衣替えって大変な習慣ですし、始めるとけっこうな作業ですよね。

 

衣替え

 

毎年秋や春の季節が来るたびに、いつも大変な目にあってはいないでしょうか?

 

今日はそんな衣替えについておすすめの時期注意点タイミングを詳しく紹介しますね。

 

また、上手な収納の仕方や断捨離、いつから始まった習慣なのかについても詳しく書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

衣替えはいつから

衣替えはいつから行うべきか、その時期は人それぞれの感覚次第です。

 

衣替え

 

このように厳密にいつからという決まりはありません。

 

ただ、秋に始める冬服への衣替えは通常10月1日からというのが浸透しています。

 

また、春の衣替えは一般的には6月1日に夏服にしていく傾向にあります。

 

しかし、人によっては暑がりの人もいれば寒がりの人もいます。

 

その人にとって自然な形で行っていくには、実際に外に出て体感するのがいちばんです。

 

そろそろ変えた方がいいというのを感じてチェンジしていくのがベストと言えます。

学校や企業の衣替え

春から夏、そして秋から冬にかけて衣替えを行う人が少なくありません。

 

 

学校や企業などを見ると衣替えの時期は例年6月や10月に行われるようになっていきました。

 

そこで夏服から冬服へのチェンジがなされる形が目立っていますね。

 

ただ、今では何月に行うかというのはそれぞれの企業で変わりつつあります。

 

5月中旬にはすでに行っている企業が多く、臨機応変に対応していることがわかります。

 

臨機応変に対応できないのは官庁や学校などですね。

衣替えにも変化

最近は気象条件が大きく変わりつつあり衣替えにも変化が出ています。

 

蒸し暑い

 

5月でもすでに蒸し暑い時期が続いたり10月に差し迫る状況でも暑さが残っていたりします。

 

さらに突然寒くなったりもして大変な状態になることがあります。

 

そんな時にいつ衣替えをすればいいのか、いつから始めればいいのかその基準を知っておきたいところです。

臨機応変に対応

季節で決めてしまうと暑いのに冬服、寒いのに夏服で生活せざるを得ないような状況になっています。

 

 

それでもこのまま臨機応変に対応しないというのもおかしいということですね。

 

独自に対応する地域も出てくるなど画一的な形で行われるケースは段々少なくなっているのが実情です。

 

コツさえわかれば誰でも簡単に行えます。

 

 

気温だけで判断しようとしたり時たま見られる季節外れの天気への不安で何もできなくなる人もいます。

 

この場合には季節外れの天気がどれだけ続くかを知ることも必要となります。

天気予報で判断

週間天気を見れば季節外れの天気があるかどうかはわかります。

 

週間天気

 

また、あったとしても2日程度ぐらいのものであり、実際はそこまで多くないこともわかります。

 

あとは、臨機応変に冬服と夏服、それぞれを同じ割合で用意しておくなどの対策が必要です。

 

スポンサーリンク

秋の衣替えのおすすめの時期

秋に衣替えをする場合ですが、無理に急ぐことはないというのが実情です。

 

時期を迎えたから衣替えを行うというのは日本ぐらいのものです。

 

ほとんどの国では気温に合わせて行っていますね。

 

外人

 

ちょうど良い気温になったと思ったら実行するというのがベストです。

 

本来おすすめ時期というのは気温の次第でガラッと変わってきます。

温度で衣替えの時期の判断

目安となる温度はだいたい20度ぐらいですね。

 

 

日中が20度ぐらいということは日が沈むころにはやや涼しさを感じる程度の気温になることが多いです。

 

その時に長袖がいるかどうかぐらいのものになりがちです。

 

暑いと感じれば上着を脱げばいいだけです。

 

その下に着るものを長袖や半袖で調整していけば何の問題ありません。

体感で衣替えの時期の判断

夜に外に出てみて心地よい涼しさであれば快適さが残っています。

 

寒い

 

衣替えを急いでする必要はないものの、そこから段々と寒くなってきます。

 

涼しさがきつくなり始めたタイミングで始めていけばスムーズに切り替えていくことができ失敗しません。

 

夜の涼しさがきつくなると、その影響は日中にも出始めます。

 

そのようなことを考えながらやっていくと、うまく切り替えられます。

9月と10月に衣替えする場合の注意

また、9月10月の時期は突然暑くなる日があります。

 

夏服

 

気温も30度程度まで上がり最後の夏の総決算のような状況になります。

 

この時に備えてわずかに夏服を用意しておくことも大事です。

 

ただ、日中は暑くても熱帯夜になるほどではないのがこの時期の特徴なのです。

 

 

夏服は用意しながらも気温の急激な変化に対応できるようにしておくことも大事です。

衣替えは様子を見ながら

衣替えは一揆(いっき)に切り替えないことです。

 

 

段階を踏んで様子を見ながら徐々に切り替えていくのがおすすめです。

 

最初のポイントは夜の気温、そこから日中の気温を考慮し実際に体感して決めていくことが求められます。

 

学校や会社などきっちりと決められている場合は仕方ありませんね。

 

プライベートの場合は上着を一枚脱げば快適に暮らせるような状態にしておきましょう。

 

こうしておくと読みを外しても対応できるようにすることが可能です。

衣替えするときの注意点

衣替えをする場合にそれまでタンスなどで保管していたものを取り出すことになります。

 

黄ばみ

 

ここで首回りが黄ばんでいる洋服に出会うことがあります。

 

これは洋服についた汗などが変色し汚れとなって出てくる場合です。

 

これらは洗濯をすれば何とか落とせるものではありますが気分的にはあまりいい思いはしません。

 

注意点として衣替えをする際には、大事な衣類ほど事前にしっかりと洗ってから収納していくことが求められます。

 

ワイシャツ洗う

 

そうすることで少なくとも首回りが黄ばむようなことにはなりません。

衣替えするときの防虫対策

次に注意したいのが防虫対策です。

 

洋服虫食い

 

特に6月あたりに服をしまい10月あたりに取り出す際ににくわれているということがよくありますね。

 

この場合はどこに服を保管しておくかが重要になります。

 

衣類を保管するボックスを使い続けているケースが見られます。

 

ついこないだまで夏服が入っていたものに冬服を入れることは避けましょう。

 

収納

 

当然ながら継続的に使われているようなものなので虫が入っていても仕方ありません。

 

 

なのでボックスを天日干しして虫を一掃するようなことが必要になります。

衣替えするときのカビ対策

カビ対策もしておかないといけません。

 

生乾き

 

収納前の洗濯は生乾きにならないようしっかり乾燥させることです。

 

この場合は乾燥した日乾燥剤を入れるなどの対策が必要です。

 

なぜカビになるかといえば衣類を保管するボックスの中の湿気が関係しています。

 

その湿気はボックスが吸収するというよりも洋服の湿気が影響していることがほとんどです。

 

収納ボックス

 

つまり洋服が湿気を含んだ状態で入れてしまうのは禁物です。

 

当然ながらそれを吐き出すためボックスの中は湿気でいっぱいになります。

 

 

しっかりと天日干しをするなどのことが必要となりますね。

衣替えするときの時期の違いによる注意点

冬から夏、夏から冬、いずれの場合も注意が必要です。

 

 

夏から冬への切り替えは単純に次の衣替えの時期が長いことが理由です。

 

冬から夏への切り替えは梅雨の時期を挟むことなどが影響するためです。

 

本当に大事な衣類はクリーニングに出すなどして保管するのがおすすめです。

衣替えするときのタイミング

衣替えのタイミングは気温と天気を見ることが大事です。

 

快晴

 

これには春の時期や秋の時期など実際に行う時期はさほど関係ありません。

 

一番いいのは天気がいい日、快晴の日に行うのがおすすめです。

 

快晴の日は湿度が低くなりやすく、いわゆるカラッとした暑さになりがちです。

 

秋の衣替えのタイミング

 

秋ならば、かなり過ごしやすい1日となり衣替えにもうってつけですね。

 

このタイミングで行えば、湿気がボックスに入り込むようなことも少ないです。

 

ダニ対策として天日干しをするにもうってつけのタイミングと言えます。

平均気温から判断する

実際に行う場合は週間天気で平均的に気温が低くなっていることを確認しておくことも大事です。

 

 

勘違いしやすいのは季節外れの低温、高温の日を見つけたから衣替えをしようとする行為です。

 

これをやってしまうと、たったその日だけのために切り替えてしまいます。

 

残りの数日を辛い思いをして過ごさないといけないようなことになるからです。

 

暑い

 

平均的に高い、低いというタイミングに切り替えればよいです。

 

その中で快晴の日を選んで準備を進めていけば、失敗する可能性は限りなく低くなります。

 

おすすめなのは季節を通じて調整用に着られる洋服を確保することです。

 

 

そうすることで急な気温変化にも対応できます。

 

また、わざわざ衣替えをしたのに収納ボックスから出してしまいぐちゃぐちゃにすることもなくなります。

 

衣替えの時にこのボックスも一緒に天日干しをしておきましょう。

個人差で違う衣替えのタイミング

体感温度は実際に比べて相当な個人差が見られ、家族の中にも賛否が分かれるケースがあります。

 

 

その場合に別にボックスを用意して臨機応変な対応をしていけば問題ありません。

 

秋の時期などは特に寒さ暑さが共存するため、このようなことが必要です。

 

衣替えの収納のコツ

収納する際のコツですが、ケースはプラスチックのものを用意するのがおすすめです。

 

収納ボックスプラ

 

引き出しタイプのものにしておけば簡単に取り出すことができるので便利ですよ。

 

以前はフタのようなものがありました。

 

これだといくつか重ねているときにわざわざ重ねたものを取り出さないとなりません。

 

 

これが結構面倒で、せっかくきれいに収納したのに意味がなくなってしまいます。

 

引き出しタイプにすれば衣替えも楽になりその心配がなくなるのでおすすめです。

 

 

また、処分をしたいものがあってもすぐに取り出して捨てることもできます。

衣替えに重要な断捨離

いかに服を処分するかという断捨離のことです。

 

断捨離

 

結局、着ない服は邪魔であり、それが場所をとって大変なことになります。

 

それならば衣替えのタイミングで捨ててしまうというのがコツです。

 

収納をするものに関しても明らかにいらないだろうというものは思い切って処分することも必要です。

 

そうすればボックスが少なくて済むようになります。

 

 

また、対策も立てやすく着るべき洋服をちゃんとした状態に保ちやすくなります。

 

このように衣替えは、いかに捨てるかも大事な要素です。

衣替えで着用しない服を処分する判断時期

長い時間着用していない衣類を処分する。

 

 

こうしていけば、常にスッキリと快適に利用できますね。

 

柔軟に対応することができれば、よりその時期を見定めることが可能です。

 

気温や天気をよりシビアにチェックしておきましょうね。

 

これでギリギリの時期まで判断を遅らせることや早めることもできます。

衣替えの収納をする場所と順番

また収納をする場所や順番もとても大事ですよ。

 

 

セーターなど当面切ることはないものは奥に押し込むようにすれば大丈夫です。

 

もしかしたら着るかもしれない衣類などというものは手前に入れておきましょう。

 

これなら急に取り出したとしても、そこに戻せばいいだけのことです。

 

そして、別にボックスを用意し臨機応変な対応ができる場所を確保しておきます。

 

 

今度からそこに入れておけば衣替えをしたボックスに手をつけなくて済みますね。

衣替えの効率的で効果の高い方法

これらの衣替えでの収納のコツは、すぐに実践するのは大変なことです。

 

理解

 

そのため使用実績や実態に合わせて変化させていくことが求められます。

 

頭でわかっていても実際に使いこなせなければ意味がないですからね。

 

他の人のやり方などを参考にしながら自己流でアレンジしていくことです。

 

こうすると効率的で効果の高い衣替えのやり方を思いつきスケジュールも立てやすく非常に楽しく行えます。

衣替えの由来

衣替えは、四季がある日本では、習慣化され季節の変わり目にその都度適正なものと取り換えてきました。

 

四季

 

元々衣替えの習慣は衣替えの習慣は中国から伝わったものです。

 

それを平安時代に朝廷が取り入れたことで文化が段々と浸透していきます。

 

当時は旧暦の4月と10月に行っていました。

 

これが、江戸時代になるとなんと4回も行われるなど盛んに行われてきました。

 

現在のスタイルは明治時代になってから定着しています。

 

こうして季節に応じて夏服と冬服に変える文化は全国的に定着することになります。

最後に

衣替えについての記事はいかがでしたでしょうか?

 

 

そもそも衣替えをしなくても昔は、四季や気温に合わせて臨機応変に対応していました。

 

文化がなくても衣替えと同じことは、ずっと行われてきたと言えます。

 

一般的に秋にスタートする冬服に向けての衣替えの基準は10月1日よりというのが主流です。

 

そして、春の衣替えは大抵は6月1日に夏服にしていくことが殆どです。

 

されど、人それぞれで暑がりの人もいれば寒がりの人もいるわけです。

 

自分からすれば自然な感覚でやっていくためには、リアルに外に出て肌で感じることです。

 

無理な衣替えをするより季節や気候に合わせその変化を読み取り賢く行うのがやはり一番ですね。

 

スポンサーリンク