ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費を知ることで、これから購入を検討する場合の判断材料の1つが得られます。

 

車を楽しむ上でのコストですから、しっかりと把握しておくことが大切です。

 

また、価格の相場と高く売る方法についても、今後の維持や売却といった決め手になるはずです。

 

価値が上がれば利益になりますし、逆に手放さずに愛車として楽しむことも可能です。

 

いずれにしても、判断材料を手にするのは良いことですから、情報を獲得してお得な結果が得られるようにしたいものですね。

 

維持と売却の分岐点の把握は、所有者にとって重要だといえるでしょう。

 

ここでは、ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費について詳しく解説していきます。

 

また、価格の相場と高く売る方法についても紹介しますね。

スポンサーリンク

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古は、数千万円の価格帯が平均で、この購入費に加えて更に維持費が発生します。

 

年間走行距離が1万kmの場合、ベントレーコンチネンタルGTの所有と維持には、250,000円~500,000円超の費用が掛かると結論づけられます。

 

勿論、駐車場代も考慮することになります。

 

保管時に雨風やいたずら防止も必要になるので、安心して預けられる駐車場を選ぶことが重要です。

 

ベントレーコンチネンタルGTは、日本車にはない外観と高級感溢れるオーラを身にまとう車です。

 

目立っていたずらされないように気をつけたいところです。

 

価格帯は紛れもなく高級車ですから、中古といえども新車のように扱い、大切に維持することが望まれます。

 

ベントレーコンチネンタルGTを購入できる資金力がある方なら、年間維持費の負担はそれほど大きくはないでしょう。

 

 

ただ、背伸びをして何とか中古に届くくらいの資金力や経済力だと、約500,000円はばかにできないです。

 

根っからの車好きで、憧れのベントレーコンチネンタルGTを第一に考えられる方であれば、高額な維持費を支払うのも不可能ではないはずです。

 

幸いなことに、車検が必要ない年は維持費が大幅に下るので、負担が軽くなって楽になります。

 

中古なので、状態によってはメンテナンス面で費用が発生するものと考えられます。

 

その為、メンテナンス費用が掛かりにくい状態の良い車両を選ぶことが、購入後の費用に関わってきます。

 

ベントレーコンチネンタルGTの価格帯からすると、傷みの激しい個体にあたることは稀ですが、念入りに確認して購入を検討しましょう。

 

ここからは、ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費に関する詳しい内訳の解説をしていきますね。

スポンサーリンク

ベントレーコンチネンタルGTの中古の燃費

 

燃費は市街地でリッターあたり4.6km、郊外で10.2km、混合で7.0kmというのがカタログスペックです。

 

車はこの燃費が維持費の基本になってくるので、年間走行距離と照らし合わせて、年間費用を算出する必要があります。

 

車の年間走行距離の平均は1万kmといわれています。

 

混合で算出すると必要な燃料は約1429Lで、ハイオクの全国平均単価を掛けると費用は194,344円です。

 

これは2020年7月現在のハイオク価格を用いた計算で、リッターあたりの単価が約136円で算出した場合の金額です。

 

 

ガソリンをレギュラーに変更したり、年間走行距離が半分くらいになれば、かなり維持費も変わってくるでしょう。

 

しかし、中古も燃費に関する部分は新車同様です。

 

メンテナンスが行き届いていないと老朽化した分だけ燃費が落ちると思われます。

 

その点を踏まえれば妥当なところです。

 

中古のベントレーコンチネンタルGTの購入を検討するのであれば、最初に燃料費の算出をおすすめします。

ベントレーコンチネンタルGTの中古の税金や保険

 

車の購入や維持には、やはり税金や保険も無視できない維持費に加わります。

 

新車にはいわゆるエコカー減税というものがありますが、ベントレーコンチネンタルGTは対象ではないので注意が必要です。

 

5,998ccの排気量から自動車税を算出すると年間88,000円、約90,000円を納付することになります。

 

更に自動車重量税が掛かり、こちらは2,360kgの車両重量から2.5t以下に該当することで、61,500円が課せられます。

 

自動車重量税は納車時に納めますが、車検が残っているのであれば負担せずに済みます。

 

加入義務がある強制保険とも呼ばれる自賠責保険は、地域によって料率区分が異なりますが、25ヶ月の加入で約27,000円の負担です。

 

ちなみに、乗用車の扱いなので高級車も外車も関係なく、料率区分と保険期間で保険料が決まります。

ベントレーコンチネンタルGTの中古の点検費用

 

当然ですが、中古は整備が重要になってきます。

 

ベントレーコンチネンタルGTともなればしっかりとした点検が不可欠です。

 

点検は車の状態や依頼する相手によって費用が左右されますが、法定点検費用の目安は約80,000円~90,000円です。

 

車検整備費用は約150,000円といったところで、整備費用が約100,000円、代行費用が約50,000円ほどとなります。

 

交換修理が必要な場合は、ケースによって別途パーツ代が発生します。

 

しかも、車検費用の重量税や自賠責、印紙代は別料金なので気をつけましょう。

ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費の合計

 

このように燃料費と自動車税、自動車重量税に自賠責と印紙代、車検整備費用などを加えて維持費を算出することになります。

 

燃料費は年間1万kmの走行で約200,000円、自動車税は約90,000円、自動車重量税は約60,000円で計算できます。

 

自賠責保険は25ヶ月で約27,000円、印紙代は1,000円程度で、車検整備費用は約150,000円です。

 

合計すると最低でも528,000円の維持費が掛かることが分かります。

 

ただし、車検は毎年必要ではないので、車検がなければ半分近くまで年間維持費が下がります。

 

車検整備費用はパーツ代を除くこと、タイヤやオイル交換は計算に含まないことを考慮する必要はあります。

 

これにより、おおよその目安を知ることができます。

ベントレーコンチネンタルGTの中古価格の相場

スポンサーリンク

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古価格は、その時の相場によりますが、大体2,500万円~3,000万円の間で取引されています。

 

平均価格は2,700万円あたりですから、新車とほぼ変わらない価格で流通している形です。

 

ベントレーコンチネンタルGTほどの高級車だと、僅かな傷やヘコミでも評価に影響します。

 

つまり、傷ありの個体を許容できるのであれば、2,000万円未満や1,000万円台での購入も夢ではなくなります。

 

オプションの有無やグレードも関わってはきますが、決して夢のまた夢の車ではないのは確かです。

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古には、数百万台のものもあります。

 

 

ただし、これは走行距離が長く、見た目以上に内部が傷んでいる可能性があるのが理由です。

 

中古は外から見ても全体は把握できないので、どのような乗り方が行われてきたか分からない事があります。

 

そのため、見えない部分まで確認して購入を検討することが肝心です。

 

万全を期すなら、走行距離が短く価格も相場の平均に近い、2,000万円台半ばが狙い目です。

 

ところが、それだと新車とあまり変わらなくなってしまうので、必然的にお得感は減少します。

 

裏を返せば、中古でも新車に近い人気がある証拠で、お得感は小さくても喜ぶべき市場評価だといえます。

 

1万km以上の走行距離を許容できるのであれば、1,000万円台の中古車が手の届く範囲に降りてきます。

 

 

案外、1万km台で手放す方は少なくないので、このあたりの走行距離の車両にお得感があるでしょう。

 

1万km~3万km台の相場は1,000万円半ばといったところです。

 

これは、新車に近い車両と比べてかなり現実的な金額となります。

 

1,000万円を切る車両については、走行距離が増える分だけ、ボディの傷みエンジン足回りのダメージが懸念されます。

 

メンテナンス費用を加えると、結局は走行距離の短い車両と比べてそれほど差は感じられなくなります。

 

安心して乗る為には、相応のコストが発生します。

 

ベントレーコンチネンタルGTに必要なコストと考えて一定金額以上の負担に納得することが大事です。

 

実のところ、ベントレーコンチネンタルGTはボディカラー仕様オプションといった要素がとても価格に響いてきます。

 

状態だけでなく、ボディカラーの人気や付属品で金額が上下します。

 

同程度の状態の車両同士でも結構違ったりします。

 

相場は嘘はつきませんが、相場を参考に車両を良く見て、十分に納得してから購入することが大切なのは間違いないです。

スポンサードリンク

ベントレーコンチネンタルGTの中古を高く売る方法

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古を高く売るには、いくつかのポイントを踏まえてその方法を実践するのが得策です。

 

中古相場の動向に着目すると、走行距離の長いベントレーコンチネンタルGTは価格が下落傾向です。

 

対策としては、早めに手放すことを検討すべきでしょう。

 

一方、ボディカラーは無難な色が理想的です。

 

ボディの傷みが増えたり深くなる前に査定を受けた方が、必然的に評価額は高くなります。

 

中古の購入時の状態の個体差が大きいですから、良い個体を掴めるかどうかが売却時の価格に響きます。

 

ベントレーコンチネンタルGTの中古の購入希望者の気持ちになって考えてみると分かりますね。

 

傷だらけのボディなら憧れの車であっても欲しい気持ちが薄れます。

 

 

つまり傷は購入意欲の低下に繋がるので、中古車販売のお店は査定時にボディの傷みを念入りにチェックします。

 

屋外を走行する以上、どれだけ大切に乗っていても傷はつくので、査定を受ける前にボディをきれいにした方が一般的には良いと思いがちです。

 

ところが補修だと費用が掛かります。

 

また、査定の減額分を上回ることもあり得るので、安易な補修は避けたいところです。

 

錆が進行するほどの傷やヘコミであれば、補修した方が良いこともあります。

 

ですが、ケースバイケースなので信頼できる相手に要相談となります。

 

ベントレーコンチネンタルGTに限らず、車は需要によって流通価格が変化します。

 

高く売るには手放すタイミングも重要になってきます。

 

毎日相場をチェックしていると、変動するタイミングが見えてきます。

 

 

後は納得の価格のタイミングで査定を受ける感じです。

 

高額査定を追求したいのであれば、ベントレーの専門店に持ち込んでみることです。

 

または、複数の買取店の査定を比較して、最も高く評価したお店を選ぶのが良いでしょう。

 

専門店は特定の車種に精通しています。

 

多くの車両を見てきた経験があるので、査定に関して信頼や期待が持てます。

 

一括査定は相対的な評価に有用で、より良い買取条件を手にするのに役立ちます。

 

中古車買取販売業界では、商品を確保する為に少しでも買取価格を高くする切磋琢磨の競争が行われています。

 

 

一括査定を依頼すると、意外に価格差があって上と下の開きが見られます。

 

なので、複数の相手に査定を出してもらうことは欠かせないです。

 

査定に出す前には、ボディや足回りをきれいに洗車して、車内もごみや汚れを残さないように清掃するのがおすすめです。

 

見た目の印象は思いの外重要ですし、使用感が感じられない車両ほど評価額は上がる傾向にあるものです。

ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費?価格の相場と高く売る方法!のまとめ




ベントレーコンチネンタルGTの中古の維持費は、年間250,000円~500,000円超の範囲です。

 

燃料費が年間費用の大部分を占めますが、車検整備費用も負担が大きいので、車検の有無でかなり変わってきます。

 

価格の相場については2,500万円~3,000万円が目安で、新車に近い価格帯で流通しています。

 

ただし走行距離が増えると価格帯は1千万円台くらいに下がるので、このあたりがお得に購入する目安となるでしょう。

 

逆に高く売る方法は、走行距離が増えたり大台に乗る前に査定を受けたり、傷やヘコミのない状態で手放す正攻法が挙げられます。

 

ベントレーコンチネンタルGTであれば、専門店で査定を受けたり、一括査定で好条件を追求することができます。

 

下手に傷直しをすると、査定に悪影響を及ぼしたり補修費用の方が高くなってしまうので、判断が難しい場合は要相談です。

 

ボディの拭き掃除や車内清掃なら心配はありませんから、きれいにして査定を受けましょう。