ティファールといえば電気ケトルの代表といっても過言ではないです。

 

 

デザインと性能や特徴、価格が異なる複数のラインナップも用意されています。

 

これらの違いを理解することで商品の比較検討が行いやすくなりますね。

 

特におすすめの人気3選の商品は、ティファールを代表する電気ケトルです。

 

これを知っておいて損はないといえるでしょう。

 

また、それぞれの異なるポイントが分かると商品選びが楽しくなります。

 

なお、自分が何を求めているのかにも気がつけます。

 

そのため、性能は大切なポイントです。

 

さらに商品ごとの特徴価格も踏まえると、おすすめの理由が分かってきます。

 

スポンサーリンク

 

ジャスティン プラス シンプルモデル カカオブラック 1.2Lの特徴や性能と価格

ジャスティン プラス シンプルモデル カカオブラック 1.2Lは、数あるティファール電気ケトルの中でも一二を争う人気商品です。

 

1.2Lという手頃な容量と、手に馴染むデザインが相まって使いやすさで選ばれているといえます。

 

これは、この商品の魅力となっています。

ジャスティン プラス シンプルモデル カカオブラック 1.2Lの特徴

ジャスティン プラス シンプルモデル カカオブラックの全体の質感はつや消しです。

 

 

しかし、完全に光沢を抑えているわけではなく絶妙な高級感を醸し(かもし)出します。

 

このカカオブラックの引き締まったデザインも人気の一つです。

 

材質にプラスチック素材を使用しているのがポイントです。

 

内側にはステンレスが使用されているので錆びにくくお手入れが簡単というメリットがあります。

 

ポイントはやはりお手入れの快適性で、何時でも洗って清潔に保てるのが魅力の1つです。

 

湯沸かし時の動作音はそれなりにしますが、耳を近づけなければ気にならない程度です。

 

コンパクトなので設置場所を選びません。

 

そのため、テーブルの上に置いても似合うので違和感なく日常生活に溶け込むでしょう。

 

おしゃれな上に汚れが目立ちにくいです。

 

しかも機能的で使いやすい商品ですから人気商品になっているのも頷けます。

 

 

2014年の登場以来、約5年のロングセラー商品なので、それだけ完成されている商品だと評価できます。

 

また、お湯の残量は目盛りでひと目で分かります。

 

これで、どのタイミングでお湯を沸かせば良いか判断が容易ですね。

 

保温機能がないのでポット代わりにはならないものの価格を考えると手頃で納得の機能揃いです。

 

注ぎ口に拘りがある設計で、注ぐ湯量をコントロールしやすいのも特徴です。

 

更に、フィルタ装備で何時でも清潔に保てますから小さな子供に与える場合も安心です。

 

水を補充したり、お湯を注ぐ際に電源プレートから持ち上げて注げます。

 

このようにコードレスタイプで使い勝手がとても優れます。

 

本体のみだと重量は710gなので、大人なら片手で楽々持ち上げられます。

 

完成度が高く隙がない電気ケトルで人気があることに納得できますね。

 

保温機能を不要と考える人だと誰にでもおすすめ可能な一品です。

ジャスティン プラス シンプルモデル カカオブラック 1.2Lの性能

容量は品名にもあるとおり1.2Lで人気の商品です。

 

サイズは幅221mm、奥行161mmで高さは209mmとコンパクトな大きさに収まります。

 

本体重量は電源プレートを含み970gと安定感があります。

 

そのため、お湯が空の状態でも転倒しにくいのが嬉しいところです。

 

満タン時の湯沸かし時間は約6分半ほどで消費電力は最大1250Wです。

 

電源は100Vの家庭用コンセントが使えます。

 

また、50・60Hz対応なので使用する地域を選ばないです。

 

 

電源コードの長さは1.3mですからキッチンでもテーブルの上でも使いやすいと考えられます。

 

また、フタを開けた状態でも固定できるので使い勝手が良くお手入れのしやすさも良好です。

 

間口は従来商品と比べて約30%広がっています。

 

これにより、ますますお手入れが快適に行える商品だといえるでしょう。

 

カップ1杯約140ml程度なら1分程でお湯が沸きます。

安全性

お湯が沸いたら自動で電源がOFFになるので経済的かつ安全です。

 

自動で切れる空焚き防止機能つきなので、万が一水を入れずに電源を入れてしまっても安心ですね。

 

まさに痒いところに手が届く至れり尽くせりの機能性です。

 

通電中はパイロットランプが点灯するので電源の入れ忘れやお湯が沸いた時に直ぐ気がつけます。

 

ジャスティンプラスの容量は1.2Lのみです。

 

でも、カラーバリエーションは他にもあるのでカカオブラックと比較検討が楽しめます。

 

デザイン性や使いやすさの評価はとても高く、湯沸かしのスピードも愛用者に太鼓判が押されています。

価格

価格はメーカー小売が税別6,560円です。

 

しかし、実売は3,500円前後から4,000円ほどととてもリーズナブルです。

 

スポンサーリンク

アプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170の特徴や性能と価格

ティファール電気ケトルアプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ 0.8Lはコンパクトな作りが魅力です。

 

材質は外装がポリプロピレンで、他にもステンレスとナイロンが使用されます。

 

手元に置いておきたくなる可愛らしさと、お手入れしやすい実用性を兼ね備えています。

 

使い込んでいくうちに手放せなくなる相棒になり得ます。

アプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170の特徴

デザインは格好良さよりも可愛らしさ寄りです。

 

 

そのため、飽きることなく愛用できるシンプルさがあります。

 

0.8Lなのでカップ麺を作る時の湯量としても丁度良いです。

 

そのため、カップルで使用するのにおすすめですね。

 

勿論、1人暮らしにもフィットするコンパクトサイズです。

 

これは、新生活を始める際に選ぶのにも最適です。

 

気になるところは、フタが外れないというところです。

 

しかし、間口が広いのでお手入れの支障にはならないです。

 

電源プレートから取り外して使えるので注ぐ時はコードレスです。

 

残量が見やすく注ぎ口は湯切れが良いですし取り外し可能なフィルタつきなので衛生的です。

 

 

嬉しいことに、注ぎ口にはホコリが入りにくくなるカバーつきです。

 

ティファールらしい心配りが見受けられます。

 

アプレシアプラスコンパクトモデルは、カフェオレと同様のカラー展開です。

 

他にも、メタリックタイプの種類も用意されます。

 

カフェオレは食卓に馴染む落ち着いた色合いです。

 

ファミリーでも1人暮らしでも、老若男女を問わずに選びやすくなっています。

 

 

このように、ティファールらしく誰が選んでも不満を覚える心配が少ない完成度です。

 

様々な商品を評価してきたプロも認める商品です。

 

こうしたことからも納得して使えたり満足できる可能性が高いです。

 

発売5年目で多くの愛用者を獲得しています。

アプレシア プラス コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170の性能と価格

電源は100Vコンセント対応で、定格消費電力は1250Wとなっています。

 

幅は220mmで奥行150mmとなります。

 

そして高さが180mmという絶妙なサイズで本体重量は750gの軽さを兼ね備えます。

 

 

コードの長さは他のティファール電気ケトルにも共通する、1.3mと使いやすい長さです。

 

代表的な性能としては、カップ1杯約140mlのお湯が約50秒で沸く早さです。

 

また、0.8Lの満水時でも約4分10秒で沸騰するパワーが挙げられます。

 

0.8Lなので一度に大量のお湯を必要とする用途には向きません。

 

少人数でお茶を飲んだり、少しお湯が欲しい時に役立ちます。

 

何かと活用できる場面がありますから程良いサイズと容量で万能に使えるタイプです。

 

2人分のお湯を素早く沸かしたい時に丁度良い容量と性能です。

 

0.8Lの容量は、お客のお茶を入れるのにも適しています。

 

動作音はこちらも、さすがに無音とはいきません。

 

しかし、それでも気にならない程度の静寂性を実現しています。

 

手頃な電気ケトルなので保温機能はつきません。

 

直ぐにお湯が沸きますから、何時でも沸きたての熱々が使えるので心配無用です。

 

むしろ、新鮮な水を沸かして使うことができますね。

 

こうして、衛生的で美味しいお湯で入れた飲み物が味わえます。

 

空焚きをしても自動で通電が切れますから十分な安全性が備えられているといえます。

 

なお、平均評価がとても高いので一般消費者の間でも認められています。

 

このようなことからも安心しておすすめできる電気ケトルです。

 

より容量の多いティファール電気ケトルと価格が競合することもありますね。

 

こうなると、どれを選べば良いか迷いがちです。

 

あなたが大容量は不要で色重視ならアプレシア プラス コンパクトモデルがおすすめです。

 

性能は必要十分ですし、選べる色の種類が用意されているので適度な選択肢もあります。

 

メーカー希望小売価格は税別8,050円です。

 

しかし実売価格は、3,800円から4,000円台で販売される手頃な商品です。

 

実売価格が手頃なのに1年保証つきなので、長く安心して使い続けられるでしょう。

 

ヴィテス ネオ カフェオレ 1L KO501AJPの特徴や性能と価格

ティファール電気ケトル ヴィテス ネオ カフェオレ 1Lは、

 

旧製品のティファール電気ケトルと比べれば、明らかにデザインが洗練されています。

 

性能もアップしていて機能面も進化しています。

 

しかも他のティファール電気ケトルよりも使用されている素材が多めです。

 

その分細部に拘っていると考えられます。

 

こうして異なる素材を組み合わせたところに注目が集まります。

ヴィテス ネオ カフェオレ 1L KO501AJPの特徴

本体は光沢のあるホワイトがベースとなっています。

 

 

アクセントにカフェオレ色を使用しているのが特徴的です。

 

素材は、ポリプロピレンとステンレスやポリカーボネートにナイロンなどです。

 

ベース部分の電源プレートと持ち手やフタなど上手な配色で商品の魅力を高めています。

 

底面には水垢の付着を抑えてくれるウルトラポリッシュを採用しているのが魅力的です。

 

電気ケトルは水回りで使うものですから、こういう細かな配慮があると何かと助かりますね。

 

外装のプラスチックには抗菌素材採用で、しかも嫌なニオイや着色を防いでくれます。

 

ただし、お手入れが不要というわけではありません。

 

でも、お手入れの手間を軽減してくれるのは間違いないでしょう。

 

 

注ぎ口には勿論ホコリ防止のカバーがつきます。

 

また、ひと目で残量が分かる大きな窓が備わるので便利です。

 

フタはワンプッシュで開きますから、忙しい朝でも湯沸かしが楽に行なえます。

 

ハンドルはより持ちやすくなっているので、持ち上げたり注ぐ時の安定感が優れます。

 

種類は他にもシンプルな単色のホワイトやカフェオレのように2色を組み合わせているタイプもあります。

 

いずれも基本的な性能や特徴と形状も共通なので、後は好みに合う色で選ぶことができます。

 

容量的に切りが良いこともあって、安定した人気を獲得しています。

 

デザインの評価は好みによるところが大きいです。

 

しかし、安定感を思わせますし実際に倒れにくいので好評な傾向です。

 

このようなことからも売れ筋ランキングでは常に上位です。

ヴィテス ネオ カフェオレ 1L KO501AJPの性能と価格

大容量の1.2Lと、コンパクトな0.8Lの中間に位置するティファール電気ケトルです。

 

 

サイズは幅が240mmで、奥行は180mm、高さに関しては210mmとコンパクトに纏められています。

 

電源には100Vの家庭用コンセントが使えます。

 

消費電力は定格で1450Wとなります。

 

このような強力な湯沸かし性能を誇ります。

 

湯沸かし時間はカップ1杯、約140ml換算だと50秒ほどあれば直ぐに熱湯が完成です。

 

満水時1Lの性能はというと、約4分20秒で熱湯に到達します。

 

この電気ケトルの絶対的な性能の高さが窺えます。

 

重量は1020gとやや重さを感じさせますが、本体のみだと700g程度なので楽々です。

 

つまり、電源プレート部分に重量があることを意味するので設置した際の安定感が優れています。

 

このように、性能は基本的な部分だけでも優れていることが分かります。

 

他にもどの角度でもセットできるコードレスや湯沸かしを知らせるパイロットランプも標準装備です。

 

ワンプッシュで開くフタや持ちやすさなど、細かいところに使い勝手の良さが感じられるでしょう。

 

音は笛つきのケトルに比べればかなり静かです。

 

また、電気ケトル同士で比べても静寂性能は高めです。

 

なお、湯沸かし性能は周辺温度に左右されます。

 

しかし、条件がカタログと同様であれば実測の時間も殆ど変わらない結果になります。

 

カタログスペックだけ湯沸かし時間が早くて使ってみると遅く感じる。

 

そういった心配はないのでおすすめです。

 

購入して満足できる可能性は十分にあり、買い替えを検討する候補としても魅力的です。

 

ティファール電気ケトルに興味を持ったらヴィテス ネオ カフェオレ 1Lは狙い目です。

 

価格はメーカー小売価格が税別8,500円です。

 

しかし、実売は3,000円台前半から4,000円台と非常にお得です。

 

結び

ティファールの電気ケトルのおすすめの人気3選の記事はお役に立てたでしょうか?

 

性能や特徴と価格の違いについてもご理解いただけたなら幸いです。

 

ティファールの電気ケトルは、種類が豊富で選ぶのに時間が掛かりそうです。

 

実はそれぞれの方向性が明確なので、好みや希望に合う商品が選びやすいです。

 

中でもおすすめの人気3選のティファールの電気ケトルは容量デザインに明らかな違いが存在します。

 

性能や特徴と価格は近いですが、形状やカラーバリエーションはどれも違います。

 

こうして、見た目で比べての購入も検討できますね。

 

あとは、サイズ重量消費電力などの基本項目を調べておくことです。

 

このとき性能や特徴の細かな差を比較することで自分に合う一品が絞り込めます。

 

 

おすすめの人気3選は、いずれも完成度が高く人気の商品です。

 

また、総合的な評価が高いという共通点を持っています。

 

3つの商品は比較的、誰にでもおすすめできる性能や特徴と価格を兼ね備えています。

 

そのため、実際に使って得られる満足度が高いです。

 

スポンサーリンク