マイクロブタカフェの値段


マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法はご存知でしょうか?

 

また、営業時間や場所はどこか?その行き方も気になるところですね。

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)は、マイクロブタさんたちと一緒に、ゆったりと楽しく過ごせる新しいタイプのカフェとして注目を集めています。

 

値段と予約方法や営業時間に場所はどこかを確認することで、よりこのカフェの特徴や魅力が分かります。

 

行き方(交通アクセス)や利用における注意点も把握すると、更に快適かつ安全に楽しむことができますね。

 

動物とふれあえるお店だからこそ、利用のポイントを把握したり、ルールを守って利用することが大切だといえます。

 

この記事では、マイクロブタカフェの値段や予約方法と営業時間や場所、行き方について解説していきます。

スポンサーリンク

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)は、空きありと残席が少ない状況、予約受付終了がひと目で分かるので、利用したい時間に目を通して確認します。

 

予約方法は各店舗共通で、それぞれの店舗のページを開いてから、予約ページで手続きをすることになります。

 

mipig cafe(マイピッグカフェ) – マイクロブタのおうち –

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)の店舗名を確認して希望日時を指定したら、空席を見て予約の空き状況をチェックしましょう。

 

まだ空きがあるなら、希望日時を選択して次のページに進み、名前人数連絡先利用時間の選択や豚コレラ渡航歴などの質問に答えて確認ボタンを押します。

 

内容に間違いがなければ予約を確定次第、予約完了となって当日の利用が実現します。

 

マイクロブタカフェ原宿店は、小学生以下の子供のみの入店は不可能で、来店は予約時間の10分前が推奨されています。

 

それ以外の注意事項や予約方法は目黒店に準ずる形ですから、一度いずれかの店舗の利用経験があれば、もう一方の店舗の利用も難しくなくなります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

\HP公開と予約スタート/ お待たせいたしました! ぜひ、ご覧ください🐷💕 ご予約はこちらから☟ https://mipig.cafe/ ・ 2.22〜24のプレオープンを経て、 以下を変更させて頂きます。 ・ 営業時間 10:00〜20:00(不定休) 予約 フロア指定→人数でのご予約制に ・ cafe運営方針は「ブタさんファースト」となります。ブタさんの様子をみながら、cafe運営を行ってまいりますので、ご了承くださいませ🙏 ・ マイクロブタさんのおうち“mipigcafe”は、3/1(金)まもなくオープンです。みなさまにお会いできること、楽しみにしております🐾 ・ ●● #mipig#マイピッグ#mipigcafe#マイピッグカフェ#マイクロブタ#マイクロブタさんのおうち#ブタさんのおうち#meguro#目黒#cafe#目黒カフェ#動物好きな人と繋がりたい#マイクロブタのいる生活

mipig cafe(@mipigcafe)がシェアした投稿 –

 

店舗展開が東京限定で、関西圏やその他の地域に店舗がないのは残念ですが、これはお店やサービスの質を維持する目的と考えれば納得です。

 

目黒店も原宿店も、お店が好立地にあってアクセス良好なので、遠方からでも足を運ぶことができます。

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)の値段は良心的ですし、ワンドリンクや他のメニューも手頃な値段ですから、限られた予算でも推奨される1~2時間の利用が楽しめます。

 

衛生管理が徹底されているので、店内やブタは清潔感があってリラックスして過ごせます。

 

注意事項や入店におけるルールも、特に厳しかったり難しいものはないですし、多くの人にとってハードルは低いといえるでしょう。

 

予約はほぼネットで完結しますから、電話予約が苦手な人でも大丈夫です。

スポンサーリンク

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の予約のキャンセル方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)のキャンセルは前日0時まで受け付けていますが、時間を過ぎた場合の問い合わせは電話です。

 

無断キャンセルをすると今後の予約や利用が断られるので、急に来店できなくなった時は電話を入れましょう。

 

遅刻や早く帰るケースにおいては、予約時間分の料金が発生しますから、事前に時間を確保して5分前の来店を心がけることをおすすめします。

 

時間ギリギリの予約や、キャンセル期限を過ぎた後のキャンセルには電話が必要ですが、通常はネットの画面のみで手続きが済みます。

 

値段と予約方法はやさしく、注意事項もそれほど項目は多くないですから、誰でも前向きに利用を検討できるお店です。

 

大阪・原宿・目黒・名古屋・福岡など、競合するブタカフェは存在しますが、衛生面のイメージ改善に力を入れるマイピッグカフェ(mipig cafe)はおすすめです。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の目黒店の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の東京の目黒店を中心に、原宿でも店舗を展開しています。

 

2020年2月現在、マイピッグカフェはこの2店舗のみで、関西圏などではまだ進出していない状況です。

 

料金は最初の30分が800円でこれが基本料金となり、以降は30分ごとに500円が加算されます。

 

お一人様の別途ワンドリンク制を採用しており、600円以上の注文が利用の条件です。

 

小学生以下の基本料金は無料ですが、ワンドリンクの注文は必要なことが注意事項の1つです。

 

誰もが快適に利用する為には、1人1人が注意事項の内容と理由を理解して、それを守ることが肝心です。

 

気になるのは各店舗の値段と予約方法ですが、目黒店は事前予約制で、Webサイトから予約するようになっています。

 

目黒店の予約ページは、60日前の0時から予約が可能で、利用予定当日の2時間前まで受け付けています。

 

電話での予約は受け付けていないので、マイクロブタカフェの公式サイトを開き、目黒店のページに移動して予約に進む形となります。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の原宿店の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)原宿店も目黒店に共通しますが、最初の30分の料金は1,000円なので注意が必要です。

 

ワンドリンク制でドリンクが600円からなのは同じです。

 

小学生以下の料金については、3歳以下の子供限定で無料となっています。

 

個室プランは目黒店にないプランですが、通常料金に別途追加料金を加える形で選択できます。

 

値段は30分につき500円ですが、この金額は税別なので間違えないように気をつけましょう。

 

体調が優れない人や、豚コレラ発生国からの入国履歴がある人は利用できないのは、目黒店に共通する条件です。

 

直近2日間に豚舎や動物園に足を運んだり、ペットやマイピッグカフェ(mipig cafe)以外のブタにふれた人が利用不可能なのも同様です。

 

予約方法は各店舗共通で、それぞれの店舗のページを開いてから、予約ページで手続きをすることになります。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の目黒店と原宿店の営業時間

 

この投稿をInstagramで見る

 

✨\祝・mipig cafe 1周年/✨ ・ ブタさんの日でもある2019.3.1にオープンし、おかげさまで1周年を迎えることができました🐽💕 この1年で、ブタさんには8.3万人のお友だちができ、少しずつブタさんの愛くるしさを知っていただけ、とても嬉しく思います💓 ・ ここ連日の報道で、どーんと暗く重たい空気が流れていますが、ブタさんパワーで、少しでもみなさんの気分が晴れやかになりますように🌸 ・ #できることから ・ #mipig #mipigcafe#mipigcafeharajuku#マイピッグカフェ#マイクロブタカフェ#マイクロブタ#micropig#マイクロブタさんのお友だち#tokyo#animalsinfluence#piggy#meguro #harajuku #pig #piggy #piglet #piglove #pet #petstagram

mipig cafe(@mipigcafe)がシェアした投稿 –

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の各店舗の営業時間は、目黒店が10時00分~20時00分、原宿店も同じく10時00分~20時00分の営業です。

 

また定休日は特にないので不定休といえばそうですし、お休みが気になる場合は前もって問い合わせや確認をするのが良いでしょう。

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)はWebによる予約制なので、予約できていれば基本的には当日利用可能です。

 

ただし、何らかの理由で急にお休みすることはあり得ますから、SNSの公式アカウントなどで発信される情報に目を向けるのがおすすめです。

 

mipigcafe – Twitter

 

もちろん、マイピッグカフェを主な目的に外出するのも良いですし、1~2時間の利用で楽しいひと時を味わうことができるでしょう。

 

営業開始が10時00分からなので、ランチ前に足を運んで過ごすことができますし、反対に午後に予約を入れて楽しむのもOKです。

 

ただ、午後は利用者が増えてやや賑わうこともありますから、大人数や子供連れであれば、早めの時間帯の利用を検討するのが賢明です。

 

しかし夕方以降も営業しているので、学校帰りや仕事帰りに立ち寄り、疲れを癒やしたりリフレッシュできるのも確かです。

 

マイクロブタカフェならいつでもブタさんが待っていますし、小柄でマイペースな姿を見れば、たちまち疲れが吹き飛んでしまうでしょう。

スポンサードリンク

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の場所と行き方

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の場所は分かりやすいところにあるので、お店がどこにあるか迷う心配は皆無です。

 

行き方ですが交通アクセスの優れた利便性と併せて、マイピッグカフェ(mipig cafe)はまさに理想的な場所に各店舗があります。

 

目黒と原宿の両店舗の所要時間は8分ほどですから、マイクロブタカフェの各店舗は思ったよりも距離が近いことが分かります。

 

つまり、目黒と原宿のどちらの店舗もアクセスの難易度は同程度で、単純に近い方を選んだり、両方に足を運んで比較することも可能というわけです。

 

大阪・原宿・目黒・名古屋・福岡と、関西や九州地方にも店舗があれば良いですが、今のところは目黒と原宿の2店です。

 

今後も店舗数の増加に期待できますし、東京の他の地域でもオープンした後は、東京以外や関東圏以外で展開する可能性もあります。

 

可能性として考えられるのは、公共交通機関が充実している立地で、駅との距離が徒歩10分以内の圏内です。

 

営業時間は10時00分~20時00分と長いので、夕方以降の利用者も多い駅の近くと予想できます。

 

さらに、自転車で来店することができないということも知っておきたいところです。

 

近隣に迷惑がかかる恐れを考慮して、マイクロブタカフェ目黒店では自転車での来店も断られます。

 

都内で商業施設が立ち並ぶ立地ですから、駐車場や駐輪場の用意はなく、自転車での利用にも不向きです。

 

仮にもし自転車で足を運び、駐輪場以外で駐輪すると近隣や歩行者の迷惑になりますから、マイピッグカフェでは自転車での来店と入店をお断りしています。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の目黒店の場所と行き方

 

目黒店の場所と行き方(交通アクセス)については、目黒駅より徒歩15分、東急バスの利用で元競馬場前バス停より徒歩1分の立地となります。

 

目黒店は少し歩くと目黒川が見えますし、東京都道312号線、通称目黒通りに面していますから、アクセスが優れているのは当然です。

 

目黒駅は目黒線や三田線に南北線、そして山手線の路線が通っているので、アクセス手段が豊富な上に乗り換えも含めると選択肢が多いです。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の原宿店の場所と行き方

 

原宿店は原宿駅より徒歩2分から5分程度、明治神宮前駅とも片道徒歩5分と、各方面からのアクセス性に優れています。

 

原宿店も原宿駅が目と鼻の先と好立地ですから、公共交通機関の恩恵が受けられますし、実際に利用すると快適性が実感できるはずです。

 

新宿方面や渋谷方面からも容易に移動が可能です。

 

マイクロブタカフェの利用がショッピングやイベントの用事に組み込みやすく、ついでにお店に立ち寄れるのも魅力です。

 

原宿駅は山手線が中心ですが、目黒駅との行き来は容易ですし、駅数にすると僅か3駅なので快適です。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)とは?

 

マイクロブタカフェのマイピッグカフェとは、日本で初めてのマイクロブタと触れ合うことができるカフェのことです。

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)は2019年に誕生した、日本で初めてマイクロブタとふれあえるカフェです。

 

2019年3月1日にオープンし、現在(2020年3月)のところ原宿と目黒の2つ店舗があります。

 

なお、マイピッグカフェ(mipig cafe)への来店は予約制となっています。

 

Floor Guide(お部屋紹介)の一部を紹介すると、原宿店にはテラスや広いスペースのほか「木のおうち」や「レンガのおうち」の半個室があります。

 

マイピッグカフェの目黒店は1階から4階まであります。

 

2階は座敷、3階には購入希望の人向けのスペース、4階には座敷タイプの「秘密の屋根裏部屋」とバルコニーがあるのが特徴です。

 

ショッピングやレジャーに人気のある原宿と目黒にお店があります。

 

ウェブ予約制となっていて、事前に予約をして訪れることで小さくて可愛らしいマイクロブタと触れ合うことができるようになっているお店です。

 

 

お店はおしゃれな雰囲気で、大人のブタから子どものブタまでが住んでいます。

 

訪れたお客さんたちはフロアを気ままに歩いている可愛らしいブタと触れ合ったり寝姿を眺めたり、一緒に遊んだりしてのんびり過ごすことができる環境となっています。

 

お店を訪れたら席に案内されるので、それぞれの席で過ごすことができるシステムです。

 

マイピッグカフェの魅力は、何と言っても可愛いマイクロブタを間近で見たり触ったりすることができるというところにあります。

 

動物が好きな人にとってはたまらない環境ではないでしょうか。

 

猫や犬、ウサギなどは比較的、家庭でも飼育されることの多い動物です。

 

 

もちろんペットとしてマイクロブタを飼っている人もいますが、犬や猫などの定番のペットと比べるとそれほど多くはありません。

 

しかし、テレビや雑誌などで見かけるマイクロブタの可愛らしさに、目を引かれたり「いつか撫でてみたい」と思ったことがある人も多いでしょう。

 

マイピッグカフェはそのような人の夢を叶えてくれるスペースです。

 

原宿と目黒という、近隣からも訪れやすい都心部にあるので、ショッピングのついでにも気軽に立ち寄ることが出来る立地であるのも良いところです。

 

また、大人になったブタを見てみたいという人もいるでしょう。

 

 

その点、マイピッグカフェの目黒店では購入希望の人向けに大人のブタを見られるようになっているのが特徴です。

 

可愛いマイクロブタを自宅に迎えて一緒に暮らしたいという人にとっては、良い機会を得られるお店と言えます。

 

マイピッグカフェのことをよく知りたい場合には、Floor Guide(お部屋紹介)をチェックしてみるのと良いでしょう。

 

マイピッグカフェ原宿店の店内は「カフェ」と聞いて多くの人が思い浮かべるような、テーブルと椅子が並ぶインテリアではありません。

 

原宿店にはテラスがあるほか、広いスペースにいくつもの低いテーブルや木の切り株を模したクッションが点在しているスペースがあります。

 

そのほかに「木のおうち」や「レンガのおうち」といった、半個室があります。

 

マイクロブタたちは、これらの間を好きなように行き来することができるようになっているのが特徴です。

 

 

目黒店は原宿店よりも、一般的なカフェのような雰囲気があるフロアもあるお店です。

 

1階から4階まであり、お座敷スタイルの2階はリビングルームのような落ち着くスペースとなっています。

 

3階は椅子があるフロアで、家族としてブタを迎えたいと考えている人向けです。

 

さらに4階には椅子に座って過ごすことができるバルコニーと、座敷タイプの「秘密の屋根裏部屋」があります。

 

それぞれのスペースで、ゆったりとすごすことができるようになっているお店です。

 

このような素敵なスペースで、可愛いマイクロブタと触れ合うことができるマイピッグカフェですが、訪れる際には注意するべきこともあります。

 

例えば人間の風邪やインフルエンザはブタにもうつることがあるため、体調が悪いときには入店することができません。

 

一週間以内に豚コレラ発生国に入国した人や、2日以内に他の場所でブタに触れた人なども利用できないので注意が必要です。

 

また、自分で飲食物を持ち込むことはできませんが、ドリンクやケーキを店内でいただくことができます。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)はミニブタとふれあったりできる

 

マイクロブタとふれあったりできますというか、むしろふれあうのが目的となっています。

 

マイクロブタカフェが扱うミニブタはマイクロブタと呼ばれるもので、ミニブタよりも一回り小さく、ミニブタをベースに作られた種類です。

 

つまりミニブタに分類されるマイクロブタとふれあうことができる・可能というのが、この疑問のより正確な答えです。

 

抱っこはブタが苦手とするので原則禁止ですが、それ以外の遊びは可能ですし、手でふれたり撫でるのは問題ないです。

 

 

おもちゃはあまり用意されていませんが、それはブタの自然な姿を楽しむのが目的で、安全性にも考慮された結果だと考えられます。

 

こちらから抱っこすることはできませんが、ブタさんの方からやってくる分には、特に拒む理由はないです。

 

懐き方次第で膝に乗ってくれることもありますから、いかにしてこちらに興味を持たせ、信頼関係を築くかが鍵を握ります。

 

愛らしくマイペースなブタの姿を見ていると、時間はあっという間に過ぎてしまうほどなので、本当に癒やしの空間だといえるでしょう。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)はマイクロブタやミニブタの購入もできる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

#3匹のこぶた さんが @mipigpro でデビューしました🐽💓 ・ デビュー記念にインスタキャンペーンも実施しているので、ぜひ、 チェックして下さい😌✨ ・ #mipigpro はブタさんをもっと身近に、ブタさんが暮らしやすい環境作りを目的に、ブタさんとヒトが幸せに共生できる未来を願って活動していきます🐷🌟 ・ #threelittlepigs from @mipigpro has made a debut! . We are now running an instagram campaign in a memory of debut so please check them out ! . #mipigpro will be working on creating an environment where piggies and humans can co-exist in peace and happiness. . #mipig #mipigcafe #mipigpro #micropig #マイクロブタ #マイクロブタカフェ

mipig cafe(@mipigcafe)がシェアした投稿 –

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の魅力は、ただ単にブタとふれあうスペースを提供するだけでなく、マイクロブタの購入相談も行える点にあります。

 

常時販売しているわけではなく、カフェにいるブタを買うことはできませんが、本気で飼うつもりであれば相談に乗ってもらえます。

 

やはり、動物を飼うにはそれなりの心構えや自覚が求められますし、知識がないと育てることすらままならないです。

 

マイクロブタカフェはマイクロブタの扱いに長けていますし、専門的で特化しているので、知識や心構えを教えてもらう相手として最適です。

 

価格や引き渡しの相談も大切ですが、生活環境の確認や、マイクロブタにとって必要なものの準備も大事です。

 

ブタとふれあうカフェというコンセプトは、マイクロブタを知ったり、理解を深めるのに役立っています。

 

購入を考えている人がマイクロブタカフェに足を運べば、自分の気持ちが本気か確認できますし、思いがより強くなれば正式に購入相談に進めるでしょう。

 

 

ブタに限らず、動物は安易な気持ちで飼うものではありません。

 

そのため、覚悟を再確認できるマイクロブタカフェは、購入や飼育に迷っている人の心強い味方です。

 

販売者としては、マイクロブタカフェは安易にブタを増やしたり販売はせず、相談に乗ったり話し合いを経て、飼育に相応しいと判断した相手にのみ販売しています。

 

購入する側にとっても、こういった形でブタを買うことができるのは、安心できたり自信を持って購入を決める切っ掛けとなるでしょう。

 

ふれあうのは何度でも可能ですし、複数回来店してマイクロブタの性格を理解してから、購入相談を始めることもできます。

 

また、将来的には飼う予定がある、しかし今はその時ではないといった人にも、マイクロブタカフェはニーズに応えてくれます。

 

ドリンクやフードをいただいてまったりと過ごすのも良いですし、ブタに囲まれて癒やされるのもマイクロブタカフェならではです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

2月19日 ~in 東京《part1》 久々に家族旅行。 夜中から出発し早朝に東京に到着。 一発目の目的地ゎ原宿の マイピックカフェです。 ノリでブタちゃんに会いに行くことに なったけどやっぱ動物ゎ可愛いね! ブタの尻尾がたまらなく可愛い(>_<) そして初めてブタを目にする息子ゎ おおはしゃぎですw 途中飽きてカフェにおいてあった 滑り台に走ったけどw 原宿にゎ他にも豆柴カフェやら ティーカッププードルカフェやら いろいろあったからまた行きたいな(^^) そして前から気になってた靴も 購入できました。安かった!! それから旦那が行きたがってた ミルクカフェへ。ソフトクリーム 一口もらったけど甘すぎてその日ゎ もう甘いものいらなかったな。 原宿ゎ電車も近くで見れるから 息子もご満悦です(^-^) また東京に行った際にゎ行きたい スポットになったかな! #原宿 #東京観光 #マイピッグカフェ #ミルクカフェ原宿 #ブタ #家族旅行2020

青井志保(@shiho2522)がシェアした投稿 –

 

店内は、都内とは思えないほどのんびりとしており、時間や喧騒と日常を忘れて過ごせます。

 

忙しくON・OFFの切り替えが難しい現代人にとって、ひと時でも普段の生活から解放される場所は貴重ですね。

 

好立地で足を伸ばしやすく、毎日開いていて夜でも利用できる、これがブタ専門のマイクロブタカフェの強みです。

 

ふれあうことができるだけでも贅沢ですが、飼育を含めた相談が可能なのは、ミニブタに興味を持っている人にとって朗報です。

 

いきなり買えてしまうと、飼育の前後でイメージと違うといったことが起こりますが、カフェでふれあい慣れておけばこのような心配はなくなり安心です。

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の注意事項と病気や入国履歴も

 

入店後の注意事項では、ブタの抱っこが禁止ということと、もし服が汚されたり噛まれても保証はないことがポイントに挙げられます。

 

安全には十分な配慮があって、応急処置は行われますし、ブタの機嫌を損ねる余程のことがなければ大丈夫だと思われます。

 

また、風邪気味やインフルエンザなどの病気で体調が優れない人、1週間以内に中国などから入国履歴がある人は入店できないなどです。

 

風邪などをブタにうつしてしまう恐れがあるのが理由ですから、体調を万全に整えてから来店するのがベストです。

 

一方、後者はアフリカ豚コレラ発生国が対象で、中国のみに限定されるわけではなく、該当する国から入国した人が対象です。

 

 

具体的には中国と韓国やモンゴルに、ベトナムが該当する国となります。

 

マイクロブタカフェは、ブタを不特定多数の人にふれさせる都合上、衛生管理が重要で利用者に注意が求められます。

 

2日以内に豚舎や動物園、ペットのブタとふれあったり、マイピッグカフェ以外のブタと接触した人も入店が断られます。

 

万が一病気をうつしてしまうと大変ですから、衛生管理の重要性を理解した上で、ルールを守って利用することが大切です。

 

良心的な値段が設定されていることからも、ルールにはしっかりと従って楽しくふれあいたいものですね。

 

ちなみに、豚コレラ自体はブタとイノシシの伝染病で、人に感染することはないとされます。

 

ただし、人を介してブタに伝染する可能性はありますから、その観点で入店が断られるわけです。

マイクロブタカフェの魅力

 

マイクロブタカフェは猫カフェやうさぎカフェなどに続く新しいお店で、マイクロブタという手頃なサイズのブタに特化しているのが特徴です。

 

抱っこはブタ自身が嫌うので不可能ですが、撫でたり身体に乗ってもらうことはできます。

 

手を叩いておびき寄せたり、人に興味を持って近づいてくる姿は、猫や犬とはまた違った魅力があります。

 

ブタはマイペースなイメージですが、実は臆病で人見知りをするといった性格です。

 

ところが、小さな子供並の知能を持っていたり、感情豊かで家族や友達思いなど、多くの魅力を兼ね備えています。

 

何より心を許す相手には優しく接しますから、こちらも相手を尊重して接することで、信頼関係が芽生えます。

 

 

マイクロブタカフェは、人が扱いやすいサイズのマイクロブタに的を絞り、衛生環境を整えて提供しているカフェです。

 

カフェなのでお昼前に営業を開始しますし、お昼の時間帯や午後も利用できます。

 

ドリンクを飲みながらマイクロブタと遊べるのは、マイピッグカフェらしい魅力的なサービスで、立地の良さや交通の便と併せて魅力が増します。

 

都会生まれだったり畜産業と無縁な人が多い現代人の多くは、ブタといえば近いようで遠い存在です。

 

 

特に、生きている生身のブタはふれあえる機会が限られるので貴重です。

 

マイクロブタカフェでは、安全に配慮した衛生的なマイクロブタと遊べるので、現代人にとって新鮮で刺激的です。

 

懐く姿は可愛らしく、ブタ同士で遊ぶ姿には癒やされますから、マイクロブタカフェはブタ好きの天国のような場所です。

まとめ|マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約!営業時間や場所も?

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法は、値段が最初の30分を基本料金としており、以降は30分ごとに金額が加算される料金体系です。

 

予約はWeb(インターネット)から可能で、予約状況を確認しながら日時を指定できるようになっています。

 

2020年2月の時点で、マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の店舗は目黒と原宿の2つです。

 

営業時間はどちらも10時00分~20時00分までで、お昼前や夕方以降の利用もできるのがポイントです。

 

夜20時00分までの営業ですから、仕事帰りでも十分に間に合いますし、マイクロブタとのふれあいを楽しみに1日の活力を得ることもできます。

 

場所はどこかといえば、目黒店は目黒駅より徒歩15分と、アクセス性の良い立地にあります。

 

原宿店は原宿駅より徒歩5分ですから、更に駅に近くて快適だといえます。

 

アクセスは公共交通機関が便利ですが、目黒店はより所要時間が短い、徒歩1分圏内にバス停がある東急バスの利用を推奨しています。

 

店内ではマイクロブタとふれあったり遊べますし、購入の相談も行えますから、遊びたい人にも飼いたい人にも利用の検討をおすすめできます。

 

定休日がないのもポイントの1つですし、平日でも休日でも予約次第で利用可能になるのが良いところです。

 

店舗数が2店だったり、展開する地域が限定されるのは事実ですが、それも営業時間や場所と交通アクセスの良さが打ち消しています。

 

関東圏に在住の人であれば、公共交通機関を使って楽にアクセスできますし、遠方からでも東京観光のついでに足を運べます。

 

そういう魅力と利便性を兼ね備えていますから、改めてマイクロブタカフェに注目が集まるのも理解できますし、次々と利用者が増えているのも頷けます。