深夜営業しているお店が増税するタイミングはいつなのか気なるところですね。

 

ほとんどのコンビニは24時間営業ですがどうやって変更していくのか?

 

郵便物もいったいどのタイミングで増税になるのか?

 

もし、コンビニや郵便物の投函のタイミングが増税と合ってしまったらどうする?

 

ここは買い物や投函次第では心配なところでもありますね。

 

スポンサーリンク

 

深夜営業しているコンビニが増税するタイミング

コンビニによっては、レジ打ちの最中に2019年の9月30日から10月1日になった場合は全商品消費税が変わらないようです。

 

身近な24時間営業店といえばコンビニ。セブン―イレブン・ジャパンを運営するセブン&アイホールディングスによると、レジで1点目の商品の価格をスキャンした時間が30日中であれば、残る商品の処理が翌1日になっても全品を消費税率8%で扱う。この対応は、大手のローソンやファミリーマートも同様だ。
一方、関西で24時間営業スーパーを運営する企業は「税率を切り替える対応のため、日付が変わるタイミングで一度店を閉めることになりそう」とする。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010003-kyt-bus_all

 

セブン―イレブンやローソン、ファミリーマートもこのような方針のようですね。

 

つまり30日中にレジでスキャンし始めたときには日付が変わってからの商品も消費税率8%のままとなるようです。

 

これは、ほとんどのコンビニで実施されるようです。

 

しかし、税率を切り替える対応のせいで、関西で24時間営業スーパーを運営する企業は日にちが変わるタイミングで一旦店を閉めるみたいです。

郵便料金の増税するタイミングはいつ

郵便局の増税による郵便料金の変更は2019年10月1日です。

 

10月1日の朝10時ころまでに投函された郵便は8%です。

 

それ以後に投函された物は10%とということです。

 

郵便局の場合だと、10月1日の朝の10時ということなので0時からの変更ではないようですね。

 

また、通常のはがきの料金は62円から63円になります。

 

定形郵便物(封書)の場合は82円から84円となります。

 

引用:https://www.post.japanpost.jp/service/2019fee_change/index.html

 

スポンサーリンク

熊本の深夜営業の増税するタイミング

10月1日の消費税率引き上げが迫ってきた。気掛かりなのは9月30日夜から日付をまたいで営業をする店などがいつ税率を切り替えるか。夜通し走るタクシーや深夜営業をしている店舗に聞くと、対応はさまざまだ。

熊本国税局によると、消費税が課税されるのは店が客に商品を引き渡したり、サービスを提供したりして売り上げが発生した時。合理的な計上であれば、どの時点で税率を上げるか事業者に委ねているという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00000009-kumanichi-l43

 

このように熊本では、深夜営業の増税するタイミングは事業主に委ねるということです。

 

感想としてはトラブルを極力避けるために打ち出された案という印象です。

 

今後は、恐らく全国的に他の地域でこれと似たような処置がとられるかもしれませんね。

深夜営業の増税についての世間の反応

 

 

 

 

大きな買い物と違い、深夜営業のお店での買い物や食事に関してはさほど気にしていない人も多いようですね。

結び

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートはレジ打ちの最中に2019年の9月30日から10月1日になった場合は消費税は増税前と変わらないようです。

 

熊本では、深夜営業の増税するタイミングは事業主に委ねるようですね。

 

2019年10月1日の朝10時ころまでに投函された郵便は、8%でそれ以後の物は10%とということです。

 

スポンサーリンク