マイクロブタカフェの目黒店と原宿店の値段や予約方法!営業時間と場所も

マイクロブタ飲食

 マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法を調べるのは簡単です。

 

空きありと残席が少ない状況、予約受付終了がサイトでひと目で分かります。

 

ネットでサイトにアクセスして、利用したい時間に目を通して確認します。

 

マイクロブタカフェ原宿店

 

mipig cafe(マイピッグカフェ)の予約の仕方は各店舗共通です。

 

それぞれの店舗のページを開いてから、予約ページで手続きをすることになります。

 

mipig cafe(マイピッグカフェ) – マイクロブタのおうち –

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)の店舗名を確認して希望日時を指定します。

 

そして、空席を見て予約の空き状況をチェックしましょう。

 

まだ空きがあるなら、希望日時を選択して次のページに進みます。

 

そこで、名前人数連絡先利用時間の選択や豚コレラ渡航歴などの質問に答えて確認ボタンを押します。

内容に間違いがなければ予約を確定次第、予約完了となって当日の利用が実現します。

 

マイクロブタカフェ原宿店は、小学生以下の子供のみの入店はできません。

 

来店は予約時間の10分前が推奨されています。

 

なお、マイクロブタカフェとは何かを詳しく知りたい場合は下記の記事がおすすめです。

 

 

それ以外の注意事項や予約方法は目黒店に準ずる形です。

 

一度いずれかの店舗の利用経験があれば、もう一方の店舗の利用も難しくなくなります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mipig cafe(@mipigcafe)がシェアした投稿

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)の値段は良心的です。

 

ワンドリンクや他のメニューも手頃な値段です。

 

限られた予算でも推奨される1~2時間の利用が楽しめます。

 

マイクロブタ

 

衛生管理が徹底されているので、店内やブタは清潔感があってリラックスして過ごせます。

 

注意事項や入店におけるルールも、特に厳しかったり難しいものはないです。

 

多くの人にとってマイピッグカフェのハードルは低いといえるでしょう。

 

mipig cafeは、予約はほぼネットで完結します。

 

なので、電話予約が苦手な人でも大丈夫です。

 

マイクロブタカフェの目黒店の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェの目黒店を中心に、東京では原宿でも店舗を展開しています。

 

2021年8月現在、mipig cafe(マイピッグカフェ)はこの2店舗のみです。

 

関西圏などではまだ進出していない状況です。

 

マイクロブタカフェ目黒店

 

料金は最初の30分が880円(税抜)でこれが基本料金となります。

 

それ以降は、30分ごとに550円(税抜)が加算されます。

 

お一人様の別途ワンドリンク制を採用しており、660円以上の注文が利用の条件です。

 

小学生以下の基本料金は無料ですが、ワンドリンクの注文は必要なことが注意事項の1つです。

 

誰もが快適に利用する為には、1人1人が注意事項の内容と理由を理解して、それを守ることが肝心です。

 

気になるのは各店舗の値段と予約方法ですが、目黒店は事前予約制です。

 

Webサイトから予約するようになっています。

 

目黒店の予約ページは、60日前の0時から予約が可能となります。

 

 

利用予定当日の2時間前まで受け付けています。

 

電話での予約は受け付けていないです。

 

マイクロブタカフェの公式サイトを開き、目黒店のページに移動して予約に進む形となります。

マイクロブタカフェ原宿店の値段と予約方法

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)原宿店も目黒店に共通します。

 

料金は、最初の30分は880円(税込)です。

 

ワンドリンクのオーダーが必要です。

 

 

以降、30分ごとに延長料金550円(税抜)がかかります。

 

ただし、最初の30分の料金は880円なので注意が必要です。

 

ワンドリンク制でドリンクが660円からなのは同じです。

 

 

小学生以下の料金については、3歳以下の子供限定で無料となっています。

 

個室プランは目黒店にないプランですが、通常料金に別途追加料金を加える形で選択できます。

 

値段は30分につき550円ですが、この金額は税別なので間違えないように気をつけましょう。

 

体調が優れない人や、豚コレラ発生国からの入国履歴がある人は利用できないのは、目黒店に共通する条件です。

 

直近2日間に豚舎や動物園に足を運んだ場合は入店できません。

 

また、ペットやマイピッグカフェ(mipig cafe)以外のブタにふれた人が利用不可能なのも同様です。

 

予約方法は各店舗共通です。

 

それぞれの店舗のページを開いてから予約ページで手続きをすることになります。

 

マイクロブタカフェの目黒店と原宿店の営業時間

 

マイクロブタカフェの各店舗の営業時間は目黒店が10時00分~20時00分です。

 

原宿店も同じく10時00分~20時00分の営業です。

 

また定休日は特にないので不定休といえばそうです。

 

 

お休みが気になる場合は前もって問い合わせや確認をするのが良いでしょう。

 

マイピッグカフェ(mipig cafe)は先にお話ししたようにWebによる予約制です。

 

なので、予約できていれば基本的には当日利用可能です。

 

 

ただし、何らかの理由で急にお休みすることはあり得ます。

 

SNSの公式アカウントなどで発信される情報に目を向けるのがおすすめです。

 

mipigcafe – Twitter

 

もちろん、マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)を主な目的に外出するのも良いです。

 

1~2時間の利用で楽しいひと時を味わうことができるでしょう。

 

営業開始が10時00分からなので、ランチ前に足を運んで過ごすことができます。

 

反対に午後に予約を入れて楽しむのもOKです。

 

午後は利用者が増えてやや賑わうこともありますから、大人数や子供連れであれば、早めの時間帯の利用を検討するのが賢明です。

 

しかし夕方以降も営業しています。

 

学校帰りや仕事帰りに立ち寄り、疲れを癒やしたりリフレッシュできるのも確かです。

 

マイクロブタカフェならいつでもブタさんが待っています。

 

小柄でマイペースな姿を見れば、たちまち疲れが吹き飛んでしまうでしょう。

 

マイクロブタカフェの場所と行き方

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の場所は分かりやすいところにあります。

 

行き方ですが交通アクセスの優れた利便性の良い場所にあります。

 

マイピッグカフェはまさに理想的な場所に各店舗があります。

 

 

目黒と原宿の両店舗の所要時間は8分ほどです。

マイクロブタカフェの各店舗は思ったよりも距離が近いことが分かります。

つまり、目黒と原宿のどちらの店舗もアクセスの難易度は同程度です。

単純に近い方を選んだり、両方に足を運んで比較することも可能というわけです。

 

大阪・原宿・目黒・名古屋・福岡と、関西や九州地方にも店舗があれば良いです。

 

しかし、今のところは目黒と原宿の2店です。

 

今後も店舗数の増加に期待できます。

 

東京の他の地域でもオープンした後は、東京以外や関東圏以外で展開する可能性もあります。

 

可能性として考えられるのは公共交通機関が充実している立地です。

 

駅との距離が徒歩10分以内の圏内です。

 

営業時間は10時00分~20時00分と長いので、夕方以降の利用者も多い駅の近くと予想できます。

 

さらに、自転車で来店することができないということも知っておきたいところです。

 

近隣に迷惑がかかる恐れを考慮して、マイクロブタカフェ目黒店では自転車での来店も断られます。

 

都内で商業施設が立ち並ぶ立地です。

 

そのため、駐車場や駐輪場の用意はなく、自転車での利用にも不向きです。

 

仮にもし自転車で足を運び、駐輪場以外で駐輪すると近隣や歩行者の迷惑になります。

 

マイピッグカフェでは自転車での来店と入店をお断りしています。

マイクロブタカフェ目黒店の場所と行き方

 

マイクロブタカフェ目黒店の場所と行き方です。

 

目黒駅より徒歩15分、東急バスの利用で元競馬場前バス停より徒歩1分の立地となります。

 

目黒店は少し歩くと目黒川が見えます。

 

 

東京都道312号線、通称目黒通りに面しています。

 

アクセスが優れているのは当然です。

 

目黒駅は目黒線や三田線に南北線、そして山手線の路線が通っています。

 

アクセス手段が豊富な上に乗り換えも含めると選択肢が多いです。

マイクロブタカフェ原宿店の場所と行き方

 

原宿店は原宿駅より徒歩2分から5分程度、明治神宮前駅とも片道徒歩5分です。

 

各方面からのアクセス性に優れています。

 

原宿店も原宿駅が目と鼻の先と好立地です。

 

 

公共交通機関の恩恵が受けられます。

 

実際に利用すると快適性が実感できるはずです。

 

新宿方面や渋谷方面からも容易に移動が可能です。

 

マイクロブタカフェの利用がショッピングやイベントの用事に組み込みやすいですね。

 

ついでにお店に立ち寄れるのも魅力です。

 

 

原宿駅は山手線が中心ですが、目黒駅との行き来は容易です。

 

駅数にすると僅か3駅なので快適です。

 

なお、関東にはこのほかに、『mipig cafe イオンレイクタウン店』 があります。

 

mipig cafe イオンレイクタウン店は、2021年4月3日にオープンしています。

 

また、関西にはmipig cafe大阪店があります。

 

マイクロブタカフェの予約のキャンセル方法

 

マイクロブタカフェのキャンセルは前日0時まで受け付けています。

 

しかし、時間を過ぎた場合の問い合わせは電話となります。

 

無断キャンセルをすると今後の予約や利用が断られます。

 

 

なので、急に来店できなくなった時は電話を入れましょう。

 

遅刻や早く帰るケースにおいては、予約時間分の料金が発生します。

 

事前に時間を確保して5分前の来店を心がけることをおすすめします。

 

時間ギリギリの予約や、キャンセル期限を過ぎた後のキャンセルには電話が必要です。

 

マイピッグ

 

通常はネットの画面のみで手続きが済みます。

 

値段と予約方法はやさしく、注意事項もそれほど項目は多くないです。

 

タカ
タカ

誰でも前向きに利用を検討できるお店です。

 

大阪・原宿・目黒・名古屋・福岡など、競合するブタカフェは存在します。

 

その中でも衛生面のイメージ改善に力を入れるマイピッグカフェ(mipig cafe)はおすすめです。。

 

まとめ

 

マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の値段と予約方法は?

 

値段が最初の30分を基本料金とし880円(税込み)としています。

 

以降は30分ごとに550円の金額が加算される料金体系です。

 

予約はWeb(インターネット)から可能です。

 

予約状況を確認しながら日時を指定できるようになっています。

 

 

2020年2月の時点で、マイクロブタカフェ(マイピッグカフェ)の店舗は目黒と原宿の2つです。

 

営業時間はどちらも10時00分~20時00分までです。

 

こうして、お昼前や夕方以降の利用もできるのがポイントです。

 

夜20時00分までの営業ですから、仕事帰りでも十分に間に合います

 

マイクロ豚とのふれあいを楽しみに1日の活力を得ることもできます。

 

場所はどこかといえば、目黒店は目黒駅より徒歩15分と、アクセス性の良い立地にあります。

 

原宿店は原宿駅より徒歩5分ですから、更に駅に近くて快適だといえます。

 

アクセスは公共交通機関が便利です。

 

目黒店はより所要時間が短い、徒歩1分圏内にバス停がある東急バスの利用を推奨しています。

 

店内ではマイクロブタとふれあったり遊べます。

 

購入の相談も行えますから遊びたい人にも飼いたい人にも利用の検討をおすすめできます。

 

定休日がないのもポイントの1つです。

 

 

平日でも休日でも予約次第で利用可能になるのが良いところです。

 

 

店舗数が2店だったり、展開する地域が限定されるのは事実です。

 

ですが、それも営業時間や場所と交通アクセスの良さが打ち消しています。

 

関東圏に在住の人であれば、公共交通機関を使って楽にアクセスできます。

 

遠方からでも東京観光のついでに足を運べます。

 

そういう魅力と利便性を兼ね備えています。

 

改めてマイクロ豚カフェに注目が集まるのも理解できます。

 

マイクロブタカフェに次々と利用者が増えているのも頷けます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました