大祓(おおはらえ)の初穂料っていくらなのか気になりませんか?

 

茅の輪くぐり

 

初穂料というのは、神様に奉納するお金のことです。

 

この初穂料はいくらになるのかについて解説していきますね。

 

なお、案内にお志と書いてるケースだと相場はいくらなのか?

 

また、大祓(おおはらえ)の人形・形代の書き方についても紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

大祓(おおはらえ)の初穂料の相場はいくら

大祓(おおはらえ)の初穂料の相場はいくらかといえば500円以上が相場です。

 

 

金額は地域や神社によって変わってくるので、1千円くらいや3千円になることもあります。

 

いずれにせよ、それ以上の初穂料を設定する神社はあまりないです。

 

1人あたり3千円を上限として考えるのが無難です。

 

500円で済む神社がどれだけあるかは不明ですが、身近に手頃な初穂料の神社があればラッキーですね。

 

1家族1千円と、分かりやすくキリの良い金額のケースの神社もあります。

 

そういう初穂料だと大祓(おおはらえ)の儀式を受ける心理的なハードルは低くなりますよね。

 

 

3千円が相場だとして、その金額が妥当かどうかは誰にも決められません。

 

少なくとも年2回のチャンスで有り難みがあるのは確かです。

 

そのため、捉え方は人それぞれです。

 

金額に納得できなければ他の神社を当たれば良いので、あまり難しく考える必要はないでしょう。

 

1家族単位の初穂料であれば、人数が増えるほどお得感が増します。

 

なので、思い切って家族で神社に足を運んでみることをおすすめします。

 

播磨国総社の輪抜け祭

 

やはり、大祓(おおはらえ)のような特別な機会は、一度経験することで歴史や意味を考える切っ掛けにもなります。

 

大人にとっても子供にとっても良い機会です。

 

金額的に抵抗感がなければ、足を運んで儀式を経験するのが理想的です。

 

高くても精々3千円で済みますし、お金は神社の運営に役立てられます。

 

このようなことからも分かるように決して無駄になることはないです。

 

相場はあくまでも相場なので、地域が変われば傾向も異なります。

 

いくら高くても5千円や1万円はあり得ないでしょう。

 

 

その逆に500円未満も考えにくいです。

 

やはり相場は500円~3千円くらいと捉えるのがベストです。

 

金額について何も決められていない場合は、その人の気持ちで決められます。

 

この場合は、3千円を上限に自分で決定することができます。

 

流石に払わないのはNGですが、気持ちがこもっていれば少額でも大丈夫ですよ。

 

大祓(おおはらえ)は神道における儀式で、宮中や神社においては日常的に行われています。

 

 

儀式は浄化を目的としたもので、民間でも一般向けに提供されているのが特徴です。

 

6月に行われる大祓(おおはらえ)は、防災を目的に罪や穢れを祓うもので、夏越の祓や名越の祓などとも言います。

 

茅の輪もこの儀式の1つで、神社で見掛けることが割とあるといえます。

 

儀式は年に2回、年末の12月にも行われていて、こちらは年越の祓と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

大祓(おおはらえ)の案内にお志と書いてるときの相場はいくら

大祓(おおはらえ)の案内にお志しと書いてるときは、それに従って初穂料を支払うことになります。

 

 

相場はいくらかといえば、やはり一般的な初穂料に準じます。

 

1家族単位だと1~2千円、人形単位であれば1体あたり数百円が目安です。

 

初穂料が形代込みで1千円以上だったり、1家族で3千円以上とする神社もあります。

 

これは祈祷料のみの場合と人形のお志が分かれているケースが多く、金額は自由に決められます。

 

そのため、、家族の人数や気持ちによっても違ってきます。

 

大切なのは足を運ぶ神社の案内に目を通しておくことです。

 

 

お志を確認して相場に照らし合わせてから、自分の納得する金額を納めることです。

 

お志は神社が提示する初穂料の目安ですから、決して強制されるものではありません。

 

大祓(おおはらえ)の儀式を受ける費用と考えられるので納めるのが原則です。

 

相場を考えなければ上限はないです。

 

つまり、いくらでも好きなだけ増やすことができます。

 

ただし、目安以上の初穂料を納めても、御利益が一定以上になることはありません。

 

欲張って相場を大きく上回る金額を納めるのは得策ではありませんね。

 

 

それよりもこの金額なら納得して出せる、そういう気持ちで無理のない金額を決めるのが賢明です。

 

相場はいくらか気になるものですが、大抵は1人あたり数千円で済みます。

 

これについては、事前情報なしで神社に足を運んでも大丈夫です。

 

勿論、しっかりと準備を済ませたいのであれば、訪れる神社の案内と相場をチェックしておきましょう。

 

神社から提供されるお下がりが多い場合は、数に応じて金額が上がる傾向です。

 

あれこれとお下がりがついてくるコースを選ぶと初穂料が1万円以上になることもあります。

 

このような選択肢を用意するかは神社次第なので用意されていたり全くないケースも存在します。

 

大祓(おおはらえ)の人形・形代の書き方

大祓(おおはらえ)における人形・形代の書き方は、名前年齢をそれぞれ縦書きで書いていくのが基本です。

 

 

紙が2枚ある時は男性と女性に分けて、家族全員分を書くことになります。

 

最初の1人を除き、名字は省略しても構いませんしフルネームで書いても問題ないです。

 

また年齢は満年齢ではなく、数え年で書くのがポイントです。

 

数え年が分からない時は、その年の誕生日の年齢に1歳を加えればOKです。

 

もし、神社で年齢をど忘れしてしまったなら、生年月日を書いても年齢の代わりとなるので安心です。

 

人形・形代に書く名前が1人分の場合は、2枚ある内の1枚を白紙のままにしておきます。

 

 

念には念を入れて、フルネームに性別と数え年、性別を書き加える方法もあります。

 

どの書き方であっても、大祓(おおはらえ)で神様にその人の願いが届けば良いです。

 

余程分かりにくく書かなければ大丈夫です。

 

人形・形代1枚につき1人とするケースもあります。

 

しかし、これも考え方の1つに過ぎませんから、間違いでも正解でもないです。

 

縦書きも実は形式的なものですから、横書きでも間違いではないです。

 

なので、英語で書いても大丈夫ということになります。

 

日本語が分からない外国人観光客だと名前を英語で縦書きにするのは難しいものです。

 

 

そのため、横書きでもOKなわけです。

 

いたずら書きや記号を書き加えるのは疑問ですが、使用する筆記用具については特に指定はないです。

 

つまり、伝統的な筆書きでも筆ペンでも構いませんしボールペンや油性ペンでも問題なしです。

 

ですが、神社の側で指定されている場合は別です。

 

特に指定がないなら使いたい筆記用具で自由に書けるということです。

 

書き終えた人形・形代は、紙が入っていた袋に戻し、神社に奉納することになります。

 

この時に袋に息を吹き込んだり紙を体に擦りつければ穢れを移せます。

 

 

こうすることで、大祓(おおはらえ)の御利益が高まります。

 

やるやらないは自由ですし書き方には直接関係ありません。

 

そのため、ここは省略しても構いません。

 

いずれにしても、紙には名前をしっかりと書き、気持ちを込めておくことが重要です。

 

書き方の書式よりも、どんな気持ちで書くかの方が大切です。

 

といっても、あまり気にし過ぎない方が良いです。

 

 

名前と年齢の数え方さえ覚えておけば、大きく間違えるようなことは避けられます。

 

結局のところは、神社が引き受けるのに必要な情報が記入されているかです。

 

そして後は、書く本人の気持ちが大事です。

 

 

納得できる書き方であれば、どのように書いても間違いではありません。

 

例を参考にしつつ自分のやり方で人形・形代を仕上げましょう。

大祓(おおはらえ)の申し込みの仕方

大祓(おおはらえ)の申し込みの仕方は、人形形代初穂料を用意して神社に奉納する形となります。

 

 

受付窓口は神社によって違うので、何時までに何処に出向けば良いか要確認です。

 

大祓(おおはらえ)を受ける神社が身近にある場合は、開催日に合わせて人形形代を受け取ります。

 

こちらを持参して申し込みを行いましょう。

 

初穂料と一緒に納めれば、後は神社がお祓いをしてくれます。

 

これで大祓(おおはらえ)の準備完了です。

 

郵送に対応している神社であれば、事前に人形・形代を送ってもらうことが可能です。

 

 

それに記入してから送り返すことになります。

 

初穂料は現金書留で納められます。

 

近くに大祓(おおはらえ)を行う神社がなかったり、足を運ぶ時間がなくても便利です。

 

なお、電話やインターネットなど申し込み方法はそれぞれ異なります。

 

早めに何処に申し込むかを決めておき、所定の方法で手続きをするのが正解です。

 

申し込みの仕方が限られていると手続きの本番で手続きができなかったり、間に合わないといった結果に至りがちです。

 

 

その為、余裕を持って方法を確認しておきましょう。

 

このように確実に締め切りに間に合う方法で手続を済ませることが大切です。

 

人形・形代さえ入手できれば、残るは神社に持ち込んで初穂料と渡します。

 

または、郵送で締め切りまでに到着させるだけです。

 

面倒な手続きはありませんから誰でも簡単に済ませられます。

 

 

初めてでも戸惑うことはないでしょう。

 

紙に何を書くか、それさえ頭に入れておけば、手続きにおいて躓くポイントはほぼなくなります。

 

人形・形代を請求する時は、人形の他に二輪車、あるいは家の形のものがないかも確認しましょう。

 

これらは乗り物や家の穢れを浄化する為のものです。

 

これらは、割と新しい考え方に基づき提供されています。

 

どの神社でも提供されているわけではありません。

 

もし、大祓(おおはらえ)を行う神社で選べる場合は健闘してみる余地ありですね。

 

書き方は通常の人形・形代と変わりません。

 

なので、同じような書き方で記入して、袋に入れて奉納となります。

結び

大祓(おおはらえ)の初穂料っていくらなのの記事はお役に立てたでしょうか?

 

 

相場や書き方についてもご理解いただけると光栄です。

 

大祓(おおはらえ)の初穂料の相場はいくらか、これは一般的に500円~3千円が目安とされます。

 

1家族単位で数千円以上のお志を設定していたり、初穂料と人形・形代が別だったりと神社によって実に様々です。

 

人形・形代の書き方は、紙に名前数え年の年齢を書き込むだけです。

 

後は袋に戻せば終わりです。

 

1枚の紙に書けるのは家族分の名前なので、間違えて異なる家族の名前が混ざらないように注意しましょう。

 

家族の連名であれば、2人目以降の名字は省略することが可能です。

 

申し込みの仕方は神社によります。

 

大祓(おおはらえ)の開催に合わせて、受付で人形・形代を引き取ってもらえます。

 

郵送に対応している神社なら、儀式の開催に間に合うように送ることになります。

 

このように、相場は手頃で人形・形代の書き方は難しくないです。

 

申し込みの仕方も簡単ですから、思ったよりも難しくないと感じると思います。

 

スポンサーリンク