にんにくの食べ過ぎってどのくらいなのかあなたはおわかりでしょうか?

 

 

この食材は、近年様々な料理で利用されることが増えてきていますね。

 

栄養価も高く健康に良い成分も多く配合されていることから健康食としても注目されています。

 

実際に摂取することで得られる健康効果には、疲労回復や風邪にも効果があります。

 

 

インフルエンザの予防効果もあり冬場にとることも効果的だといわれています。

 

さらに、冷え性改善効果や便秘・下痢を予防してくれるので女性にとっても強い味方でもありますね。

 

ただ、どんなに健康に良い食材でも食べ過ぎは体に負担がかかる可能性があります。

 

ここではそんなにんにくの食べすぎとはどのくらいの摂取量なのかや一日の目安について紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

にんにくの食べ過ぎとはどのくらい

にんにくの摂取量はどのくらいかと言うと生(ナマ)であれば1片とされています。

 

 

また、加熱されている場合は3~4片が目安だといわれています。

 

こうして適度に食べる場合には健康に良い食材です。

 

しかし、これ以上の摂取は身体に害となる恐れも出てきます。

 

にんにくの食べ過ぎといわれる摂取量をきちんと把握しておくことは大事です。

 

ちなみに1片とは、下の写真にある量のことです。

 

 

こうすることで体に必要な分だけ適量を摂取することができるようになります。

 

ですが過剰にとってしまうと胃腸に負担がかかり悪影響が出る可能性があります。

 

そのためにんにくは食べる量を考えることも大切です。

 

摂取量が増えてしまうことが危険とされている理由として、にんにくの殺菌作用が非常に高いことも影響しています。

 

本来、体内の殺菌作用をもたらすスーパーフードです。

 

 

この作用により腸内の悪玉菌を低減してくれる効果が期待できます。

 

しかし、過剰摂取してしまうと殺菌作用が高まりすぎてしまうことがあります。

 

こうなると、体内の善玉菌まで影響を与える恐れがあります。

 

実際に食べすぎてしまった方の中には、腸内環境が悪くなって下痢を起こしてしまったという声も少なくありません。

 

にんにくは本来、食欲改善に効果がありイタリア料理や中華料理などにも数多く使われている食材です。

 

 

このため日本国内でも非常に人気が高くなっています。

 

美味しいからと行って過剰に食べてしまう。

 

健康や美容に効果が高いとして普段以上に食べてしまう。

 

これらの行為は、体によくないということをきちんと把握しておきましょう。

 

どのくらいが適量なのかきちんと理解しておけば安心です。

 

何より独特の強いにおいも抑える効果があるので対策がとりやすくなります。

 

スポンサーリンク

にんにくの生の一日の摂取量の目安

にんにくの摂取量の目安とされているのは先にも述べたように1片程度となります。

 

 

この一日の摂取量の目安は人によっても多少個人差があります。

 

軽めの食用にんにくを利用して自分にあった適量を見つけることが大切です。

 

摂取する際に注意したいのが加熱をすると抗菌作用が下がってしまうということです。

 

体の調子を効果的にあげたいなら加熱をしないで摂取が必要となります。

 

にんにくは古代エジプトの時代から香辛料強壮剤として利用されているなど非常に長い歴史を持っている食材です。

 

 

アジアでは中国や朝鮮をはじめとした東南アジア全域まで広く分布して盛んに利用されています。

 

日本国内でもにんにくは、中国から朝鮮経由で入ってきました。

 

しかし淡白好みの口には合わなかったこともあり料理ではなく最初は薬用として利用されていました。

にんにくが生のときの食べ方

にんにくの食べ方にも様々あります。

 

 

ラーメン餃子などにつけて食べるのが一般的ですね。

 

最近では臭みの強い青魚を刺し身として食べる場合にも人気です。

 

食べ方は、生のにんにくをそのまま付けて食べます。

 

この食材自体は疲労回復と新陳代謝を促進させる作用であるスコルジンという成分が含まれています。

 

一緒に食べた物は十分消化吸収されることで栄養分が体のすみずみに行き渡る効果があります。

 

 

風邪や気管支炎の原因となる連鎖球菌ブドウ球菌を退治する強い抗菌作用もあります。

 

免疫力を高めることから披露が蓄積している時や、免疫力が低下している方にもおすすめです。

 

これらの効果は加熱せずにそのまま摂取することで効果てきめんだと言われています。

 

加熱しないまま摂取することでコレステロールを低くして血行改善、咳を止める効果など体調を整えてくれます。

 

ただし、どんなに健康に良いといっても摂取量の目安を超えてしまうと胃腸に負担をかけてしまう恐れもあります。

にんにくの加熱の一日の摂取量の目安

加熱を行うとにんにくの殺菌効果は生に比べ落ちてしまいます。

 

 

しかし、臭いが抑えられるだけではなくほっこりとした食感と甘みが出て食べやすいです。

 

加熱時の摂取量の目安は一日で2~3片までとなっています。

 

ただし、これは成人の場合です。

 

子供に与える場合は大人の約半分の量を目安にすることが大切となります。

 

 

1片は1玉をばらした小さい粒を指すので摂取量としてはかなり少ないことがわかります。

 

なお、生のままで摂取すると強い口臭の原因となる可能性があるので強い臭いが気になる場合。

 

また、口臭を最小限に抑えたいと考えているなら加熱調理をすることをおすすめします。

にんにくを加熱したときの食べ方

にんにく自体が苦手という方には、食べやすい加熱調理方法を紹介しますね。

 

 

ガーリックステーキ串焼きオイル焼きなどにするとかなり食べやすくなりおすすめです。

 

細かく刻んでガーリックフライにすると独特の臭いもほとんどしなくなります。

 

このように食事に取り入れやすくなるので人気があります。

 

にんにくの食べ過ぎによる副作用

にんにくはスタミナ食としても効果的な食材として非常に注目されています。

 

 

そのため、幅広い世代の人が食事に取り入れています。

 

また、サプリメント栄養ドリンクで摂取する機会が増えてきています。

 

このように適切な摂取量を守っていれば健康に非常に良い食材です。

 

ただし、健康に良いからといって食べすぎてしまうとかえって副作用の状態に悩まされる原因となる可能性があります。

 

にんにくには非常に強い成分とされるアリシンが含まれています。

 

食べ過ぎてしまうと腹痛や下痢、頭痛といった状態が起こることもあります。

 

 

人によっては食べ過ぎることで救急車に運ばれてしまう人もいるほどです。

にんにくで副作用を起こさない対策

対策としては、やはり摂取量をきちんと把握して食事に取り入れることが大切です。

 

 

にんにくをたくさん食べた経験があるという方で体調不良にならなかった。

 

この場合は、加熱調理されたものを食べた可能性が高いです。

 

ただし、一般的に副作用の症状は加熱した状態でも起こることがあります。

 

生の状態で大量に食べると以下の状態が起こることもあります。

 

この状態で更にスライスしたりすりおろした状態だと、より刺激が強くなる傾向にあります。

 

 

それは、臭いと辛味の成分であるアリシンが胃腸に直接刺激を与えて体に不調が現れる可能性が高くなります。

 

生のままだと胃の中を強い刺激が襲うので空腹時に複数食べることはできるだけ避けることをおすすめします。

 

人によって副作用の症状は異なりますが空腹時に生の状態で摂取すると胃腸を刺激しすぎてしまいます。

 

これが胃痛や腹痛の原因となります。

 

体調が悪い時に疲労回復を目的として摂取するときは、摂取量に気をつけることです。

 

胃壁を荒らす原因となる可能性があるので摂取方法を考えたり量をきちんと守ることが大切です。

 

 

また過剰に摂取することで、腸内のビタミン生産菌を除菌してしまいビタミン欠乏症が起こる可能性があります。

 

ビタミンB2が不足すると口角炎舌炎皮膚炎の症状が起こる場合があるので注意が必要となります。

 

また女性が気をつけなくては行けないのが貧血です。

 

通常は鉄分の吸収をアップするので貧血予防になります。

 

しかし、にんにくを過剰摂取すると血液中のヘモグロビンが減少します。

 

こうなると溶血作用が強くなるので貧血めまいといった症状が起こる可能性があります。

 

 

更にアリシンが変化したジアリルトリスルフィドがアレルゲンとなります。

 

そのため、アレルギー性皮膚炎を引き起こす場合も少なくありません。

 

調理の際に起こるアレルギー症状なので、にんにくに触る機会が多い人は注意が必要です。

にんにくを摂取することで得られる効果

にんにくを摂取することで得られる効果は殺菌抗菌解毒といった作用があげられます。

 

 

また、ビタミンB1が糖質代謝を高めて生活習慣病予防になったり活性酸素を取り除いて美容効果を得たりもします。

 

さらには、疲労回復や風邪の予防など日常生活で欠かせない効果となっています。

 

ただ、にんにくに含まれている栄養素はちょっとした刺激で変化しやすいです。

 

生か加熱するかによって得られる効果や効能は変わってくることを把握しておくことも大切です。

目的に応じたにんにくの正しい食べ方

にんにくを毎日の食事に取り入れていく上で守っていかなくてはいけないことがあります。

 

 

にんにくは、目的に応じた正しい食べ方をすることです。

 

生で摂取する場合はまるごと蒸したり、すりおろしたり刻んで炒める、オイルに浸けて使うなど様々です。

 

にんにくは、健康や美容に非常に効果が高いです。

 

そのため短期間、短時間でしっかり効果を得ようとして一度にたくさん摂取してしまう方は少なくありません。

 

 

しかし過剰に摂取するとかえって体に副作用の症状が出る可能性が高くなります。

 

どのくらいの量が正しいのか理解して適量を守って利用するようにしましょう。

 

自分にとってのにんにくの適量を正しく理解しておくことだとされています。

 

子供の場合は、その体格や体質にもよりますが大人の半量が良いとされています。

 

習慣など個人差は大きいので少しずつ量を見て自分の適量を見つけることが大切です。

にんにくの効果が現れるまでの時間

さらに、にんにくを摂取してから効果が現れるまでの時間は男性と女性によって異なると言われています。

 

 

男性の場合は摂取してから効果が出るまでに約12時間ほどかかります。

 

また、女性の場合はその半分となる6時間で効果が出ます。

 

また摂取してからの効果の持続時間は約2日間もあると研究結果が出ています。

 

created by Rinker
青森県産 福地ホワイト六片種、青森期待の新人商店

 

毎日食べることは過剰摂取につながってしまう可能性があるので2~3日を目安にすることがおすすめです。

にんにくを食べる前に牛乳を飲むと良い

胃腸の弱い方などは、適量を守っていても刺激が強すぎて下痢や腹痛を引き起こしてしまうこともあります。

 

 

そんな時の対処方法としておすすめなのが食事前に牛乳を飲んでおく方法です。

 

牛乳を飲むことによって胃の粘膜を保護してくれる効果があります。

 

これにより摂取後に起こりやすい胃酸過多から胃を守ることができるメリットがあります。

 

また、主成分であるアリシンはゆっくり加熱をすると自然に消えてしまいます。

 

なお、油であげるとアリシンは分解されにくくなります。

 

胃腸が弱い方はガーリックオイルの利用や揚げた物は避けるのが賢明です。

結び

にんにくの食べ過ぎとはどのくらいの摂取量についての記事はお役に立てましたでしょうか?

 

また、生と加熱の一日の目安と副作用についてもご理解いただけたら光栄です。

 

 

にんにくは単に体に良い食品と考えがちですが、正しい摂り方がありましたね。

 

これを守らないで大量に摂取することで、下痢になったりすることもあります。

 

そうならないためにも軽めの食用にんにくを活用して自分に適した量を見極めることが大事になります。

 

なお、成人の生のにんにくの一日の摂取量の目安は一般的には1片と言われています。

 

子供の場合は、この1片の半分くらいが目安となります。

 

また、加熱しているときは3~4片が目安だと言われています。

 

スポンサーリンク