成人式のお祝いの相場って知っていましたか?

 

 

甥や姪、孫では違いはあるのか、また自分の子供の場合はどうなのかなど気になるところですね。

 

金額に決まりはないといえ、もらう側もいろいろな人から渡されると思います。

 

渡す金額ですがそれが多かれ少なかれ、あまりにも他の人と差が出るのも考えものです。

 

また今年(平成31年)の成人式は平成最後の成人式ということもあり、祝う側も祝われる側にとっても特別なものになるかもしれませんね。

 

そこで今日はこの成人式のお祝いの相場や渡す時期について悔いの残らないよう詳しく紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

成人式のお祝いの相場は甥の場合いくら

成人式のお祝いをいくらくらい渡すかは、渡す相手との親密度によって大きく左右されます。

 

 

普段からとても親しくしている相手ならば多少奮発しても喜ばれますね。

 

しかし、年に1回ほどしか会わない、ほとんど交流が無いというような間柄であれば、

 

あまり高い金額を渡してしまうとかえって気を遣わせてしまう場合もあります。

 

しかし、成人式は、甥にとっては晴れて大人の仲間入りをするめでたい日です。

 

少なすぎる金額ではお祝いにならないし、甥に喜んでもらうこともできないかもしれません。

 

少なすぎず多すぎず、自分と甥との関係性を考慮した上で適切な金額を決めるのが望ましいでしょう。

 

 

一般的には、甥にあげる成人式のお祝いは1万円〜3万円ほどが相場だと言われています。

 

親戚同士の間で何か取り決めや暗黙の了解がある場合をのぞいて、このくらいの金額が無難なお祝いになるようです。

 

1万円と3万円の間にはだいぶ開きがありますが、そこは自分たちの距離感に当てはめて考えてみるのが良いでしょう。

 

甥が小さな頃からずっと仲良くしてきた、というような場合には張り切って3万円ほどが良いです。

 

あまり交流はなかったけどせっかくの機会だから少し多めに2万円ほどという考え方で良いと思います。

 

こうして、渡す甥との関係性に配慮して決めるのがおすすめです。

 

 

それでもいくらあげたらいいか迷うという場合には、

 

お互いの家族と相談してどのくらいの金額が良いか事前に打ち合わせるのも一つの手です。

 

また、現金ではなく祝いの品をプレゼントするという方法もありますね。

 

この場合でも、やはり1万円〜3万円くらいのものを選ぶのが相場となります。

 

商品券や図書カードなど、相手が好きなものに使えるような自由度の高いプレゼントも喜ばれることでしょう。

 

定番のもので言えば、時計などもプレゼントとしておすすめです。

 

品物を選ぶ際には、現金を渡すときと同様に、あまり高すぎると気を遣わせてしまうことになります。

 

そのため、高くても3万円を目安にして購入するのが良いでしょう。

 

最終的に重要なのは、もらった相手が喜んでくれるかどうかです。

 

特に品物をプレゼントする際に気をつけなくてはならないのが、

 

相手がもらって困るようなものを選ばないようにするということです。

 

 

迷ってしまったときには、無難なものを選ぶようにしましょう。

 

成人式は一生に一度の大きなイベントですから、せっかくなら思い出に残るものを渡したいものです。

 

現金を贈る場合も、品物を贈る場合も、どちらの場合でも、渡す相手の喜ぶ顔を想像して準備するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

成人式のお祝いの相場は姪の場合いくら

甥にあげるとき同様、に成人式のお祝いを渡す場合も、相手との関係性が重要になります。

 

 

親しければ親しいほど、それなりの金額を渡してあげたくなることでしょう。

 

また、もしあまり普段から交流がなくあまり親密で無いという場合でも、

 

せっかくの祝いの場だからとちょっとだけ高い金額を贈りたくなるということもあるかもしれません。

 

いずれにせよ、相手がもらって嬉しい、ちょうどいい金額をあげることが大切です。

 

では、そのちょうどいい金額とはいくらくらいなのでしょうか。

 

一般的には、姪にお祝いを渡すときも、甥に渡すときの相場と同じ金額の1万円〜3万円が相場となっています。

 

 

この場合でも、甥同様に相手の家族と話し合うことができるのであれば前もってお祝いの額について相談しておくのも良いでしょう。

 

また、もし姪本人と仲の良い場合には、さりげなく欲しいものなどを聞いておきましょう。

 

こうして、現金の代わりにその品物をプレゼントしてあげるという方法も考えられます。

 

もしかしたら姪の欲しがっているものが3万円よりも高い金額だったということもありえるかもしれません。

 

このように相手と良い関係性が築けているのであれば問題ありません。

 

欲しくないものを押し付けられるより、自分が欲しいものをもらえた方が姪も喜びます。

 

そうした場合には、多少相場を超えてしまっても、相手の欲しいものを購入してあげるのがおすすめです。

 

 

現金か品物かどちらかいっぽうに限定をせず、お金と品物を組み合わせるという考え方もあります。

 

その場合でも、高すぎず安すぎずを忘れずに、1万円〜3万円を目安に選ぶのが無難です。

 

相手の好みや性格をよく知っているのであれば別です。

 

よく知らないのに独断で品物を選んでしまうと、全く相手の趣味に合わずがっかりされた、などということにもなりかねません。

 

姪と親しい仲であれば品物を、そこそこの距離感であれば現金をプレゼントするのが一番喜ばれる可能性が高いと言えます。

 

基本的には、相場にかかわらず相手との関係性を考えて、喜んでもらえそうな金額や品物を選ぶのが望ましいでしょう。

 

一番大事なのは相手が喜んでくれるかどうかです。

 

 

インスタグラムなどに、成人式のお祝いで10万円を越すようなプレゼントをもらったなどと自慢する人も近年では増えています。

 

しかし、金額が高ければ高いほどいいというわけではありません。

 

仮にささやかなプレゼントだったとしても、お祝いの気持ちが伝わるものであればそれで十分です。

 

成人式のお祝いの相場は孫の場合いくら

可愛い孫が成人を迎えるとなると、お祝いに俄然張り切る方も多いことでしょう。

 

 

いっぽうで、いくらくらい包めば良いかわからないという方も少なくありません。

 

甥や姪と違って孫は顔を合わせる機会や連絡を取り合うことも多いことがほとんどです。

 

たくさん渡したいけど非常識な金額を包むわけにはいかないと、余計に頭を悩ませることになっているのではないでしょうか。

 

孫に成人式のお祝いをあげる際の相場は、1万円〜10万円となっています。

 

かなり開きのある金額に、余計に悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

 

この1万円〜10万円という数字は、成人式の費用分まで出すかどうかによって、あげる金額が異なってくるということを意味しています。

 

 

一般的に、成人式にかかる費用は親が出す場合がほとんどです。

 

しかし、中にはアルバイトなどをして自分で用意するという子供もいます。

 

そういった場合には、少しでも費用の足しになればと考えて高めの金額を渡すことになるようです。

 

成人式のための準備といえば、男の子の場合はスーツと記念写真代くらいで済みます。

 

でも、女の子の場合はそうはいきません。

 

着物をレンタルしたり、あらかじめスタジオを借りて写真を撮影したりと成人式までにかなりの出費が必要となるのです。

 

特に着物をレンタルするとなると10万円〜30万円ほどかかってしまいます。

 

それならばと10万円ほど包んでお祝い金として渡す祖父母の方が少なくないようです。

 

 

孫に着物を買ってあげるという場合もあるようです。

 

その場合は、お祝い金とは別として考えられることになります。

 

このような、それぞれの家庭で式にかかる費用が違うという点を踏まえてから渡す金額を決定するのがおすすめです。

 

式のためにかかる費用を少しでも負担してあげたいと考えている場合には少し多めに包むと相手の家族にも喜んでもらえることでしょう。

 

また、式の費用とは別と考えて、お孫さんがこれから生活を送っていくための補助費用としてお祝いをあげるのも良いかもしれません。

 

 

大学生や、既に社会人として働いている場合には少しの金額でもありがたいものです。

 

スーツやネクタイ質の良いバックなどは定番の品物です。

 

お孫さんたちのそれぞれの状況に合わせて、何をあげれば喜んでもらえるのかを柔軟に考えるのが望ましいでしょう。

 

品物を贈る場合も、これから社会人として働くことを想定したときに役立ちそうなものを選ぶのがおすすめです。

 

成人式のお祝いの相場は自分の子供の場合いくら

自分の子供の成人式は、親にとっては感慨深い瞬間です。

 

一生懸命に育ててきた我が子が、大きく成長して一人前の大人になったことが認められる式です。

 

盛大にお祝いしてあげたいと思うのが親心というものです。

 

 

そのいっぽうで、成人式には様々な費用がかかることも事実です。

 

多くの家庭では、写真撮影衣装のレンタルなど、滅多にないイベントのために力を入れる場合がほとんどです。

 

お祝い金もたくさん渡してあげたいけれど、準備費用に加えていくらまで出せば良いのかと悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

自分の子供にあげるお祝い金の相場は、1万円〜5万円ほどどなっています。

 

甥や姪にあげる相場よりは少し高く、孫にあげる場合ほどには金額に開きのない数字です。

 

祖父母と両親との間で話し合い、親からのお祝いは少なめにしておきます。

 

その代わりに祖父母からのお祝い金は豪華にするというような場合もあるようです。

 

 

成人式当日までに親が様々な費用を負担しているケースもあります。

 

そのような場合には少し抑えた金額を渡してもいいのかもしれません。

 

現金ではなく、1万円〜5万円相当の品物をプレゼントするというのも子供に喜んでもらうことができます。

 

子供にとってみても、親から大量の現金をもらうよりも、

 

記念として後々までとっておくことのできる品物の方が良いという場合が少なくありません。

 

時計などは代表的な贈り物で、名前記念日などを彫ってもらいより記念品らしくしてプレゼントすることもできる魅力的な品物です。

 

 

スーツやかばんなどの実用品から、ブランド物の時計ジュエリーといった、普段は贈らないようなものをプレゼントしてあげるのも思い出になって良いでしょう。

 

男の子の場合はスーツ、女の子の場合は晴れ着をプレゼントしてあげるというのも一つの手です。

 

このような式で必要になる衣装は安くても10万円、高ければ30万円を超える値段のものもあります。

 

 

なかなか思い切った買い物になります。

 

しかし、これからは自分で生計を立てていくことになる子供へのその最後の贈り物として購入してみるのも良いのではないでしょうか。

 

祝いの金額は、相場にかかわらず、相手との親しさやそれまでの関わり方が重要になります。

 

自分の子との関係性を思い返して、適切な額を贈りましょう。

 

普段伝えられない気持ちを込めて金額にあらわすのも一つの方法です。

 

少額でも思いがこもっていればお子さんにきっと伝わることでしょう。

成人式のお祝いを渡す時期はいつ

いくらくらいの金額を設定するか、またはどんな品物にするかを決めたら、いよいよお祝いを渡すことになります。

 

 

しかし、いつ成人式のお祝いを渡せば良いのか、正確な時期を知っている人は多くないのではないでしょうか。

 

また、お祝いを渡す相手が遠方に住んでいる場合など、直接渡すことが難しい状況の人も少なくないことでしょう。

 

いつごろ渡せば良いのかを事前に知っておけば、時期を逃したり後で慌てたりせずに済みます。

 

一般的には、お祝いの品物や現金は成人式当日か前日までに渡せば良いとされています。

 

あまり早すぎるタイミングで渡してしまうとお祝いの気持ちが薄くなってしまいます。

 

成人式の時期が近づいてきたあたりで渡すのが良いでしょう。

 

 

遠くに住んでいるなどの理由から直接会って渡すのが難しい場合には、事前に郵送して贈るか、親戚や家族に託して渡してもらうのが望ましいでしょう。

 

できるだけ成人式前日までに渡せるように手配しておくのがポイントです。

 

現金を郵送するのは何かと問題なので、その場合には口座に振り込むのがおすすめです。

 

お正月など、親戚が一堂に会する場であげるというのも一つの手になります。

 

その際には、お年玉と一緒にするのではなく、

 

あくまで成人を祝うためのものとして別々に取り扱うのがマナーなので気をつけましょう。

 

 

お年玉と成人祝いは別のものなので、その点は注意が必要です。

 

万が一、会うのが遅くなってしまった場合や、どうしても時期外れなタイミングにあげなければいけなくなった場合などには、

 

その旨をきちんと伝えて贈るようにしましょう。

 

しっかりと断っておけば、マナー違反になることはありません。

 

また、贈るお金を成人式のための費用に使って欲しい場合などには早めにあげるのが望ましいでしょう。

 

特に女の子の場合は、衣装選びなどは式の1年ほど前から準備するのが一般的です。

 

 

ちょうど出費がかさむ時期に祝い金を贈ってあげれば、相手方の家族からも喜ばれること間違いありません。

 

式の準備には何かとお金がかかりますから、そうしたタイミングを狙って贈るのも良い方法だと言えます。

 

当日にあげる際には、ちゃんと会えるようにあらかじめ連絡をつけておきましょう。

 

普段から交流がない場合は特に、式に出る本人は浮かれて親戚に会うことを忘れてしまっているかもしれません。

 

せっかくの機会ですから、きちんと顔を合わせて、一言祝いのメッセージを添えて贈るようにしましょう。

結び

成人式のお祝いの相場についての記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

甥や姪の場合は、一般的には、1万円〜3万円ほどが相場となります。

 

それでも迷う場合は、お互いの家族と相談してどれくらいの金額が良いか事前に打ち合わせるのもおすすめです。

 

また、に成人式のお祝いをあげるときの相場は、1万円〜10万円とかなり開きのある金額になっています。

 

これは、成人式の費用分まで出すかどうかにより、渡す金額が変わってくるのが理由となります。

 

それでは、自分の子供の場合いくらになるのか?

 

自分の子供が成長して一人前の大人になったことが認められる式ですから盛大にお祝いしてあげたいと思うのが親心ですね。

 

このようにお祝い金もたくさん渡してあげたいけれど、準備費用もかかり悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

一般的には、自分の子供にあげるお祝い金の相場は、1万円〜5万円ほどどなっています。

 

現金ではなく、1万円〜5万円相当の品物をプレゼントするというのも子供に喜んでもらえます。

 

子供にとってみても、親から多額の現金をもらうよりも、記念として後々までとっておくことのできる品物の方が良い場合もあります。

 

なお、成人式のお祝いを渡す時期はいつがいいのかというと、お祝いの品物や現金は成人式当日か前日までに渡せば良いとされています。

 

お正月など、親戚が一堂に会する場であげるというのもおすすめです。

 

ただし、お年玉と一緒にするのではなく、あくまで成人を祝うためのものとして別々に取り扱うのがマナーなので気をつけましょう。

 

スポンサーリンク