日傘は何色がいいか、あなたはご存知でしょうか?

 

最近は、日傘(ひがさ)を差している方が増えてきていますね。

 

紫外線カット涼しさ対策として効果的なため日傘の需要があるためです。

 

夏のこの時期だからというだけではなく、春先から多くの人が差しているようです。

 

近年は、猛暑日が増えたせいもあり、日傘を買い求める人が多いです。

 

ですが、日傘なら何でも良いというわけではありません。

 

主に、白や黒の日傘を買われる方が大半かと思いますが、それにも理由があります。

 

この白と黒2つの色には、それぞれ役割があり、長所と短所もあります。

 

紫外線カットに効果的な色もあれば、涼しさ対策に効果的な色もあります。

 

そこで、ここでは日傘は何色がいいか?

 

紫外線カットや涼しさ対策の効果は白と黒どっちが良いのかについて解説していきますね。

スポンサーリンク

 

日傘(ひがさ)は何色がいいか

 

日差しを遮るために、日傘(ひがさ)を使おうと考えている方も多くいるかもしれません。

 

そのような方が気になる点の1つが、何色のものを選べばいいかという点でしょうね。

 

選ぶ色に応じて紫外線カット涼しさに違いが出ると感じる方もいるでしょう。

 

そこで実際に色を考えていくときには、状況ごとにおすすめのものを理由も含めて検討していくことが大切です。

 

見た目の印象だけではなく理由も含めて把握していくことも大事です。

 

納得したうえで自分が利用する日傘を選ぶことにつながります。

 

 

もちろん見た目の問題だけではなく、使いやすさなどの点も考慮して日傘を選ぶこともポイントの1つです。

 

例えば晴雨兼用のものを選ぶことで、晴れているときだけではなく急な雨にも対応できます。

 

また折りたたみタイプであれば、荷物の邪魔にならずに傘を持ち歩くことにつながります。

 

さまざまな商品の種類があるからこそ、色の選択肢も含めて自分に合ったものを選択できるように考えていきましょう。

日傘(ひがさ)の紫外線カット対策に効果的な色

 

紫外線カット対策として日傘(ひがさ)を利用している方も多くいるでしょう。

 

お肌の老化につながる紫外線が起こす光老化を防ぐために必要なアイテムですね。

 

そこで問題になるのが、効果的に紫外線をカットできるのはどのような色のものなのかという点です。

 

結論から言えば、日傘の白と黒では紫外線のカット率は黒い色のほうが効果的です。

 

このように日傘は色の違いに応じて、紫外線のカット率が変わってきます。

 

違いを考慮したうえで、効果が高いものを選べるように考えていきましょう。

スポンサーリンク

日傘(ひがさ)の白色と黒色の紫外線透過率

 

実際に日傘の色の問題を考えていくときのポイントになるのが、紫外線透過率になります。

 

この紫外線透過率というのは、同じ厚み・材質の生地を利用した際に色の違いで紫外線が生地をすり抜けるのか割合を表した数値になります。

 

紫外線透過率の違いを考えてみた場合、高いのは白で約19%です。

 

数値が低い黒だと通過率は2%以下という結果になります。

 

測定法によって結果は前後することもあります。

 

ですが、数値を見るだけで透過率には違いが存在していることがわかります。

 

一般的に透過率で考えた場合、明るいカラーほど紫外線が通過しやすい傾向が見られます。

 

 

一方で黒のような暗い色であれば、紫外線は通りにくいです。

 

このような理由から、日傘(ひがさ)を選ぶのであれば白よりも黒を選ぶほうがおすすめです。

 

 

ただし黒のものを選べばそれだけで安心と考えないことです。

 

日傘そのものに注目して購入するときは商品を選ぶことも忘れてはいけません。

日傘(ひがさ)のコーティングや遮光シートの効果

商品選びのポイントとなるのが、コーティングや遮光シートなどの存在です。

 

コーティングや遮光シートが貼ってある、もしくは生地が厚いなどの加工がしてあるものは紫外線が防ぎやすくなります。

 

何らかの遮光加工がしてあるものであれば、白の日傘も高いUVカット効果が期待できるという点を押さえておきましょう。

 

一方で紫外線遮光加工がしてあるものを選びたいという場合、注意が必要な点も存在しています。

 

その注意点というのが、加工がしてあるものは生地が厚くなるため傘本体が重くなるという点です。

 

長時間重い傘を持ち歩くと疲れてしまうということもあるでしょう。

 

気軽に持ち歩ける折りたたみ傘を購入するのであれば、加工の有無に注目するより紫外線カットの効果が高い黒を選ぶのも1つの手です。

 

生地が厚いと開閉もしにくくなるため、折りたたみ傘の日傘には黒が適しています。

日傘(ひがさ)の涼しさ対策に効果的な色

 

日傘(ひがさ)は紫外線対策だけのものではないです。

 

黒よりも白などの明るい色のほうが、見た目的にも涼しく感じやすいものですね。

 

実際に日傘を使っているとき、黒より白系のものなら見た目が涼しいと感じる方も多くいます。

 

 

そのような見た目の印象も涼しさ対策には大切という点を押さえておきたいですね。

 

なので、どのような色の日傘がいいのかは、これらも踏まえて考えて購入することをおすすめします。

 

では、涼しいという点を考慮して日傘を選ぶ場合、どのような色のものが適しているのでしょう。

 

熱を感じやすくなる赤外線の影響を少なくするためには、光を跳ね返す白のような明るい色が適しています。

 

 

少しでも涼しく過ごしたいと考えているのであれば、光を跳ね返すという理由から白のような明るい傘を選ぶのも選択肢の1つです。

 

紫外線対策なら黒、赤外線対策なら白と言われると、どのようなものを選んだらいいのか迷ってしまう方もいるでしょう。

 

白の日傘(ひがさ)でも紫外線のダメージをある程度は防げます。

 

日焼け止めなどと併用して涼しさ対策を優先したいなら白というように考えていくのも1つの手です。

 

直射日光を遮り涼しさ対策という形でも利用できるアイテムですね。

 

このときに注意が必要となるのが、紫外線対策のために黒のものを選びたいという場合です。

 

 

紫外線対策には効果的な黒ですが、この色は光を吸収するという役割があります。

 

光を吸収して紫外線による肌のダメージは防げるものの、黒は赤外線も吸収してしまいます。

スポンサーリンク

 

赤外線も含めて吸収すると熱を持つので注意が必要です。

 

傘そのものが熱を持ってしまうと涼しさ対策には向かなくなってしまうので注意が必要です。

 

また対策の優先順位を決めるのではなく、紫外線と涼しさの両方の対策に期待できるタイプのアイテムを探すのも選択肢の1つです。

完全遮光の日傘の効果

また紫外線対策が大切だとわかっていても、白のような涼しい色の日傘を使いたいという方も多く見られます。

 

そのような場合には、完全遮光のものを購入して涼しげなカラーのものを選択するという方法もあげられます。

 

最近の日傘(ひがさ)は紫外線遮蔽率(しゃへいりつ)の高い素材が普及しています。

 

UVカット率99%というような商品も増えてきています。

 

高いUVカット率があるアイテムなら、涼しげなカラーを選んだうえでしっかりと紫外線対策も含めて行うことが可能です。

 

 

そして涼しさ対策というのは、実際の効果だけではなく見た目の印象も大きく影響するという点を押さえておきましょう。

 

もちろん見た目の印象だけではなく、紫外線や涼しさ対策の効果を考えて置くことも大事です。

 

どのような日傘(ひがさ)が自分に合っているのか検討することも忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

日傘(ひがさ)の裏表が異なるカラーの効果

 

日傘(ひがさ)は一般的な場合は、傘の表と裏は同じ色が使われています。

 

しかし異なるカラーで作られているケースも中には見られます。

 

紫外線と涼しさの両方の対策を行うために外側が白で内側が黒の日傘を選ぶという方法があげられます。

 

外側を白にすることで赤外線を跳ね返して少しでも涼しい環境で過ごしやすくなります。

 

そして内側が黒のものなら、照り返しなどによる紫外線のダメージを最小限に抑えられます。

 

状況に合わせてどのようなものが適しているのか考えていくようにしましょう。

 

 

裏面は気にしなくても問題ないと思っている方もいます。

 

しかし、紫外線カットを目指すならばしっかりと確認することが欠かせません。

 

裏側も確認するべき理由というのは、特に都市部の場合には建物や地面から反射した紫外線で肌がダメージを受ける可能性があるからです。

 

 

反射した紫外線のダメージを防ぐために、傘の内側の色は黒を選ぶことが大切です。

 

白など明るめのカラーを選ぶと紫外線によってダメージを受けて肌の美白から遠ざかってしまうこともあります。

 

細かい点まで確認したうえで、対策に適した日傘を選ぶようにしましょう。

日傘(ひがさ)は子供にも必要な理由と効果

 

日傘(ひがさ)が必要なのは大人だけと思っている方もいます。

 

しかし、子供にとっても日傘は大切なアイテムになります。

 

子供は日焼け対策などをしなくてもシミやシワができないので対策をしなくても問題ないと考えている方もいるでしょう。

 

しかし一生に浴びる紫外線の50%は、20歳になるまでに浴びています。

 

そして紫外線の影響は体内で蓄積されていきます。

 

小さな子は影響がなくても大人になってから肌トラブルにつながる可能性があります。

 

このような理由から、20歳になる前からしっかりと紫外線対策を行うことが欠かせません。

 

 

実際に子供も日傘を使うことが大切と言われても、本人の必要性を理解してもらうのは難しくなります。

 

小さな子は大人よりも皮膚が敏感で紫外線に当たると炎症ややけどを起こす恐れもあります。

 

大人になる前からその点を理解しているケースは少なくなりません。

 

そこで小さなうちから紫外線の恐ろしさや日傘(ひがさ)の有効性をしっかりと教えるようにしましょう。

 

対策の必要性を本人が把握することで、肌トラブルを防ぐことにつながります。

 

また地球温暖化などの影響から、夏の暑さというのは年々過酷な状況になっています。

 

毎年のように最高気温が40度以上になる観測点も出てきています。

 

 

暑さ対策というのは夏にとって大切なポイントの1つですね。

 

このとき、もうひとつ忘れてはいけないのが、地面に近いほど温度が高くなるという点です。

 

そのため小柄な子供であれば、大人よりも熱の影響を受けやすくなります。

 

大人の顔の周りは気温と同じ30度くらいでも、小さな子だと38度程度と温度の感じ方に違いが見られます。

 

温度調節を少しでもしやすくなるように日光から感じる暑さを防げる日傘を使うことが大切です。

 

子供にも日傘が必要だと注目されていることから、キッズパラソルとも呼ばれる子供用の日傘も多く市販されています。

 

キッズパラソルを利用することで幼稚園くらいの子でもしっかりと対策を行うことが可能です。

 

 

紫外線カット効果がついていることで、小さな子の肌を傷つけることなくきれいな状態に保ちやすくなります。

 

キッズ用のものならデザインも可愛い日傘(ひがさ)が多く販売されています。

 

また、幼稚園くらいの子でも使いやすいというのがポイントの1つです。

 

実際にキッズパラソルを探してみると、さまざまなデザインのものが販売されています。

 

 

使う本人の希望を聞きながら、好みのものを探して使ってもらいやすくするのも1つの手です。

 

本人が意識して使うことが大切だからこそ、日傘のデザインを重視して選ぶことも忘れないようにしましょう。

 

 

子供にも紫外線対策が必要だといっても、本人が意識しないとしっかりと対策を行うことはできません。

 

紫外線対策が大切な理由をしっかりと教えたうえで、アイテムを使う習慣を身につけられるようにしましょう。

 

小さなころから対策を行う習慣が身についていれば、紫外線によるダメージの蓄積を防ぎやすくなります。

 

紫外線のダメージの蓄積を防ぐことで、大人になってからもきれいな肌が保ちやすいでしょう。

日傘(ひがさ)は何色がいいかのまとめ





紫外線カット対策を考える場合には、日傘は何色がいいか考えたことはありますか?

 

紫外線対策に効果的なおすすめの色となるのが黒になります。

 

ただし紫外線カット対策には適している一方で、黒は涼しさ対策には向かないので注意が必要です。

 

黒は赤外線を吸収してしまうため、日傘そのものが熱を持ちやすくなる傾向にあります。

 

そこで涼しさ対策を考えるのであれば、白など明るい色を選ぶのも1つの手です。

 

最近は、遮光効果つきの日傘(ひがさ)も増えています。

 

そのような機能が期待できるアイテムを選択するという方法もあります。

 

また日傘は大人だけが使うものというイメージを持っている方も多くいます。

 

しかし大人だけではなく、子供が使うことも大切です。

 

子供にも必要な理由の1つが、紫外線のダメージは蓄積して大人になってから影響が出る可能性もあるという点です。

 

小さな子は日傘を使う習慣がないので大人が必要性を教えてしっかりと対策が行えるようにしましょう。