年賀状が元旦までに届くようにしたい場合にはいったいいつまでに出せばいいのでしょうか?

 

 

また、何かの都合でもし元旦までに届けることができないときの対策はどうすればよいのかも気になりますね。

 

その場合、年賀状にはどのようにお詫びの文章を書けばいいのでしょう。

 

今回は、年賀状を確実に元旦に届くようにする方法について書いてみました。

 

なお、万が一届けられない場合のお詫びの方法や対策などについて紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

年賀状が元旦までに届くにはいつまでに出せばいい

年賀状を元旦に届くようにしたい場合にいつまでに出せばいいか、これに関しては郵便局でアナウンスがなされることが多いです。

 

 

よって、それに従うのが一番おすすめです。

 

ほとんどのケースでは12月25日までに出しておけば、ほぼ確実に元旦までに届けてくれます。

 

ただ注意しておきたいのがその出し方です。

 

年賀状を受け付ける期間でも一般の郵便を送ることは当然できるので、それと混じらないようにする必要があります。

 

そうしないと年賀状が年内に届ける形になり、恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

郵便局に直接行き、局員に直接渡せば元旦に届けてもらうよう、別の場所に年賀状をキープしそれを届けるような形になっているので安心です。

 

郵便ポストでも出せるようになるのは一部の投函口が年賀はがき専用になっている場合です。

 

 

この時に投函したものは元旦に届けてくれるように対応をしてくれるのでその時に出すようにすればより確実です。

 

受付のタイミングはだいたい12月中旬ぐらいとなり、ポストもその時期に切り替わるような形になります。

 

近年は年賀状自体が減少傾向にあり、以前に比べると流通量は下がるなどより元旦に届きやすい状況にはなっています。

 

ただ、この日までなら確実に届けると郵便局側が言っているタイミングで投函をするのが一番確実です。

 

もちろん12月25日までに出せば100%届くということではないです。

 

あくまでも1つの目安として届きやすいのはこの日までというものなのでそこのあたりは勘違いをしないようにしたい部分ですが、流通量自体が減っており捌き切れない可能性は低いです。

 

また地域によって傾向が分かれることも事実です。

 

 

ネット社会になり、ネットなどでやり取りをすればいい人にとってはハガキでやり取りをする意味を見出せず、出さない人も増えています。

 

ただそれは都会だけの傾向とも言え、地方では今までと同じようにやり取りをしているところも珍しくありません。

 

そうなると25日までに出しておく方が確実です。

 

郵便局はこの時期になると相当忙しくなり、仕分けをしてそれを運ぶだけで相当な人員を要することになります。

 

最近は人員を確保することも結構大変な状況にあり、そうした要因も一応は考えておくことが求められます。

 

ただ12月25日、できればそれより少し前には投函します。

 

もしくは郵便局の持込ができるような状態にしておけば確実に届けてくれます。

 

そのため、出すタイミングもよりわかりやすいと言えます。

 

スポンサーリンク

年賀状が元旦までに届く投函期限はいつまで

12月25日までに出せば確実に元旦までに届けてくれるというのは理解できました。

 

 

しかし、本当に12月25日までじゃないといけないのかと疑問に思う人は結構多いです。

 

一般的なハガキでも近い距離であれば1日2日ですぐに届くからです。

 

たとえ年賀状とはいえ、12月25日を少し過ぎても届けてもらえるのではないかと考えるのが自然です。

 

では、投函期限がいつまでなのか、どのタイミングまでに出しておけば元旦に届けてもらえるのか?

 

本当のギリギリの投函期限を知っておきたいところです。

 

だいたい12月28日までに投函したものに関しては元旦までに届く可能性が高いと言えます。

 

この日までに送ってほしいと郵便局側で言っているのはそれだけ直前に出す人が多いためです。

 

郵便局側にも処理能力というものがあります。

 

 

直前に一気に処理を行うことはかなり大変なものであり、しんどいです。

 

これを分散させるためにこの日までに出してくれれば確実に届けると伝えることで、

 

直前に出させないようにすることができるようになります。

 

12月25日に出す人が増えれば、それだけ26日以降の処理能力も確保されて元旦までに届けることは可能です。

 

では、なぜ28日までかです。

 

一般の郵便ハガキの場合でも近いところで1日程度です。

 

なお、離島だと3日程度はかかります。

 

普通の状態でそれだけの日数がかかり、そこに年賀状が加われば日数がそれ以上かかるのは普通です。

 

そうなると28日までが一応の限界です。

 

28日に出して届かなかったとしても全く不思議ではありません。

 

 

こうしたことを加味すると、やはり25日までに出しておくのが一番確実です。

 

でも、26日だったとしてもある程度高い確率で届けてもらえる可能性は高いと言えます。

 

28日になるにつれて段々と可能性は下がっていくようなイメージで考えれば大丈夫です。

 

以前のように年賀状が多く流通していた時代には1日遅れても元旦に届くかどうかは微妙なところです。

 

12月28日に出したとしても場所によっては届くところと届かないところが出てくるなど、状況が違いました。

 

現在は年賀状自体が減っていることや仕分けの技術が進んでいます。

 

そのため、処理能力自体は上がり、後は配達する人次第です。

 

正月に雪が降って配達しにくい状況になれば届かないこともあります。

 

そのため、何らかのアクシデントなどを想定しておくことも大事です。

 

やはり12月25日までに出しておくことが求められ準備を前倒しして行うのがおすすめです。

 

年賀状を元旦に配達してもらう方法

年賀状を元旦に配達してもらう方法は普通に年賀状を送る以外にもいくつかは一応存在しています。

 

 

ただ、その場合はリスクもあることを知っておくべきです。

 

速達で送れば元旦に配達してもらえるのではないかという考え方です。

 

しかし、確かにこれなら29日などに出しても届けてもらえる可能性は高いです。

 

ところが、年内に年賀状が届くリスクが高いのも事実です。

 

慌てて年賀状を速達で出したとして12月31日の大晦日に届いてしまうケースがあります。

 

これだと元旦以降に届くよりも恥ずかしい状態です。

 

その一方、配達日指定で届けてもらう方法が存在します。

 

 

それは年賀状としてではなく定形外郵便として扱い、それを元旦に指定して届けるような形にすることです。

 

この場合には一般的な郵便料金に加えて配達日指定に関する料金を支払うことになります。

 

そうすることで元旦に配達してもらえて、何とか間に合わせられます。

 

しかし、1通でそれなりの値段がかかってしまうことから、

 

これを何十通も要するケースとなればすべてを利用すれば1万円以上になるので経済的とは言えません。

 

メール便を使って送れないかと考える人もいるようです。

 

ただし、ハガキの類をメール便を使って送ることはできないようになっています。

 

場合によっては罪に問われることがあります。

 

事業者側としては罪に問われたくないので受け付けてくれません。

 

 

なので、メール便を使うことは無理です。

 

このように見ていくと、元旦までに配達できるものはいくつかあります。

 

ただし、1通あたり100円以上するものが多く非現実的な選択肢と言えます。

 

そうしたことを考慮しても年賀状を元旦に配達してもらうには、

 

12月25日までに出すか急いで28日までになんとか投函するかが求められます。

 

大事な人物に届けたい場合には定形外郵便という形で配達してもらうような形をとるしかないと言えます。

 

細かなことではありますが、正確な郵便番号住所を記入してすぐに仕分けができるようにしておくことです。

 

 

このように配慮をしておけば28日までに出した分であれば、スムーズに仕分けをして元旦に配達する可能性が高まります。

 

一般的な郵便局は土日には営業しておらず、土曜日が28日だった場合にはポストの集配などを含めて元旦に間に合わない可能性があります。

 

28日に出してあとは元旦に運んでもらえるように万全を期したい場合にはゆうゆう窓口など24時間受付を行っているようなところに持ち込むことが確実と言えます。

 

年賀状が元旦までに間に合わない場合いつまでに届けばいい

明らかに元旦までには年賀状が間に合わないという場合に、年明けのいつまでに出して届けばいいのか、これを知っておけば失礼になることもありません。

 

 

そもそも年賀状は松の内の時期に届く必要がありません。

 

松の内とは門松がある時期となっており、一般的には1月7日まで、関西では15日までというところが多いです。

 

ですが、1月7日までを想定しておくのが確実です。

 

なので、年賀状は1月7日までに届くような形にしておけば失礼にはあたらないということになります。

 

年賀状を出す場合も1月7日までは年賀状として扱ってくれます。

 

ただし、それを過ぎると寒中見舞いの扱いになるため、扱いが異なります。

 

年賀ハガキを使って手紙などを出す分には問題ありません。

 

ですが、その際には年賀という文字を消すなどの対策が必要です。

 

1月8日以降は消印がつくようになるので、明らかに時期が過ぎていることが丸わかりになってしまいます。

 

 

そんな状態で新年の挨拶をすれば無礼な人であると思われても仕方ありません。

 

1月7日までに届けばいいということはいつまでに出せばいいか、その部分になっていきます。

 

年末とは違い、年始になると通常の流通量よりやや多いような状態になります。

 

なので、12月25日に出せば確実に相手に届くなど一定の日数が必要になるようなことにはなりません。

 

一般的なハガキと同じようなタイミングで届くことが確実です。

 

離島などは別ですが、本州でなおかつ雪などの影響を受けないところであれば1月5日までに出しておけば1月7日までに届けてくれる可能性は高いです。

 

この場合も気をつけたいのがどこにそれを出すかです。

 

ゆうゆう窓口のようなところに出しておけば5日の受付でもほぼ確実に7日までに届けてくれることは確実です。

 

しかし、5日が土日に絡んだ場合にはポストへの投函をしても1日2回、場合によっては1回しか集配をしてくれないために6日の扱いになってしまうことがあります。

 

 

こうなるとちょっとしたアクシデントで間に合わなくなる可能性もあります。

 

このため、ポストに出す場合はそのことも考慮しなければなりません。

 

今年は一切新年の挨拶などを送らなかったけど、他人から届いて慌てて挨拶を書いて投函するという人は多いはずです。

 

正月三が日までにそれを行っておけば間違いなく、多くの人が行っていることなので失礼はありません。

 

郵便局があれば5日までに持ち込むなどして失礼にあたらないような配慮をとることが求められます。

年賀状が遅れた場合の失礼のない文例

年賀状が、万が一遅れた場合には失礼のない形でお詫びの文言を入れておく必要があります。

 

 

これは年賀状を送っていなかった場合でも同様です。

 

一文をつけておくだけでより親切に思ってくれるようになるものです。

 

文例としては、こういう理由があったので遅れてしまったということを正直に述べるようなものがよいです。

 

「年末年始にかけて帰省をしており新年のご挨拶が遅れてしまいましたことをお詫び申し上げます」というようなもので十分です。

 

また、「新年のご挨拶が遅れまして大変申し訳ございません」というものでも大丈夫です。

 

その後に、昨年は大変お世話になりましたという文章をつけておけばより丁寧なものになります。

 

プリンターを使って出す人はこれらを印刷し、直筆一言書くような形をとる人がいます。

 

この時に本当にすいませんと念押しをしておけば、相手もそこまで気にしません。

 

 

すべて直筆にしてお詫びの一文を記すのもおすすめですが、字が汚いと逆効果なので注意です。

 

年賀状が遅れることは以前は失礼に感じた人が多かったものの、最近はそのように感じる人は減っています。

 

結びそれでも、お詫びの一文を入れておくことです。

 

それだけで丁寧な人という印象を持たせられるので入れておきたいところです。

 

年賀状を元旦までに届けたい場合はいつまでに出せばいいのか?

 

ほとんどの場合、12月25日までに出しておけば、ほぼ確実に元旦までに届けてくれます。

 

 

ただし、12月25日までに出せば1必ず届くということではないです。

 

年賀状を元旦に配達してもらうための方法もありましたね。

 

速達で送れば元旦に配達してもらえるのではないかという考え方もあります。

 

確かにこれなら29日などに出しても届けてもらえる可能性は高いです。

 

この場合も100%ではなく年内に年賀状が届くリスクが高いです。

 

28日に出してあとは元旦に運んでもらえるように万全を期したい場合の方法もあります。

 

ゆうゆう窓口など24時間受付を行っているようなところに持ち込むことが確実と言えます。

 

年賀状が元旦までに間に合わない場合は年明けいつまでに届けば失礼に当たらないのかという疑問もありますね。

 

この場合は、年賀状は1月7日までに届くような形にしておけば失礼にはあたらないということになります。

 

 

年賀状を元旦までに届けるにはいつまでに送るについての記事が少しでもあなたのお役に立てると嬉しいです。

 

スポンサーリンク