分かるように、全てを一から新しくすることが一新なので、漠然としたイメージを抱くことになるはずです。

 

刷新の場合はすでに感じられている支障や障害を取り除いて新しい状態にすることなので、こちらのほうがより具体的だと言えます。

一新の例文

 

一新は、このように使用することが出来ます。

 

「上京で生活が一新した」

 

「人事異動の影響でチームが一新する」

 

「気持ちを一新して次のプロジェクトを頑張る」

 

「10周年を記念してパッケージが一新された」

 

「作品のテイストが変わったことからスタッフが一新されたことに気づいた」

 

例文を参考にすると、一新のほうが気持ちを新たにするというニュアンスが強いです。

 

 

問題が起こっていないことに対して使用できると分かるはずです。

 

トラブルや従来の悪い部分が理由で変化が起こる場合は刷新、そうでなければ一新を使用するように使い分けると良いでしょう。

 

更新との違いは、こちらは前の状態を残しながら新しくしているという点にあります。

 

文字通り、更に新しくすることを示していると覚えておきましょう。

 

刷新は悪い状態から全てを新しくしているのですが、更新は前の状態を更に新しくしただけです。

 

何か特別に悪い点がなかったとしても、必要な情報やシステムが増えたときに追加します。

 

こうして全体を新しくしたのであれば更新という言葉を使うことができます。

更新の例文

 

更新はこのように使用することが出来ます。

 

「ホームページに新たなコンテンツを追加する更新作業を行った」

 

「運転免許証の更新手続きを行った」

 

「今年度の業績は昨年度の記録を更新するほどであった」

 

このように、もともとの状態が悪い状態でなくても使用可能です。

 

初めから良かったものが更に良くなった場合にも使うことができます。

 

 

成績や業績、記録などを塗り替えたときには更新という言葉がしっくりくるはずです。

 

「誤字を訂正してホームページを更新した」のように、問題があったものを変更したときにも更新という言葉を使って表現することができます。

 

しかし、端的に問題があったことを伝えたいのであれば刷新を使用したほうが良いこともあるでしょう。

 

上手く使い分けることで、簡潔な言葉でもしっかりと意味を伝えることができます。

刷新とは!読み方や意味と使い方?一新・更新との違いや例文も解説!のまとめ

 

刷新(さっしん)とは、下のような意味になります。

 

「これまでの弊害を取り除いて、全く新しいものにすること」、「事態を改めて全く新しくすること」という意味合いを持つ言葉です。

 

読み方や意味を知らなければ間違った使い方をしてしまう恐れがあります。

 

恥をかくことがないように正しい知識を身につけておくことが大切だと言えます。

 

また、この言葉には多くの類義語が存在しています。

 

類義語を知っておくと言い回しがワンパターンになってしまうことを避けられるようになるでしょう。

 

ただし、一新・更新のように似ていても違った意味を持っている言葉もあります。

 

違いや例文をしっかりと確認しておくことが大切だと言えます。

 

刷新とはどのような意味であるか、他の言葉との違いはどのようなものなのかということを理解しておくことです。

 

こうしておくと、社会人として適切に言葉を使いこなせるようになるでしょう。