気温40度とはどのくらいの暑さ?服装と予想される被害の目安や対策!

気温

気温40度とはどのくらいの暑さ?

 

気温40度とはどのくらいの暑さなのか?

 

気温40度とはどのくらいの暑さかを何かの暑さに例えると、蒸し風呂やサウナに閉じ込められたような感覚を感じたりする人もします。

 

 

また、夏の季節に焚き火をするような暑さやドライヤーの熱風を体全体にずっとあてているような状態に例える方も多いです。

 

日本国内でも年々夏場は気温が上昇し暑さを実感しているという方は少なくありません。

 

実際に気温40度を記録した地域は高知県など日本国内にもあります。

 

気温40度を体験した人の声には人間の体温である36~38度を超えるようになると、何をしていなくてもたまらなく不快に感じる方は多いようです。

 

今や世界中が温暖化の影響を受けています。

 

体感的にはどうなのかなどわからないという方も多いです。

 

ただ同じ40度以上であっても、砂漠地帯の空気が乾燥している地域であれば気温が40度~45度あった場合日差しを浴びると突き刺すような暑さを感じます。

 

ですが、日陰に入れば涼しくカラッとしているという特徴があります。

 

しかし日本のような湿度が80~90%もあるじめじめとした状態です。

 

この状態で気温40度を超えた環境になると体調が悪くなってしまい活動しにくくなるという状態になりやすいです。

 

このように同じ温度の高さでも湿度が高いか低いかによっても実際に感じる暑さは大きく異なるとされます。

 

つまり、住んでいる地域にあわせての気温40度の暑さ対策を行う必要があります。

 

気温が40℃を超える地域の一つにモロッコ中央部の都市であるマラケシュなどが挙げられます。

 

マラケシュで温度が45度以上となった時の住人の体験談では、温度が高いことで体の動きが鈍くなりやすいということです。

 

なお、意識がはっきりせずにぼーっとしてしまうので今何を考えているのか忘れてしまうことが多いという声があります。

 

長時間気温の高い外にいると脳がうまく働かないという感覚を覚えます。

 

気温40度での服装のおすすめ

 

気温40度を超えるような時期には、その気温に適した服装を身につけることです。

 

猛暑の時に着る服装のポイントは、体を締め付けすぎないものがおすすめです。

 

また、軽量で明るい色、そして綿素材の服を選ぶことにあります。

 

 

まず体を締め付けない服を選ぶ理由は、気温が高くなると体温調節のために体は汗をかきます。

 

そのため、ぴったりと体にフィットするような服だと汗が蒸発せず体が冷えないばかりか、熱がこもってしまう原因になります。

 

なので、肌と服の間に空気が入るくらいのゆったりとしたものを選ぶようにすると、汗をかいても蒸発しやすくなります。

 

また半袖の服装でも素材によっては厚手で重みがあるため、重さがある服を身につけるほど体に負担がかかりやすくエネルギーを無駄に使ってしまいます。

 

気温が40度を超えるような高い時ほど軽量の服装を選ぶことが大切です。

 

屋外などで長時間すごす時などは太陽光を浴びやすくなります。

 

それを避けるためにも、日差しを反射させる効果が高い白などの明るい色の服を身につけることが基本です。

 

黒など暗めの色の服を選んでしまうと、太陽光を吸収してしまいかえって体に負担がかかります。

 

そして綿素材の服を選ぶ理由は、綿素材は体の余分な水分を吸収し汗が蒸発してくれるのを助けてくれる効果を持っています。

 

汗をかいてしっかり蒸発させることができれば、その部分から効果的に体が冷やすことができます。

 

なので、できるだけ綿素材の服を選んで着るようにしましょう。

 

最近ではスポーツウェアなどに使用されている素材で吸汗速乾タイプの衣類も登場しています。

 

このような効果的に汗を蒸発させることができる生地を選んで身につけることもおすすめです。

 

これは気温30度以上となる場合には共通してお勧めできる服装となります。

 

 

他にも帽子を被ることで頭や顔、目を太陽光から守ってくれます。

 

外出時にはセットで活用することをおすすめします。

 

なお、帽子は水に濡らしてから被ることによって頭の温度を効果的に下げてくれるメリットがあります。

 

また水に濡らしたタオルを首にまくようにすることをおすすめします。

 

これで、首の太い頸動脈を効果的に冷やすことができるので体の温度を下げる効果が期待できます。

 

気温40度予想される被害の目安

 

日中の気温が40度にもなってくると、暑さが体にこたえる温度となります。

 

また、地面近くとその少し上というだけでも体感する温度の環境や気温差に注意しましょう。

 

特に身長が低い子供やペットなどは同じ40度の気温でも地面からの照り返しの影響を受けやすいです。

 

気温40度予想される被害の目安

 

直接伝達熱、反射光、輻射熱、対流熱などは地面からの照り返しが起きますので地面に近いほど、温度が上がりやすいです。

 

また、パソコンといった電子機器類などへの影響が出てくる可能性があります。

 

このように影響は人間の体調だけではなく使用している機器類にも及びます。

 

iPhoneといった機器類も、『高温注意』のメッセージが出て動作がおかしくなってしまうなどのトラブルが起こる温度でもあります。

 

 

きちんと対策をしていないと最悪故障してしまう恐れもあります。

 

仕事や勉強などに大きなトラブルをもたらす理由があるので気温40度で予想される被害目安などをきちんと理解しておきましょう。

 

近年は環境負荷を少なくする努力として、室内のエアコンの温度設定は28度にしたりします。

 

使用していない機器は電源を切ったりコンセントを抜いて待機電力を抑えるなど、省エネ対策を行う場所は増えてきています。

 

しかしパソコンといった精密機器の場合、気温40度という環境下で省エネ対策をしていては様々なトラブルが起こる可能性があります。

 

コンピュータはもともと熱に弱い精密機器です。

 

メインフレームなどは20度前後に室温を保ったマシンルームで利用することが前提となっています。

 

近年はパソコンの性能も向上しており環境条件は緩やかになってきてはいます。

 

しかし、パソコンが正常に動作する温度は一般的に5~35度程度です。

 

 

この温度で保たれた環境でなら、構成する各部品の動作温度を保つことが可能です。

 

CPUの動作温度になると機器によってバラツキがあるものの、上限は70度前後でマザーボードは0~50度、ハードディスクは0~55度となっています。

 

パソコンの内部はCPUなど熱を発することから温度が高くなりやすいです。

 

ファンなど放熱器を使用し熱を外に逃がすことで動作を安定させています。

 

ですが、機器自体を設置しているところが35度以上になると部品の動作温度を超える必要があり正常に動作しなくなる可能性があります。

 

同様にブロードバンドルーターは0~40度が一般的です。

 

基本的にネットワーク機器は電源を入れたままの状態なのでパソコン以上に設置環境を考えることが大切です。

 

そのため被害を未然に防ぐためには、気温40度を超える季節などは室内をエアコンで温度調節することが重要です。

 

気温40度での対策

 

気温40度での対策は、それぞれ室外(屋外)での対策と室内(屋内)での対策で大きく異なるとされます。

 

湿度が高い日本では酷暑日になるのできちんと対策をとる必要があります。

 

もし外出をするなど長時間屋外ですごす必要がある場合には、気温40度の環境は温度調節のために大量の汗をかく危険があります。

 

気温40度での対策

できるだけ直射日光があたらないように帽子や日傘で対策をすることです。

 

日陰ですごすことが望ましいですが、気温40度にもなるとサウナにいるのと同じ環境です。
そのためこまめな水分補給に加えて、汗をかくことで不足するミネラル分を補う塩飴や経口補水液の準備もしましょう。

 

首元を冷やすことができるネッククーラーや保冷剤の準備をしっかり行うようにしましょう。

 

 

また、できるだけ長時間屋外にいないように短時間で用事をすませることが望ましいです。

 

また室内にいる場合も、扇風機だけでは室内の温度や湿度は改善できない可能性があります。

 

室内にいても水分補給をこまめにとることはもちろん除湿効果のあるエアコンを使用して室内で静かにすごすことがおすすめです。

 

機器類などへの対策としては、パソコンなど機器自体が熱を発生しやすい場合室温が高くなると熱暴走が発生し、最悪故障に繋がる危険があります。

 

そのため夏場のパソコンを快適に利用するためにも、エアコンや扇風機を使用して室内の温度を下げましょう。

 

または、パソコンを涼しい場所に移動させて使用するなど対策が必要です。

 

室内の通気を良くしても熱暴走が起こってしまう理由には、パソコンの排気口がふさがってしまっている可能性があります。

 

 

そこでCPUの熱を逃がすための通気口や冷却ファンを塞がないように、壁から10cm以上離して設置するようにしましょう。

 

古いデスクトップPCなどは内部にホコリが溜まっている可能性も高いです。

 

なので、排熱機能が低下して内部に熱がこもり続けるため、こまめな掃除を行うことも大切です。

 

まとめ|気温40度とはどのくらいの暑さ?

 

日本でも年々夏の季節になると気温が高くなっている傾向にあります。

 

地域によっては気温40度を超える場合も増えてきています。

 

さらに日本は気温の高さに加えて湿度も高いです。

 

 

そのため、室内や室外でのすごし方の対策や、パソコンなど精密機器の予想される被害の目安などを知っておく必要があります。

 

そこで気温40度とはどのくらいの暑さなのか、暑さを乗り越えるための普段の服装の選び方といった知識を身につけておきましょう。

 

そうすることで脱水や熱中症などの健康被害や、機器の故障といったトラブルを未然に防ぐことができるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました