クリスマスの歌で子供に人気のおすすめの曲は?定番や洋楽の紹介!

イベント

クリスマスの歌で子供に人気の歌といえば何が思い浮かぶでしょうか?実は、子供に人気のクリスマスソングには条件があります。あなたにも「なるほど」とおもえるような曲を紹介しますね。

 

このクリスマスに子供に人気でおすすめの曲とその意味の解説もしていきます。

クリスマスの歌で子供に人気のおすすめの曲

クリスマスで彷彿(ほうふつ)とさせるのはサンタもみの木トナカイ贈り物など夢があるものばかりです。12月になると街中でクリスマスソングを耳にする機会も増えますね。

 

子供に人気のクリスマスソングに欠かせないのが覚えやすさですね。また、思わず歌いたくなる楽しいメロディーの曲で物語風なものですね。大人も子供もおもわず口ずさんでしまう程心をわくわくさせる曲が多いです。

ジングルベル

出典:♪ジングルベル/Jingle Bells【♪クリスマスソング】Christmas Song / Xmas Song

ジングルベルでとくに胸が高鳴るのは鈴の音の音ですね。いまかいまかとサンタクロースがおとずれるのを待っている子供たちにとっては特別な音なのです。おなじみのさびのフレーズは耳にも残ります。

 

こちらの曲名は歌詞にもあるように「ジングルベル」胸の高鳴りを表現しているような言葉にも聞こえますね。

日本のみならず世界中でも愛されている曲ですね。さびはもちろんのこと冒頭の歌詞も素敵です。少しづつ上がる調子のメロディーが個人的にはとくに好きです。

 

大人さえ魅了してしまうクリスマスソングのジングルベルですがじっくり聴いたことってありますか?

聴く

どちらかといえば、普段はあまり意識していませんでした。でもよく聞き返してみると子供たちが歌っているものが多いですね。そういったところも子供達に愛されているのかもしれません。

 

歌詞も2番までと短すぎず、長すぎずなので覚えやすいです。この音楽が流れるとおもいだすのは小学生の頃です。

小学校のクリスマス会で贈り物交換をする際によくかかっていました。まるで椅子取りあそびをするように円の形に椅子をならべるのです。ジングルベルは音楽のテンポが良いのでクリスマスプレゼント交換にはおすすめですよ。

 

音楽が止まった瞬間に手元にあるプレゼントを受け取るという流れでしたね。大人になると徐々に遠ざかってしまう遊びのひとつなのかもしれません。

プレゼント交換

もし語学を学んでいる世代であれば、この機会に外国のジングルベルに触れてみるのもおすすめです。さまざまな言語で流れるジングルベルも良い思い出に残るでしょう。

赤鼻のトナカイ

赤鼻のトナカイ

だれもが知っているようなおすすめ楽曲といえば「赤鼻のトナカイ」があります。冒頭から親しみやすさのあるメロディーに乗せて、はじまるのはおなじみの言葉。まるで絵本を読み聞かせるような詞がとても魅力的ですね。

 

おもわずうれしさがこみあげるような展開は幅広い世代の方にも支持されています。短い曲でありながらも心が温まる素敵な物語を秘めた音楽で子供に人気です。だれもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

きよしこの夜

つぎに子供に人気のおすすめ曲は「きよしこの夜」です。この歌は、落ち着いたメロディーが印象的です。おごそかな夜を感じられる一曲となっています。子供たちがはしゃいで歌うような曲調ではありませんね。

 

でも特別な夜をおもわせてくれるクリスマスソングです。店頭ではあまり耳にはしませんがオルゴールではおなじみの曲ですね。

ゆったりとした音楽はオルゴールの音色をひきたたせます。こちらの楽曲の発祥はドイツです。ドイツで作られたクリスマスキャロルのひとつとして有名です。雰囲気のあるクリスマスソングなので絵本の読み聞かせ時にもおすすめです。

 

Xマスをまちこがれている子供たちの良い思い出となるでしょう。サンタクロースに手紙を書くときに流すのもいいかもしれません。

きよしこの夜の歌詞は、いつ聞いても心が落ち着きます。まるで甘美な詩を読んでいるような気にさえなりますね。あまり知られてはいませんが、この曲はとても歌詞が短いです。

 

短い言葉でつづられた歌詞は、わずか6行しかありません。歌詞の内容は子供には、少し難しいものとなっています。おおまかにその内容を伝えると星が光る聖なる夜にキリストが母マリアに抱かれている様子が描かれています。

聖母マリア

「よい夢が見られますように」との願いをささげながらとの思いが込められていいます。どこかほかのクリスマスソングとは雰囲気が違うのは、このように聖書にまつわる歌詞だからなのかもしれません。

 

「きよしこの夜」はまさにキリスト誕生の聖夜を賛美している音楽です。これまでやや聞きなれない言葉を呪文のように歌っていただけでした。

こんな意味があるとは驚きですね。たしかに映画でクリスマスの教会が登場するとよく流れます。音楽が使用されているのは、単にどっしりとした雰囲気があるからという理由だけではないんですね。

もろびとこぞりて(諸人こぞりて)

「もろびとこぞりて」は、タイトルからしても意味がよくわかりませんね。やや難解な言葉が並ぶこちらもよくクリスマスで歌われます。大人でもはっきりと歌詞を理解されているかたは少ないはずです。

しかし、子供たちは耳で覚えてしまうのでいつのまにか歌詞を口ずさんでるなんてことも。

 

もろびとこぞりては、落ち着いたメロディーにもかかわらず子供たちをとりこにしてしまうのはなぜでしょう。それは先ほども述べたように難解な言葉にあるのです。詞の一部を聴いても、やはり何を言っているのかさっぱりです。

注目すべきはここからになるのでぜひ注目してください。完全に呪文のような言葉を繰り返すまさしくこれこそ子供に愛される秘訣です。意味などわからなくてもとにかくフレーズが楽しいのです。

 

そうまさしく呪文をかけているような気分になるのでしょう。大人のわたしでさえテンションがあがってしまう楽しさがあります。

呪文

言葉遊びのような、つまりこれもキリストに関連するクリスマスソングなのです。キリストの誕生に触れつつ地上での生涯も表現しているといわれています。とはいえ、大人でさえも難易度が高い内容ですね。

 

日本ではおなじみの曲も外国ではかなり深い意味合いがあるのですね。最後の詞にあるアーメンも知らず知らずのうちに覚えているとは音楽の力を感じます。

アーメン

子供に愛される音楽にはメロディーもさることながら言葉も重要です。音に乗せて楽しいか、あるいは音楽が流れているときの環境などです。こうした、さまざまな要因があわさっているのかもしれません。

 

とくに子供時代に受けた影響は、大人になってから発揮されるのです。特別な祭日だけに限らず、ときには日常のなかでこれらの音楽を楽しむのも良いですね。ふいに流れてくるメロディーに耳を傾け自分の幼少期をふりかえってみるのもおすすめです。

メロディー

もしかしたら外国の音楽をきっかけに世界に羽ばたく夢を持つ子供もいるかもしれません。いまいちど人気ソングについて見直してみる良い機会です。素敵な思い出が残る特別な聖夜になることを願いましょう。

 

もしかしたら本当にサンタクロースが現れるかもしれませんね。

クリスマスの歌で子供の定番

クリスマスにまつわる登場人物といえば、サンタクローストナカイですね。そうサンタクロースを主人公にした定番の曲です。クリスマスの歌でサンタクロースは子供に欠かせません。

あわてんぼうのサンタクロース

サンタクロース

おもしろい歌詞で子供を惹きつけている楽曲のおすすめとは、いったいどんな曲があるでしょうか。まず、幼稚園や保育園のクリスマス会で歌われる定番の歌を紹介しますね。

 

ずばり「あわてんぼうのサンタクロース」です。これはもはや知らない人はいないのではと思うくらい幅広い世代に浸透している曲です。タイトルにあるようにあわてんぼうのサンタを描いた内容です。

 

サンタでおもいだすのは白く長いひげをたくわえた老人。大人で紳士な印象さえありますよね。しかし、この歌に登場するサンタクロースはちょっぴりドジなんです。

ドジ

いやかなりうっかりさんなのかもしれませんね。ではさっそく検証してみましょう。

・まずクリスマス前にやってきてしまう。

・つぎに煙突をのぞいておっこちる。

・まっくろけのまま仕方がないから踊る。

・ここでようやく状況に気づいたのか?

・もう1度来ると宣言して場を去ります。

 

その帰り際に「わすれちゃだめだよ」と子供に言われる始末です。その歌詞も、あわてんぼうを表現していて子供が喜びそうな言葉がもりだくさんです。なぜかこのさびの場所にさしかかると大きな声でむきになる子供さんもいるようです。

 

それだけ楽しめる音楽なのでしょうね。また物語性があるので小さなお子さんでもすぐに覚えられる歌詞です。

「あわてんぼうのサンタクロース」の音楽は聞くというよりもとにかく歌いたくなる詞が魅力的です。物語性に引き込まれながらXマス気分を味わえるのは、この定番ソングですね。

 

店頭でながれるとついつい口ずさみたくなる曲なので子供に人気でおすすめです。あわてんぼうだったりドジだったりと親近感のある登場人物も人気の要因かもしれません。

どんな状況でもめげずに明るく行動するサンタクロースは子供の良いお手本にもなっています。あわてんぼうのサンタクロースは、絵本も出版されています。ぜひこれを機会に手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにこちらの楽曲は日本発祥のものです。日本特有の音楽として海外にも広めたくなりますね。最後にちょっとした小ねたをご紹介します。こちらの曲の作曲をされているのは、俳優や作曲家として有名な、あの小林亜星さんです。

クリスマスの歌で子供向けの洋楽

グレードアップ

最近では幼稚園や保育園でも英語を学ぶことが増えました。クリスマスの歌で子供に人気の歌をさらにグレードアップし洋楽の歌はいかがでしょうか。まだ早いのではとか覚えられない心配を気にする必要はありません。

 

何回も聞いて耳をならすことで自然と歌えるようになります。子供向けの洋楽を選ぶときは、シンプルなものがおすすめです。

ウィ・ウィッシュ・ユー・ア・メリー・クリスマス

クリスマスソングの洋楽で子供向けなのは、「ウィ・ウィッシュ・ユー・ア・メリー・クリスマス」です。日本語では「クリスマスおめでとう」の意味になります。日本ではクリスマスおめでとうとはいわないので直訳するとすこし違和感があります。

 

この歌の大きな特徴は、くりかえされる歌詞にあります。おもにサビのあたりになると同じ英文を繰り返すだけです。

イチジクのプディングの意味

タイトルにあるように聖夜を祝う言葉、さらにイチジクのプディングをくださいなどの言葉もあります。この英文は日常でも活用できるのでおすすめです。もっと歌詞をひも解いてみるとこんな英文も登場します。

 

「もらうまで帰りませんよ」かなり強気な表現ですね。さわやかなメロディーに乗せてこんなことを言ってたとは少し驚きを隠せません。いずれにせよ日常生活で使用することの多い単語も数多く含まれているのでおすすめです。

聖夜のお祝いに最適な英文なので手紙を書くときに取り入れてみるのも良いです。全体だとやや難しいという場合はひたすらサビだけを繰り返すのもありです。これだったら子供さんも楽しく洋楽ソングを覚えることができます。

 

この曲に登場するイチジクのプディングはイギリスのスイーツです。ドライフルーツやナッツを練りこんだパウンドケーキになります。各家庭でレシピに差がありますが、すこし大人向けのお菓子のようです。

 

前日から仕込んで作る伝統菓子は当日に温めなおします。カスタードクリームホイップクリームと一緒にいただきます。

ホイップ クリーム

子供たちと一緒に作るお菓子作りは、ひとつひとつの過程を各自が担当しておこないます。また混ぜ合わせるときに目を閉じてひとつだけお願い事をします。

 

このように詞から洋楽に触れてみるのもおすすめです。何気に口ずさんでますが外国の伝統文化が反映されています。今年はぜひ英語の楽曲とプディング作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

きっと大人になっても色濃く残るすてきなおもいでになることまちがいなしです。幼少期の経験が将来に繋がるかもしれません。

まとめ

子供に人気のクリスマスの歌には法則があります。まずは覚えやすい楽曲であることです。そしてつい口ずさみたくなるような歌詞が大きな魅力ですね。さらに楽曲に物語性があることもポイントになります。

 

クリスマスの定番は身近に感じられる内容であることです。親近感を覚えることで自分と重ねるので、おもいもひとしおです。歌詞がユニークであればなおさら子供を魅了するでしょう。

 

ひらがな、カタカタなどメリハリのある歌詞も大切です。

カタカナ

Xマスの洋楽を選ぶときは何度も繰り返されるフレーズがあることです。全体を覚えるのは難易度が高いのでまずはサビだけ覚えるとスムーズです。これまでクリスマスで子供に人気のある曲や定番曲、洋楽に触れてきました。

 

すべてを要約するとまずは耳に印象として残る音楽であることが重要です。頭で覚えるのではなく、ごく自然に口ずさむ感覚を大切にしてください。とくに幼少期の過ごし方は大人になっても色濃く残っています。

 

音楽でよみがえる記憶もあります。年に1回の特別な夜はすてきな音楽に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。楽曲に登場する背景を堪能するのもおすすめです。歴史や伝統、お菓子などさまざまなジャンルも掘り下げて聖夜を祝いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました