引っ越しに軽トラのレンタルはあり


引っ越しで軽トラをレンタルしてやる積み方ですが単身者や2人世帯など家族数が少ない場合はおすすめです。

 

軽トラをレンタルして自ら搬出から搬入作業を行うと、かなりの節約を行えます。

 

ただし、置く順番荷物の積み方、最後に崩さない方法を前もって把握することは非常に重要です。

 

これらを踏まえて行えば専門業者に任せる方法の最安値よりも万単位の差額が生じることもあります。

 

なお、軽トラを運転中には荷物を落下させてしまうと破損する恐れもあります。

 

他人に対して補償問題に発展する可能性もあります。

 

そのためにも、きちんとした知識や技術を把握することも重要です。

 

ここでは、引越しを軽トラをレンタルしてやる方法について解説していきます。

 

また、積み方と荷物の多いときの置く順番や崩さない方法なども紹介していきますね。

スポンサーリンク

 

引越しで軽トラをレンタルしてやる積み方

 

軽トラのレンタカーを借りて引越しを検討する際には、作業においては積み方をきちんとレイアウトしておくと安心です。

 

荷物が少ない場合は、意外と誰でも簡単に作業も行えます。

 

ですが、荷物を見た場合に多いと感じるような場合もありますよね。

 

一定の知識を得ておくと1度で作業を終わらせることができ、時間短縮にもつながります。

 

その結果として軽トラのレンタカー代を安くできるメリットもあります。

 

軽トラは、トラックに分類できるもので後部に荷台が取り付けられている車種が該当しています。

 

軽トラックの場合は普通自動車の免許があれば誰でも乗ることができます。

 

 

全国各地で営業中の軽自動車を使った運送業の場合は後部は箱型で屋根も取り付けられたものが多いのです。

 

今回は、このタイプの車種ではなく屋根が存在しない軽トラックを利用することが大前提です。

 

なお、軽トラの荷台は床面積が規格上決められています。

 

このため、車種のメーカーを問わずに同一規格のものがメインです。

 

荷物の積み方は、通常の範囲であれば多くの方が直感的に作業は進められます。

 

単身者や2人家族の場合は冷蔵庫ベッドテレビや他の家電製品、少しの家具類生活用品雑貨類などが主と思います。

 

 

それらをまとめた段ボールが約10箱程度のケースが多いと考えられます。

 

この範囲であれば最も大きなベッド、次に冷蔵庫の配置を考慮することです。

 

後は空いているスペースに自由に積むことも間違いではありません。

 

ベッドは基本は横倒しで積む方法になり、荷台の両端のどちらかにフェンスのように積む方法が一般的です。

 

冷蔵庫の取り扱いは注意が必要とされ、横倒しにしてはいけません。

 

必ず垂直に立てて積むことが必要になります。

 

運転中に倒れてしまうことが無いように最初に奥側、つまり運転席キャビンの真後ろに積む方法が確実です。

 

 

テレビや他の家電製品に対しては、普通の荷物の量ではぶつかってしまうことは少ないとも考えられます。

 

しかし、移動中に振動や予期せぬ力が加わってしまう可能性はゼロではないです。

 

なので、積む前にはある程度の梱包作業を行っておくと便利です。

 

このように各荷物について輸送中に傷が付いてしまうことも心配の種となります。

 

傷を絶対に付けない確実な方法で運びたいと思うものです。

 

そこで、荷台の下にカーペットを敷く方法と全ての荷物に緩衝材を利用する方法で問題は全てクリアできます。

 

 

輸送中は荷物が動いてしまうと不安定な状態に陥ってしまいます。

 

そのため、できるだけ空きスペースを作らないという積み方を工夫することも肝心です。

 

例えば段ボールがいくつもあるという場合では、コンパクトで軽量でも上に積み重ねる方法はおすすめできません。

 

もしも空きスペースがあれば敢えて上に積まずに隙間を埋めるように単体で積む方法がベストと言えます。

 

なお、軽トラをレンタルして引っ越す場合、フルで1日間を借りたとしても1万円以内で済ませられる会社も多くあります。

 

これは、経費的な面でもかなりの節約を行える引越し方法ではないでしょうか。

スポンサーリンク

引越しで軽トラをレンタルしたが荷物が多いときの置く順番

 

2人家族以上の方がレンタカーで軽トラを借りて自らの手で引越しをする際によくあるのが荷物の量の誤算です。

 

引越し前に元の自宅で荷物の梱包作業を行っていると意外と荷物が多いという環境にあることも決して少なくはありません。

 

軽トラの荷台は最大積載量があり350キロ程度が目安です。

 

 

重量に関しては普通の荷物を集めても、この範囲を超えることは考えにくいです。

 

なので、あまり気にする必要性はありませんね。

 

それでも、荷物が多い場合は積み方を工夫することが欠かせません。

 

 

軽トラに荷物を置く順番を事前にある程度シミュレーションしておくことが良い積み方の方法に繋がります。

 

そのコツを知ると作業をスムーズに行えます。

 

置く順番は実際には人により違いがあることは事実です。

 

荷物をチェックした際に、サイズが大きなものを優先的に配置を決めることは決まり事です。

スポンサーリンク

 

小さな荷物を先に奥から積んでしまうと当然ながらサイズの大きなものを置くスペースが無くなります。

 

優先したい順番は、ベッドがあれば両サイドに横にして積む方法が良いです。

 

 

もしも脚を外せる場合は事前に外しておくことも忘れずに行いたい作業となります。

 

軽トラでは荷台の上に置ける高さは約180センチ程度が原則です。

 

冷蔵庫も普通の大型タイプでもこの範囲を超えないものが多いです。

 

しかし、床面積に対しての高さがあることと同時に重さもあります。

 

加えて冷蔵庫を倒して移動させることはメーカーが推奨していません。

 

そのため、こちらも優先して先に積むことが正しい順番です。

 

冷蔵庫などの高さがあるものを荷台の後部に置いてしまうと走行中に落下してしまう危険性があります。

 

 

落下を回避するためにも奥側に積むことは基本と考えられます。

 

テーブルや椅子、キャビネットや食器棚などを積む際にも背の高いものは原則奥側となります。

 

それほど背は高くは無くても他の荷物よりも高さがある荷物は、両サイドの空いているスペースがおすすめです。

 

または、後部の煽り部分に密着させるように配置すると安定します。

 

要は奥側に重量があり背の高い冷蔵庫等を配置して、後は両サイドと後部を囲むようにして荷物を置きます。

 

どうしてもこのような方法でも積み切れないという場合では、両サイド用にコンパネを用意しましょう。

 

 

この方法であれば中央付近に空きスペースを広く取ることができます。

 

その後で、他の荷物類を隙間が出来ないように積むことです。

 

段ボール類を積み重ねても周囲の方が背が高い壁を作っていることでやりやすくなります。

 

これは、中央付近は積み放題の状態に仕上げることができる積み方です。

 

このような積載量を増やす工夫をする方法がおすすめです。

 

または、可能ならば無理をせず2回に分けて運ぶ方法のどちらかが効果的ではないでしょうか。

引越しで軽トラをレンタルしてやるときに荷物が多い場合の崩さない方法

 

自分の手で引越しをして経費節約を希望する際には、レンタカーでも借りることができる軽トラは非常に便利に使えます。

 

軽車両なので運転上の問題を感じることも少ないですね。

 

車両の幅が普通車よりも短いので、狭い道路を走行する際にも取り回しの良さを実感できます。

 

1度の輸送時に荷物が多いという場合では、積み方のテクニックや推奨できる壁を設ける方法でクリアすることができます。

 

ですが、最初は綺麗に積むことができたとしても実際に軽トラを走行させてみると荷崩れを起こしてしまうというリスクはゼロではありません。

 

そのため、荷崩れ防止はかなり重要な内容になります。

 

 

これがきちんと出来ていない場合は、荷物の破損や交通事故のきっかけを作ってしまう可能性も出てしまいます。

 

このように荷崩れは、非常に危険なことと判断できます。

 

きちんと基礎を学んだ上で適切に積むことができたとしても事故防止を行うために荷物を崩さない方法を実践することも欠かせません。

 

荷物の量が少なく走行中に倒壊や落下の危険性が無いという状態では不要な作業になります。

 

しかし、荷物が多い環境ではロープシートホローを使うことが必要です。

 

軽トラには荷台の前後と側面にはロープを通せる穴やフックが予め設けられていることが特徴です。

 

この便利な機能を活かしていくことです。

 

シートを荷物全体に被せた上でロープを用いてきつく締めながら荷台の左右の交互の穴やフックに引っ掛けていくことが最適な手順です。

 

 

シートを用いる理由は雨対策にも効果的です。

 

このシートが無い状態でロープのみで固定する方法は非常に難しい作業です。

 

シートで全面を覆うことで荷物が多い場合でも一体化させることができます。

 

その上でロープを巻き付けることにより走行中に完全に固定をすることができます。

 

 

これは、荷崩れや落下を未然に防げるテクニックです。

 

荷台の中央付近と後部に積んでいる荷物は通常では不安定な場所になることが多いものです。

 

そのため、ロープ・シート・ホローを上手く活用することです。

 

これらの物で強風や坂道でも問題の起きない積み荷に仕上げることが可能になります。

 

 

なお、冷蔵庫など重量のある荷物の場合は1人での作業は難しい場合も見受けられます。

 

それ以外の荷物の積載やシート張りからロープの固定作業は1人でも問題なく行える範囲です。

 

家族数が少なくても苦労することは考えにくい引越し方法です。

 

新居までの距離により荷物の運び方も変わる可能性はあります。

 

崩さない方法をマスターすると1度で済ませることも不可能ではありません。

スポンサードリンク

結び

引越しをレンタルの軽トラでやる積み方や荷物が多いときの置く順番や崩さない方法はお役に立てたでしょうか?

 

 

経費を浮かせるためにレンタルした軽トラで自ら引越しを終わらせようとする際には、荷物が少なければ誰でも簡単に作業は行えます。

 

ただし、荷物の量が多い場合や大きな家具類や電化製品がある場合もありますね。

 

このように荷物が多いときには、軽トラの荷台に置く順番の基本があります。

 

まずは、大きな荷物を先に積むことです。

 

更に中央付近にフリースペースを設ける荷物の積み方を実践しましょう。

 

両サイドと後部に荷物で壁を作り出す方法も効果的です。

 

荷物が多いときは最初は誰でも心配に感じたり、不安を感じるものです。

 

でも最終的には積載後に荷物を崩さない方法を用いる手段はあります。

 

主にシートとロープを駆使する手順があるので安定させられます。

 

これらのいくつものテクニックを事前に把握しておきましょう。

 

また、積み込みの際に徹底した作業を行うことで落下など事故防止も完全に無くすことができます。

 

付随(ふずい)する道具や資材も利用することができます。

 

荷台に敷くカーペットで傷防止や滑り止めを行えることも可能です。

 

さらに荷台の両サイドにコンパネを用いて積載量を増やすこともできます。

 

各荷物においては梱包資材を活用する方法も選択肢に入れると完璧ではないでしょうか。