牛丼店の紅ショウガ(紅生姜)に適正量はあるんでしょうか?

 

紅ショウガの量は、牛丼好きを中心に何かと話題となることが多いですね。

 

たくさん使う人が話題に上る度に適正量が議論されます。

 

好きで沢山食べて何が悪いのか本人は悪びれることもなくそういう反応をしがちです。

 

しかし当然ながら紅生姜の使い過ぎは他の客にも影響を与えます。

 

また、牛丼店に寄せられるクレームは他にもありますね。

 

こちらは牛丼店側の対応が問われることもあります。

 

対策と謝罪の仕方を良く理解して過不足なく対応することが大切です。

 

この反応に対する対応に重要性があります。

 

そこで上手に場を収めることができれば牛丼店も高く評価されます。

 

逆にわだかまりが残ってしまうと評価が下がるので対応の良し悪しが肝心ですね。

スポンサーリンク

 

牛丼店の紅ショウガに適正量はあるの?

 

牛丼店における紅ショウガ(紅生姜)の適正量は、お店によって違いますね。

 

幾度となく論争になる話題ですが常識的に判断する量があります。

 

袋入なら1人あたり1袋と考えるのが妥当です。

 

精々許容されるのはもう1袋で、お店によっては3袋まで認めてもらえるでしょう。

 

要望に応じて柔軟に対応するという反応を見せています。

 

多くのチェーン店は、1食に1~3袋までつけている傾向となっています。

 

ただ、大手の牛丼店で1人あたりの数を定めていたりします。

 

 

それ以上は要相談とされます。

 

理由はやはり紅ショウガ(紅生姜)の在庫です。

 

1人が沢山使えるように認めてしまうと他の客の分がなくなってしまうことにあります。

 

1人で10袋もらえるとなると、同様に欲しがる客が出てきます。

 

紅ショウガの在庫量は急激に減少してしまうでしょう。

 

もちろん、おまけのサービスといってもコストが掛かります。

 

あまりに消費量が増えれば経営に影響が出始め最終的には1食1袋までになりかねないです。

 

だからこそ客には節度が求められます。

 

好きならどれだけ食べても良いとはならないわけです。

 

表向きは牛丼店が好きなだけどうぞといっても牛丼に合わせる紅ショウガの量には限度があります。

 

適正量の論争が起こってもおかしくないです。

 

 

一般では度々、牛丼店での紅ショウガの食べ過ぎが話題となり、注目を集めて議論が巻き起こっています。

 

今後、紅ショウガの提供をなくさない為にも牛丼店では常識ある振る舞いが必要です。

 

具体的にはクレームやコストの増加に紅ショウガ提供の見直しです。

 

しかし、注文のオペレーションや味などの品質が変わる恐れも考えられます。

 

袋の鷲掴みは論外ではないでしょうか?

 

適正量と思われる1~3個を超える多くの紅ショウガが欲しい場合は、一言店員に尋ねるのが賢明です。

 

もらっても良いか尋ねOKなら感謝の言葉とともにいただきましょうね。

 

 

反対に断られたら諦めるのが良いでしょう。

 

好きなものを沢山トッピングしたい人の気持ちも分からなくはありません。

 

しかし適正量の前に常識の存在を理解するのが先です。

 

1袋が2袋3袋と増えていくと徐々にエスカレートして袋数が増えることもあり得ます。

 

自制心が働いている時は良いです。

 

 

自分の中でもう1袋くらいOKと考えるようになれば消費量が増加するのは時間の問題です。

 

常識的に50袋や100袋もらっても大丈夫と考える人はいません。

 

これが10袋や20袋となると怪しくなります。

 

そもそも明確なルールがない場合の判断基準になる常識は人によって認識にズレがあるのが普通です。

 

 

大々的に適正量の個数を公表していない牛丼店は客や店員の判断に任せていると思われます。

 

そのため、自分で考えて結論を出す必要があります。

 

分からないなら店員に聞くのが正解です。

 

例えば10袋もらっても良いか駄目なら何袋まで認められるか確認しましょう。

飯島直子さんの紅ショウガ持ち帰り論争

 

この論争が起こった切っ掛けの1つに飯島直子さんのテレビでの振る舞いがあります。

 

飯島直子さんは番組内においてテイクアウト用の袋入紅ショウガを1人で10袋使ったとされます。

 

今回は全国区のタレントが騒動の発端となったので、一気に注目されて批判や論争が発生しました。

 

これが論争を巻き起こし、適正量について議論が再燃する切っ掛けになりました。

 

ネットには好きなら10袋でもOKという声もあります。

 

飯島直子さんの振る舞いを認めてしまうと牛丼店にしわ寄せがいってしまい悪影響が及ぶ懸念もありますね。

 

しかし逆に10袋は明らかに使い過ぎといった反対意見も存在します。

 

 

実際のところ、判断は牛丼店の裁量任せです。

 

そのため、共通認識に繋がる適正量はあってないようなものです。

 

飯島直子さんの10袋で論争になったことを考慮すると多くの人達にとって多過ぎの可能性があります。

 

やはり店員に上限を確認するのがベストです。

 

ただし、店側もこのようなことも想定して紅生姜の個数をはっきり決めておくべきでは。

スポンサーリンク

牛丼店に客がつけるクレーム6選の内容

 

牛丼店に客がつけるクレームで大切なのは相手の言いなりにならないことです。

 

ですが、謝罪しないと怒りが収まらないので対応が難しいです。

 

牛丼店のクレームで避けて通れないのは、一見すると何でもないことで客の怒りが店員に向くケースです。

 

言うまでもありませんが、こういう事態を想定してマニュアルが作られています。

 

牛丼の汁が垂れて服が汚れるというクレーム

 

1つ目は、汁が丼の外に垂れて手や服が汚れたという内容です。

 

水分を多く含む食べ物の都合上、このような問題は起こり得ます。

 

小さなことでも指摘したい客にとって格好の的です。

 

服が汚れるほどの垂れ方はお店の責任が問われるので従業員に注意喚起するなどが行われています。

 

提供する前に丼を拭くだけでも、このケースのリスクは減らせます。

 

避けようと思えば避けることができます。

 

牛丼に髪の毛や虫が混入というクレーム

 

もう1つは髪の毛が入っていたり虫が入っているなどの異物混入です。

 

髪の毛の混入は飲食業界では良くあるクレームで牛丼店なら必ず対応の経験があるものです。

スポンサーリンク

 

しかし虫となると衛生的な懸念が生じます。

 

ことが大きくならないようにしっかりとした初期対応を心掛けたいところです。

 

これは、牛丼店だけではありません。

 

牛丼の提供までの時間が遅いというクレーム

 

注文してから提供までに時間が掛かり遅すぎるというクレームに結びつきます。

 

内容は単純なので、一見すると簡単に解決しそうです。

 

しかし、実際は単純だからこそ怒りや不満が大きくなりがちです。

 

どこのお店も真っ先に対策しています。

 

それでも完全な解決には程遠いのが実情です。

 

人員の数やオペレーションの改善には限界があるので人手が足りていないお店は特に発生リスクが高いです。

 

牛丼の器に指が入ってるというクレーム

 

配膳といえば丼に指が入ってるというのも客が牛丼店につけるクレームの定番です。

 

近年は手袋をするなどの対策で減っていますが問答無用で文句を言う客は後をたたないです。

 

店員は丼の持ち方に注意をしましょう。

 

これは、クレーマー気質の人の餌食になりやすいので気をつけましょう。

 

牛丼屋の店員の対応や態度が悪いというクレーム

 

店員が睨みつけたと言う場合もあります。

 

このように目線が合っただけで怒る人もいるので厄介です。

 

酔っている人は特に小さな不満が大きくなりやすく攻撃しやすい店員に矛先を向けることとなります。

 

牛丼の実際のボリュームが違うというクレーム

 

写真と実際のボリュームが違う、これは誰もが納得できる苦情です。

 

ただし、理不尽な内容だと対応に苦慮します。

 

こういった状況になると、店員1人の手には負えません。

 

責任者に任せて解決を図るのが得策でしょう。

牛丼店のクレーム対策と謝罪の仕方

 

牛丼店のクレーム対策は、内容に合わせて1つ1つ対応策を立てているのが現状です。

 

丼は外側に汚れが残らないように、仮に汚れていなくても拭き取ることで対策しています。

 

それでも苦情が入ってしまった場合は、迷惑を掛けていることについて謝罪するのが定石です。

 

対応が遅れてしまうと客は誠実さが感じられないことに苛立ちを覚えます。

 

こうして対応が遅れると余計にこじれるので要注意です。

 

謝罪の仕方1つを取っても客の目は厳しいです。

 

お客さんにしっかりと頭を下げて気持ちを伝えましょう。

 

また、更なる対応として作り直す提案をするのも1つの方法です。

 

ただし、判断が難しかったり権限がない場合は上の人に任せます。

 

牛丼店の責任者は店長です。

 

そのため、店長が自ら客の前に出向き改めて謝罪するのが筋です。

 

 

何らかの理由で店長が不在の時は、エリアを管轄するマネージャーに問い合わせます。

 

いずれにしても対応の遅れは客の気持ちを悪化させます。

 

対応の早さが重要になってきます。

 

しかし謝罪の気持ちを物やサービスなどで表すように求められる場合もあります。

 

これを拒否するのも正しい対応となります。

 

丼の汚れは、客観的に見れば大した問題ではないです。

 

客が大事にして謝罪以上の何かを要求するのは間違いです。

 

正しい対策としては、作り直しに加えて再発防止に取り組むことが挙げられます。

 

中途半端に割引券などを提供すると火に油を注ぎかねません。

 

小手先の対応は止めましょう。

 

異物混入のケースとクレーム対策は、まずは謝って誠意を見せましょう。

 

そして新しく商品の牛丼を提供を行い、謝罪を重ねて対応するのが常識です。

牛丼店のクレームの再発防止の対策

 

再発防止の対策は、従業員に髪の毛について防止策の中にしっかりと入れること。

 

制服につく汚れを取る頻度を増やすなどが現実的です。

 

髪の毛や繊維のゴミ混入はまだ対応は簡単なほうかもしれません。

 

虫やプラスチックの破片、金属製の何かの部品となると一気に難易度が高まります。

 

調理の担当者に加えて、接客担当者も配膳前に丼の中を確認する。

 

そういった二重のチェックがクレームを未然に防ぐ方法となります。

 

 

ところが、どれだけ気をつけていても異物混入はあり得ます。

 

どの時点で入ったか分からないと大変です。

 

最悪、クレームにより保健所の検査が入ることもあります。

 

その場でなあなあにせず、混入経路を徹底的に調べて対策をすることが求められます。

 

商品提供の遅れについては、謝罪の後に返金の申し出をして客に怒りを鎮めてもらうのが牛丼店のできる対応です。

 

謝罪の仕方は誠実性の評価に直結するので言い訳を含めた謝り方は論外です。

 

事実を認めて頭を下げ謝ってから対応を申し出て要望を尋ねる、それが基本中の基本です。

 

 

クレーム対策は混雑時にアナウンスをして入店時に遅れが生じる可能性を伝えておくことです。

 

注文を聞いて忘れるのは駄目ですが、アナウンスがあれば多少の遅れは許容されます。

 

客が自分の判断で他のお店に変えることに繋がります。

 

クレームは多様化していて種類が多くなっているのも事実です。

 

小さなことでも目くじらを立てて過度な要求をするケースもあります。

 

未然にどれだけ防げるかで、従業員の安心感やオペレーションの安定性が決まります。

 

お店全体でリスク軽減の対応策を講じたいところです。

 

大抵の客は、理由があって怒りをぶつけてきます。

 

 

誠心誠意謝れば高ぶった感情は鎮まり落ち着きます。

 

クレームが大きくなって何をしても解決しない状況になるのは、一部のクレーマーに限られます。

 

なので、大半の対応の難易度は低いです。

 

店舗内で問題が解決しないとチェーン店の場合はクレームが本部に届きます。

 

こちらの対応も考えておく必要があるでしょう。

 

何が起こったか事実をしっかり記録しておき本部に報告して評価を受けることになります。

 

クレームが発生した際の対応の良し悪しは、今後の流れや結果に影響します。

 

最初が重要と考えて誠意を見せるのが正解です。

スポンサードリンク


結び

牛丼店の紅ショウガに適正量はあるのについての記事はいかがでしたでしょうか?

 

 

客のクレーム6選と対策や謝罪の仕方もお役に立てれば幸いです。

 

牛丼店の紅ショウガに適正量はあるのか?

 

これはお店によって違うものの、1食あたり1袋~3袋とするチェーン店が多いです。

 

飯島直子さんのように流石に1人で10袋も使うとなると論争が巻き起こります。

 

多くの人が適正量と判断する上限は10袋未満と言う意見も多かったです。

 

客のクレームで多いのが、丼の汚れと異物の混入です。

 

また、商品提供の遅れや丼に指が入っていたり理不尽なクレームもあります。

 

対策と謝罪の仕方はまず最初に謝り、次に対応を提示して最後にもう一度謝る流れです。

 

謝らなかったり中途半端な謝罪はNGです。

 

客の怒りを逆なでするような対応はもっての外です。

 

本気でクレーム対策をするのであれば、起こり得る事態を可能な限り想定しておきましょう。

 

こうして1つずつリスクを減らしていくことになります。

 

牛丼店はファストフードですから商品提供の早さが強みです。

 

注文から提供まで遅れないことが重要です。

 

他の部分にも目を向けて不備を避けたいところです。

 

発生してしまったクレームには誠意で応じ適切な対策と謝罪の仕方で解決を図りましょう。