オランウータンの握力はどのくらい?他の動物や人間と比べてどっちが強い!

生き物

オランウータンの握力ってどのくらいなんでしょう?動物園でも定番で見た目が優しいイメージの動物です。しかし、その穏やかな容姿から想像できない握力の持ち主なんです。では、いったいどのくらいの握力があるのか?

 

また、オランウータンに匹敵、それ以上の動物はいるのかも気になりますね。さらに、人間と比べたときの差はどのくらいあるのか?ここでは、これらの疑問の答えとその理由などを詳しく解説していきます。

 

この記事を読んでいただくとオランウータンファンの方とも同等のレベルで話せるようになります。

オランウータンの握力はどのくらい

オランウータンの握力は400キロから500キロ前後です。例えば、人間と比較すると成人男性の握力がおおよそ50キログラム前後とされています。このように、オランウータンの握力は、およそ10倍もあるとされ遥か上となっています。

 

では、なぜこれほどまでに強い握力を持っているのでしょうか?握力が強い理由、それに関しては生活をする中で木などを渡り歩くこともその理由です。木をしっかりと手や足で器用に持ち、同時にその握力で自身の身体をも支えています。

オランウータンを映像などで見たことがある方も多いのではないでしょうか。そんな習性が日常生活において必要であるからとされています。このように、自分の体重に加えてさらに木々を行き来するために握力が強くなっているのです。

 

なお、人間の場合にもこれは当てはまります。男が狩猟や荷物などを持つなどの体力仕事が多いこともあります。

これは、もともとの男性と女性との役割分担が、古代から違っていたからだという説があります。そのため男性の方が握力が強く女性の方が弱いという理由もあります。こうして筋力を使って鍛えることで、女性や子供を守る役割がありました。

 

そのために腕の力が強くなったともされています。オランウータンも、自分自身の大切な家族を守るために、特にオスの方が腕の力が強いと言われています。

オランウータンは赤ちゃんも握力が強い

オランウータンの赤ちゃんも強いか、ということですが赤ちゃんの握力も強いと言えます。ただし、それは産まれて持った性質、潜在的にある能力として強いと言えそうです。なぜならば、赤ちゃんの場合にはお母さんに抱っこされた状態で暮らします。

 

これがおおよそ2歳くらいまで続くとされていますから、その間は力をそれほどつける必要もありません。この期間は、お母さんが守ってくれるからです。

 

こうして、2歳まではお母さんとずっと一緒の生活をしています。そして4歳前後までは、お母さんの監視のもとで、他の赤ちゃんたちと遊んだりなどの生活をするようになっています。

このため、力はしっかりと計測がされていません。特に赤ちゃんの時期には抱っこされてミルクを貰える生活です。そのため、握りしめる力は特に必要がないのではとされています。

 

オランウータンは、親との別れの時がやってくる時期が、おおよそ7歳前後から10歳とされています。これくらいで別れの時がきて、そこからは自分自身で、力を付けて野生を生きていくことになります。

おおよそ10歳までは母に守ってもらえるので、他の動物に比べると親離れが少しだけ長い動物とも言えます。そして2歳の後半くらいから、体重が10キロほどになり7歳前後で30キロほどの体重になるとされております。

 

これには、個体差はあるかもしれませんが、おおよその平均の数値です。子供時代は、おおよそ約7歳までとされています。この間にお母さんと一緒に木々を渡り歩くなどの行動もあります。

そこで腕の力がつけられていくのですが、おおよそ7歳で30キロ前後の全身を木々を使って渡り歩きます。この頃になるとかなりの握力が手にもついているとされています。

 

とてもたくさん遊び、また保護された状態で木々を渡り野生を知ってい行く、そんな過程で大変に楽しい時期です。ハンターなどに狙われることなどがなければ、快適な時期であり長い間を親の元で暮らせる時期でもあります。

握力の強い他の動物とどっちが強いか比較

オランウータンの他にも握力の強い動物は多くいます。しかしながら、オランウータンは500キロ前後あり動物の中で一二を競うだけ強いとされています。ただし、動物の握力がどれが強いか比較をされた場合に実際に比べることは難しいです。

 

その一二を競う動物というのはゴリラのことです。こちらも同様に握力が強いとされていて対等の500キロ前後あります。こうして、両者は良い勝負になっていますね。

ゴリラの場合には、身長体格なども、かなり大きな動物です。オランウータンの場合はゴリラに比べると小さく穏やかな風貌です。まさか、ゴリラと同じほどの握力があるとはあまり信じられていなかったようです。

 

それでも木々を拠点に生活する野生動物ですから力がかなりあるのです。一方で、他の動物の場合にはチンパンジーがおおよそ300キロ前後の力を持っているとされています。

300キロも人間に比べると遥かに多い数値ですね。人間はおよそ50キロ前後が平均であるとされていますので数字に換算するとおよそ6倍の力となります。

 

このようにチンパンジーも凄まじいパワーの握力です。熊(クマ)もとても大きな握力を持っていて、おおよそ100キロから150キロとされています。

こちらもすさまじい力の持ち主ですね。握力の強い動物は、やはり腕が太く野性的なイメージが強い。また、多くが二足歩行が得意で物を掴むことができる。そんな習性がある動物が多いと私は感じました。

 

これらの動物はそれほどまでに力が強く、またときに、かなり獰猛(どうもう)な生き物ともなります。

どっちの握力が強いかの比較に関しては、他の動物にもこのようなデータが存在しています。同じく木の上で生活する、木々を主体に生活をする生き物にオーストラリアで可愛い動物にコアラがいます。

しかし、コアラはそれほど握力はあまりありません。木の上につかまっているので握力がありそうなものですが、おおよそ50キロ前後ではないかとされています。個体差はあるかもしれませんが50キロという数字ですと人間とほぼ同じになります。

可愛いので癒される方も多いですが意外にも握力は人間と同じだけあります。ニホンザルも木々などを使って生活したり遊ぶことがある動物です。

その力については、おおよそ30キロ前後であると言われています。こちらは、意外で人間と同じ握力がありそうですがそこまで強くはないとされています。

 

これは、身体そのものが小さいためともされています。ちなみに日本でも昔から愛されてきた動物に猫や犬などがいます。

この猫や犬の場合には握力はほとんどないか、ゼロであると言われています。理由は、四足歩行をしているからで、握力とはほとんど無縁になるとされています。

 

まず、握力がその字の通りに「握るための力」であり、犬や猫にはそのような握る力は必要がありません。ただし猫の場合には、例えばネズミを狩るために鋭い爪があります。

犬の場合にも人間との歴史は古く、狩りをしてくれていた動物でありますから牙は鋭いです。なお、オオカミも犬同様で四足歩行となり握力は無いに等しいです。

 

リスなども餌を手で持って食べますが、握力は同様にほとんどないとされています。なお、長い間、木にぶら下がっていられるナマケモノはどうなんでしょう。

こちらは、手を握る動作で木にぶら下がっているわけではなくをかけています。

そのため、ナマケモノにも握力はほとんどありません。

握力の強い人間とオランウータンどっちが強いか比較

じつは、人間でも驚くべきデータがあります。超人的な握力を持つ人間とオランウータンを比較してみます。握力の強い人間は、例えばスポーツ選手やお相撲さん、アスリートの方々などです。

 

また職業によって次第握りしめる力が強くなるなどのケースがあります。この場合にはどのようになるのでしょうか。どっちが強いか比較ですが、例えば琴欧州さんの場合には、握力は120キロとされています。

これは凄いことで通常、人間の成人男性の握力が50キロ前後ですから、クマに近い強い握力です。琴欧州さんは、大関になっており元々才能がある方で、そして努力を惜しまない力士の方として有名です。

 

なお、お相撲さんの世界は厳しいとされています。このようにとても努力を積み重ね強い握力をつけたのでしょうね。他にスポーツ選手などの方ではどのような方がおられるのでしょうか。ハンマー投げで有名な室伏広治さんは世界的にも有名なオリンピック選手でアスリートです。

ただ、残念ながら正確な握力は分かっていません。それでもハンマー投げには相当の握力腕の力体力が必要とされています。また、幼少期から水泳などで鍛えていた方でもあり、今現在もスポーツ研究家として有名な方です。

 

体格などを拝見すると、やはり並大抵の動物では太刀打ちが出来ないほどの力を持っていると言えますね。

家族の家系的にも、スポーツ能力や筋力などに才能があるとされる一族です。その素晴らしい遺伝子を持つので、やはり握力がかなり強い人と推測されます。また、握力といえば、すでに故人の方ですがフリッツ・フォン・エリックさんを外せません。

その握力の強さについては諸説あります。120キロ前後であったという説とその他に200キロは超えていたとされている説があります。あまりにも有名なプロレスラーの方であり、通称「鉄の爪」とも呼ばれていました。

 

プロレスラーですので、腕力や筋力も半端がないです。そのうえ、動きにも瞬発性があり人類で最強の部類ではないでしょうか。フリッツ・フォン・エリックさんは、今でも多くのファンの方がおられます。

また同時に、その力強い動きなどから男性で憧れる方が多いとも言われています。握力の強さは琴欧州さん、室伏さん、フリッツ・フォン・エリックさん、いづれも素晴らしい力を持っていると言えますね。

 

この他にも、フリークライミングアームレスリングの選手、格闘家なども握力が強いですね。人間の通常の鍛え方で100という数字は、そうおいそれと出る数字ではありません。

 

お相撲さん、プロレスラーなどアスリートの方々は素晴らしい努力と才能、惜しみない向上心を持っているようです。しかし、それでも人間の握力はオランウータンには遠く及びません。

オランウータンの生態

オランウータンは、この優しさのせいか実は、「絶滅危惧種」に指定がされています。オランウータンは森の人という呼び方をよくされますがこれはマレー語になります。けっこう映像などで見かけるために意外かもしれませんが非常に貴重な動物なんです。

 

オランウータンはその愛くるしい顔と、優しい雰囲気から人気がとても高い動物です。生息している地域は熱帯雨林の地域であり、木々を渡り歩くことで生活をしています。その性格は、争いをほとんど好まずに、優しい顔立ちのままであるとされています。

よく、映像などや動物園などで見かける人もいるかもしれませんね。生態はこのように、熱帯地域に生息し、性格は穏やかで木の上での生活が多いです。同時に木々を軽々と移動することが出来る動物でもあり握力が強いのも納得できます。

 

どのくらいかというと、およそ500キロの握力があるとされています。しかし、同じ握力のゴリラや他の猿などとは異なり、ボスを決める争いなども少ないとされています。猿の仲間の場合には、ほとんどの種類にボス猿がいます。

場合によっては群れ全体で権力争いが酷く(ひどく)なります。一方で、オランウータンにはそのようなことがあまりありません。といのも、必ずしも争いがないということはゼロだからです。

 

喧嘩もオス同士で行うほどであり、決してメスや子どもには手を出さない動物であるとされています。このことは、現在の日本の絵本などにも描かれているほどの人気が高い動物です。

 

生態として特に注目がされているものが、「知能の高さ」です。人間で計算をした場合に、おおよそですが4歳のお子さんか5歳のお子さん前後の知能を持っているとされています。

自分自身で器用に道具を作るなどの姿が発見されています。他にも、いろいろと人間と同じような動きをすると言われているほどです。その寿命は約35年と言われています。

 

オランウータンの場合には、食事は果物が多いとされています。しかし、時期や天候によってはこれらの果物が得ることが出来ないために昆虫なども食べることもあります。

このため、オランウータンは雑食系の動物とされています。優しい性格が特徴であり、人間に近い生き物であるとされていますので求愛行動も存在しています。オスがメスに向かって行う「ロングコール」と呼ばれるものがそれに当たります。

 

これは、とても響く声であり遠方まで届く声です。そこからカップルとなりメスが出産をして赤ちゃんを守っていきます。

動物の種族によっては、出産の際にも争いが耐えないというケースが多々あります。しかし、オランウータンの場合にはそのようなことはないです。

 

こうして、お母さんであるメスがしっかりと子供を守っていきます。天敵としてあげられるのは、トラヒョウ、また、ある意味で人間もそうなりますね。

ちなみに、オランウータンをオラウータンと名前を間違えておぼえてる人もけっこういますね。オランウータンが正解ですよ。

結び

オランウータンの握力はどのくらいかの記事はいかがでしたでしょうか?また、他の動物や人間と比べてどっちが強いかについてもお役に立てましたか。この章では、ここまでの要約を載せていきますね。

 

まず、その握力は500キロほどとされています。これは普通の人間では到底かなわないほどの力です。オランウータンに立ち向かえるほどの握力を持っているのはゴリラくらいです。

 

ゴリラはとてつもなく強く、体格も大きいためにかなりの握力があるということが分かります。それに耐えうる力を持つ動物が、オランウータンです。この他の動物たちとはけた違いなレベルでの勝負となっています。

 

チンパンジーやコアラ、こちらも木々での生活をしている動物です。しかし、その差は歴然となっておりチンパンジーでも倍近い握力の差があります。

 

例えば猫や犬などはどっちが強いというよりも、四足歩行ですので握力をつける必要性がないとされています。人間の中でも、とても鍛えておられるアスリートの方々であれば、100キロ以上となります。

 

しかし、それは並大抵なことではありません。普通の鍛え方であれば、成人の方で50キロ前後であるとされているためです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました