犬のチョコ誤飲注意について、こちらは飼った経験のある方なら心配になるニュースですよね。

 

犬や猫の手が届く場所にチョコレートを置いておくと大変なことになるようです。

 

帰宅してみると犬がグッタリとしていることがあるようで、この原因は最近、犬の室内飼いが増えているせいもあるようです。

 

2月はバレンタインもあり何かとチョコとは縁のある季節なのでいっそう注意しなければいけませんね。

 

この記事では、犬のチョコ誤飲注意についてその症状や食べてしまった場合の対策などもあわせて解説していきます。

 

スポンサーリンク

 

犬のチョコ誤飲注意についての理由

 

犬のチョコ誤飲注意についての理由ですが、犬や猫がいる家庭では、手が届く棚などの場所にチョコレートを置くと大変なことになります。

 

私も犬を飼っていますが飼い主が犬を甘やかしすぎるとやはりよくこういう行動をとりますね。

 

また仕事の関係で、帰宅が遅くなることも多いので犬も留守中に何をしているのかまで深刻に考えていなかったことは反省です。

 

帰宅後、犬が食べ物やゴミを散らかしていると、ダメって怒る程度で、そのことに危険性まで考えてませんでした。

 

犬にチョコを自らあたえる飼い主さんはいないと思いますが、それだけではダメなんです。

 

犬は若いときほど好奇心が強く飼い主が家を留守にしているときに食べ物を棚などから落として食べそれが事故につながるといいます。

 

その犬が小さくて体重が少ないほど中毒になりやすいといいます。

 

我が家の犬は、ミニチュアダックスですが食べ過ぎでお世辞にも小さいとはいえませんが、犬のチョコ誤飲は注意していこうと思います。

スポンサーリンク

 

犬が誤飲しそうなチョコレートやお菓子などの食べ物の置く場所はペットが絶対に届かない場所にするとかをかけて開かないようにするとか、できる対策は色々考えられますね。

 

私も今日からペットたちのために今まで以上に気を使い棚やテーブルの上など、さらに家の隅々まで調べ尽くしていこうと思います。

 

なにか起きてからでは遅いので可愛いペットのため、あなたも一度確認してみてはどうでしょう。

 

また、以前にも誤飲した経験のある犬などのペットほど何度もそれを繰り返すようですね。

 

犬はその習性から獲物を探す能力に長けているので飼い主の居ないときに食べ物を探しているようです。

 

2月はバレンタインもあり、チョコやチョコレートケーキを誤飲してしまい来院する犬もいます。

 

この原因は、チョコに含まれるテオブロミンという分質が問題のようですね。

 

 

犬のチョコ誤飲注意で症状と食べてしまったときの対策

犬が食べたチョコの量にもよりますが、ミルクチョコレートよりビターチョコレートの方が危険だといいます。

 

それは、ビターの方がテオブロミンの含有量が多いためです。

 

消化器症状や下痢、嘔吐などを起こすことがあります。

 

さらに、犬の行動がおかしく興奮したり、過剰に動き回ることもあるようです。

 

犬にこうした症状がが現れ、なおこのような行動をとったときは、誤飲してすぐなら吐かせるのが良いようです。

 

食べた量にもよりますが、ミルクチョコレートよりビターチョコレートの方が危険度は高いです。ビターの方がテオブロミンの含有量が多いからです。

・消化器症状、下痢や嘔吐

・神経症状 興奮する、やたらに動き回る、痙攣します。

・オシッコをよくします(頻尿)。

・パンティングをします(喘ぎ呼吸)。

・震えて、ふらつきます。

・ぐったりして、昏睡状態になります。

#ヤフーニュースより

 

やはり、素人が症状を判断するより、かかりつけや近くの動物病院に来院することが一番確実でしょう。

 

こうした犬のチョコ誤飲を注意するには、ペットの手の届くところにチョコを置かないことがまず一番の対策ですよね。

 

スポンサーリンク