風速

気象

風速10m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速10m(メートル)とはどのくらいの強さかといえば、人の行動に影響が出始めるほどです。もちろん、人だけでなく家屋などにも影響が出てきます。風速10m(メートル)とはどのくらいの強さなのか、予想される被害の目安についても詳しく解説します。
気象

風速25m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速25m(メートル)とはどのくらいの強さになるのか気になりますね?この風が吹くときの予想される被害の目安はどのくらいなんでしょう。実際に風速25m(メートル)の風が吹いてきたときの対策はどうするのか?風はどのくらいの威力なのかも解説。
気象

風速100m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速100m(メートル)とはどのくらいの強さなのか?この風で予想される被害の目安もどのくらいになるのでしょう。災害に対し自分自身を守るためには対策が必要です。風速100m(メートル)で必要な物には何があるか、どんな備えが大切かも説明します。
気象

風速80m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速80m(メートル)とはどのくらいの強さか?その予想される被害の目安は甚大です。どのくらいの威力か実際に発生してみないと分からないほどです。風速80m(メートル)とはどのくらいの威力になるかや予想される被害の目安と対策も詳しく解説します。
気象

風速70m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速70m(メートル)とはどのくらいの強さになるのか?その猛威をより具体的に知ることがポイントとなります。風速が70m(メートル)とはどのくらいの威力になるのかについてや予想される被害の目安と対策も詳しく紹介していきますね。
気象

風速200m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速が200m(メートル)とはどのくらいの強さなのか?予想される被害の目安と対策、必要な物などを解説していきます。まず風速が200mというのは自然現象ではほとんどありえない数字です。人間や車が吹き飛ぶのはもちろん、建物も全壊するレベルです。
気象

風速90m(メートル)とはどのくらいの強さ?予想される被害の目安と対策!

風速90m(メートル)の強さとは、気象庁の定義でいうところの秒速の数値。文字通り1秒間に90mの速さで駆け抜ける風です。記録として残るのは1966年に沖縄で発生した風速が約85m。それを目安に新たに対策や対応方法を構築する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました