カニカマの食べ比べとコスパ比較7選!選び方やつまみと離乳食のおすすめも

飲食

カニカマの食べ比べやコスパ比較を事前にしたうえで、最も良いと感じられるものを購入するのが得策です。カニカマはつまみや離乳食のおすすめに挙げられることも多いです。それを知ると、いろいろ活用したくなってきますよね。

 

スーパーに行ったときにカニカマを買ってみようと思うこともあるでしょう。しかし、やみくもにかにかまを選ぶのは良くありません。なぜなら、食べごたえやコストパフォーマンスが商品によって異なるからです。

 

したがって、具体的にどうすれば良いのか分からない場合もあるでしょう。そこで今回はカニカマの比較やコスパに役立つ情報7選の紹介や選び方のコツなども詳しく紹介していきます。

カニカマの食べ比べ7選

ここではカニカマの食べ比べに適した商品7選の特徴についての紹介に入りますね。

活(いき)

1つ目は「活」というカニカマで、これは一般的な形状である棒タイプのものです。少し生の香りがしますが、神経質な人以外はあまり気にならないでしょう。かなり弾力があるので、歯ごたえがほしい人にはぴったりです。

 

「活」の特徴は塩分が少し強いですが、旨みも十分にあるので塩辛く感じることは少ないでです。サラダに包んで食べるとさらに食感がアップします。

CGCサラダフレーク

2つ目は「CGCサラダフレーク」で、ズワイガニが3%も入っていることが特徴です。カニ独特の香りは弱めですが、食べごたえとしては決して悪くありません。なぜなら、歯で噛むとカニのテイストが口の中で広がるからです。

 

「CGCサラダフレーク」は水分が多めなので、旨みの成分が溢れ出ることも体感できるでしょう。繊維が細くて口内でほどけるのも心地よいです。

くらし良好海からサラダフレーク

3つ目は「くらし良好海からサラダフレーク」であり、こちらは1%のずわいがにが入っています。真空パックに入っていて、少し押しつぶされた感じです。しかし、味は悪くないので見た目で判断してはいけません。

 

「くらし良好海からサラダフレーク」なら水分が控えめな分だけ弾力があって、噛みごたえを求める人にぴったりです。ほぐしにくいと面もありますが、口の中でばらばらになる過程を楽しめるというメリットがあります。

香味焼(こうみやき)

4つ目は「香味焼」で、こちらの特徴は焼きがに風味であることです。とにかく肉厚がすごくて、弾力においてはトップクラスといっても過言ではありません。「香味焼」は香り自体はあまり強くありません。

 

ですが、口の中で噛んでいるとカニならではの旨みは十分に感じられます。ボリュームがないと物足りなという人にうってつけであり、小食の人はこれを5つぐらい食べると満腹になるかもしれません。

大ぶりカニかま

5つ目は「大ぶりカニかま」で、こちらも文字どおりボリュームがあります。メインディッシュとして使えるぐらいの存在感であり、水分の含有量が多いことも特徴となっています。「大ぶりカニかま」は、まさにジューシーという表現がぴったりの一品です。

サラダスティック

6つ目は「サラダスティック」で、こちらは上記の商品たちとは異なる食感となっています。弾力がなくて柔らかいので、あまり噛みたくない人に良いでしょう。厚みが少ないので男性は物足りないと感じるかもしれません。

 

しかし、「サラダスティック」でしたら少しだけ食べたいという女性は高い評価を付ける傾向があります。なお、塩分が控えめであることも食べやすいポイントです。

減塩サラダファミリー

7つ目は「減塩サラダファミリー」で、こちらも名前のとおり塩分が少ないです。一口サイズなので少しだけ食べたいときなどに向いています。「減塩サラダファミリー」は、すり身に近いのであまり噛まなくても食べられるでしょう。

カニカマのコスパ比較7選

カニカマを選ぶときはコスパ比較も忘れてはいけません。その観点で特に優れている7選を挙げていきます。

カネテツほぼカニ

1つ目は「カネテツほぼカニ」であり、約270円で90gとなっています。グラム当たりの単価はそれほど安いわけではありません。

 

しかし、名前のとおり「カネテツほぼカニ」は本物のカニのように感じられる味わいなので、それを考慮するとかなりお得です。味を重視しない人は避けたほうが無難ですが、味にこだわるなら有力な候補になります。

フジミツサラダがジューシー

2つ目は「フジミツサラダがジューシー」であり、約100円で約60gとなっています。上記の商品と比べると本物に近いわけではないですが、単体で見るとおいしさは及第点です。

 

「フジミツサラダがジューシー」は、何よりこの価格で購入できるので、日常的に食べたい場合に適しています。また水分が少ないので、身が詰まっている分だけお得感もあります。

フジミツいつもおいしいかに風味かまぼこ

3つ目は「フジミツいつもおいしいかに風味かまぼこ」です。こちらは約90円で約70gなので、単価としては2つ目よりも優れていることになります。4本入っているので使い分けしやすいことも特徴の一つです。

 

ただし、「フジミツいつもおいしいかに風味かまぼこ」1本あたりのボリュームは多くないです。なのでメインのおかずにしたい場合は2袋ぐらい買っておきましょう。つまみに使うなら1袋でも特に少なくはありません。

減塩サラダファミリー

4つ目は「減塩サラダファミリー」であり、こちらは約110円で50gほどです。名前のとおりサラダに使いやすいように加工されています。ですから、サラダの具として採用するならコストパフォーマンスは高いです。

 

「減塩サラダファミリー」は単体で食べる場合も低くはありませんが、極端に良いわけではないので注意しましょう。カロリーが控えめなので、ダイエットをしている人が食べた場合は評価がもっとアップするかもしれません。

ピュアふぶき

5つ目は「ピュアふぶき」であり、約140円で110gぐらいです。グラム当たりの単価は平均以上ですが、風味がとても濃厚なので、テイストを重視する人は安いと感じるでしょう。「ピュアふぶき」は甘さとコクが十分であり、たいていの人は価格以上の満足度を感じられます。

大ぶりカニかま

6つ目は「大ぶりカニかま」で価格は600円ほどです。高いと感じるかもしれません。ですが、「大ぶりカニかま」は約40gの塊が6つ入っているため、決してコストパフォーマンスは低くありません。

大人のカニカマ

7つ目は「大人のカニカマ」で約180円で5本入っています。カニの太い足が再現されており、とてもボリュームがあるので、価格の割に満腹感を得られるでしょう。「大人のカニカマ」は味わいは上品なので高級志向の人にも合っています。

カニカマの選び方

カニカマの選び方のポイントは用途を十分に考慮することです。さまざまなタイプの商品が存在し、それぞれの得意分野も異なるので、適材適所を心がけて使用することが重要になります。子どもや自分の好きな食材と組み合わせながら、いろいろ試してみると良いでしょう。

カニカマのつまみのおすすめ

カニカマをつまみに使うなら、あまり味が薄すぎるとおいしく感じられません。特にアルコール濃度が高いと酒の風味に負けてしまい、口に入れても何を食べているのか分からなくなるケースもあります。

 

だからといって、あえて塩分の多いものを選ぶ必要はありませんが、減塩と書かれたタイプのカニカマは避けたほうが無難です。また、調理が面倒ならスティックタイプを選択しておきましょう。

 

もしくは一口サイズにカットしてあるカニカマもおすすめです。いずれも手軽に食べられるので、仕事から帰ってすぐに晩酌したいときなどに向いています。一方、手を加える余裕があるなら、どのようなタイプを選んでも特に問題はありません。

 

たとえば、ばらばらにして豆腐の上に置くだけで、料亭で食べる前菜ののような仕上がりになります。野菜との相性も抜群であり、カットしたきゅうりと非常にマッチします。しっかり酢であえると、やはり料亭で出されるような上品な味わいを出せます。

 

また、シンプルな料理としては枝豆と一緒に焼くという方法もあります。両者が互いに味を移し合い、全体的に香ばしいテイストになることが特徴です。もう少し凝りたいならアスパラと混ぜてそこに明太子をかけて最後にチーズをかけて焼きましょう。

 

調理に5分ほどかかりますが、ビールと非常に合うのでやってみる価値はあります。季節の野菜と合わるというテクニックを使うと、さらに高級なおつまみとして存在感がアップします。

 

春キャベツと一緒に刻んでコールスローを加えると、かなり食べごたえのあるつまみの完成です。彩りも素晴らしいので、庭先でそれを眺めながらお酒を飲むと風情を感じられます。

 

上記は比較的簡単に作れるのでおすすめですが、自分の発想次第でいくらでもアレンジは可能です。

カニカマの離乳食のおすすめ

カニカマを離乳食に使いたいなら、すり身に近いタイプを選択すると良いでしょう。もちろん、そうでないスティックタイプなどを購入して、自分ですり潰すという手もあります。しかし、その方法は手間がかかるうえに失敗すると旨みが失われてしまう恐れがあります。

 

ですから、基本的には最初からすり身に近いタイプのほうが適しているのです。ただし、幼い子どもに与えることを考慮すると、それだけで判断するのは良くありません。なぜなら、そのような子どもに過剰な塩分を与えるのは良くないからです。

 

したがって、「減塩」などと明記されている商品を選ぶことがセオリーになります。世の中のヘルシー志向に後押しされた形で、以前と比べてそのようなタイプの商品が増えてきました。離乳食に使う場合は原材料表示をチェックすることも忘れてはいけません。

 

添加物が入っているなら選んではいけないですし、アレルギーを引き起こす成分が入っていないことも確認しましょう。たとえば、カニエキスが原因になることもあるので注意しなければなりません。

 

さらに、賞味期限をチェックして、できるだけ新しいものを購入することもポイントです。いずれにせよ、いきなり調理するのではなく、全体に軽く熱湯をかけてください。これには消毒のほかに、添加物や塩分を落とす意味もあります。

 

後期であれば、あまりすり潰さず、卵と一緒に使ってカニ玉にするという手も有効です。水菜との相性も悪くないので、それらに砂糖と醤油を少し混ぜると、小さな子どもでも食べやすいおひたしを作れます。

カニカマの食べ比べとコスパ比較7選!選び方やつまみと離乳食のおすすめものまとめ

カニカマは簡単なように見えて、実はとても奥が深い食品です。したがって、グルメが趣味の人でも選び方が難しいと感じるのは不思議なことではありません。もし自分の中で明確な基準がないなら、食べ比べとコスパ比較を軸に選定してみると良いでしょう。

 

それだけでも失敗するリスクをかなり軽減できます。つまみとして使っておいしかったから、離乳食の食材としても優れているとは限りません。つまみと離乳食など、用途ごとにおすすめの商品が変わることもポイントです。

 

各用途に求められる特徴を踏まえたうえで、それに応えられる商品を選ぶことが求められます。さらに、調理の仕方を調べておくことも重要です。食感や風味がユニークであり、特徴を理解することで活用しやすくなります。

 

アレンジの幅が広い食品なので、さまざまなバリエーションを楽しめるようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました