クラブハウスSNSアプリがアンドロイドにない理由!リリース予定はある?

アプリ

クラブハウス(Clubhouse)のアンドロイド(Android)版アプリがないのはなんで?それには理由はあるので、これを知ることで納得できます。またリリース予定の話題もありますから、それがいつ頃かも合わせてチェックしておきたいところですね。

 

現在は、クラブハウスSNSアプリの話題性の高さが先行しています。これまでのSNSとは違う性質を持っているので、新しいもの好きな人にとっては目が離せないでしょう。ここでは、クラブハウス(Clubhouse)のアプリがアンドロイドにない理由やリリース予定について詳しく解説します。

クラブハウスのSNSアプリがアンドロイドにない理由

クラブハウス(Clubhouse)SNSアプリはiPhone(アイフォン)やiPadなど、iOS端末に対応して配信されています。しかし「アンドロイド(Android)にはこのSNSアプリがないのはなんで?」ないのはなぜ?アンドロイドにもアプリがあるというのは偽物?

 

このような理由で疑問を抱く声が多くあります。次世代音声SNSアプリのクラブハウス(Clubhouse)がアンドロイドにないのは、先行してiOSに開発や配信が行われた点が大きいです。

また、アンドロイド向けの次世代音声SNSアプリを開発できるエンジニアが現在そろっていないと考えられます。

 

今から募集して開発に取り組むことも理由の1つでしょう。先行するiOS向けクラブハウス(Clubhouse)にしても日本語版すらない状態です。このように英語版のみの配信なので、開発力に限界があることが窺えますね。

 

ただ、人気に火がつき注目度も高い次世代音声SNSアプリなのでエンジニアの募集に人が集まって開発が加速するものと思われます。

アンドロイド(Android)にない理由を知ったら納得して、ポジティブに捉えてじっくりと配信を待つのが正解です。とはいえ、理想的なのはiOSとアンドロイドの同時配信で、英語以外にも日本語やその他の言語も内包して選べる方が個人的には良かったです。

 

いずれにしても音声という2文字が鍵を握るキーワードで、理解するのに役立つヒントになるはずです。実際にはiOSが先行する形で配信が行われており、次世代音声SNSアプリを使う人が続々と増えています。

 

ここまで話題なのにクラブハウス(Clubhouse)の配信が限定的なのは、やはり資金的に限界があるのかもしれませんね。

開発に制限を設けざるを得なかったことが大きな理由でしょうね。新しいアプリの開発に資金を集めるのは難しく、特に次世代音声SNSとなると投資家の反応は様々です。評価が十分に集まっていない状況での投資ですから、投資家が慎重になるのも当然です。

 

次世代音声SNSの代表格としての呼び声が高いですから、今後もますます展開に目が離せませんね。

その為クラブハウス(Clubhouse)はまず限られた資金でiOS向けに開発をおこなったというのもアンドロイドにない理由と考えられます。

 

iOS版の配信実績や話題性を武器に、新たな資金調達に乗り出しています。実績は評価に繋がりますし、次世代音声SNSの注目度や話題性が高いことが分かれば、興味を持って投資を決める投資家が現れることでしょう。

 

つまり資金を理由に複数の端末向けの開発が難しく、同時配信が行えなかったことが理由の疑問に対する答えとなります。期待値の高い製品やサービスはアプリに限らず、初回よりも2回目以降に資金が集まる傾向です。

 

クラブハウス(Clubhouse)も、これからは開発に余裕が生まれたりペースが速くなるんでしょうね。

クラブハウス(Clubhouse)SNSアプリのアンドロイドのリリースはある?

クラブハウス(Clubhouse)のアンドロイドでのリリースがあるのか気になりますよね。

リリース予定はあります!

なので、利用を諦めたりスマホをiOS端末に乗り換えるのは、今すぐ始めたいという方以外はおすすめできません。アンドロイドのクラブハウスのリリースについていつ頃なのかやその理由など詳しい説明をしていきますね。

クラブハウス(Clubhouse)のアンドロイドのリリース予定はいつ頃

気になるクラブハウス(Clubhouse)のアンドロイドのリリース予定はいつ頃かというと、現時点では配信日は不明です。理由はクラブハウス(Clubhouse)からリリース予定の詳細の発表がなく、みな続報を待っている状況だからです。

 

ですが、2021年の後半、遅くても冬、早ければ秋頃には使えるようになっている可能性が大です。

リリース予定はあるのは間違いなく、アンドロイドへの配信に向けて開発が動き出しています。

 

1つ言えるのは、配信開始が間近であれば既に具体的な予定日は発表されているはずです。大抵のアプリはリリースが半年や3ヶ月以内に迫ると発表を行うものです。クラブハウス(Clubhouse)の人気の度合いや話題性の高さからすると開発に長い時間を掛ける可能性は低いと予想されます。

 

資金調達は順調でiOS向けの開発実績やノウハウもあります。アンドロイドアプリのエンジニアさえ集まれば、開発はスピーディーに行われると考えられますね。こうなると、日本語版の配信についても期待が掛かりますね。

クラブハウスのアンドロイド版のリリースに時間がかからない理由

クラブハウス(Clubhouse)の誕生までの道のりはとても長かったようです。なんと10年掛けてソーシャルアプリの開発に取り組んできた経緯があります。10年とは正直驚きで、これが今の世論とニーズもマッチしたとなると期待が持てますね。

 

失敗と成功の繰り返しの中でようやく原型が形となり、やがて現在の完成形になったわけです。このように、基礎的な部分はじっくりと形作られてきたので、アプリの土台は揺るぎない確固たるものだといえるでしょう。

これを言い換えると開発の方向性は明確で、ゴールがハッキリ見えている状態にあるということになります。

 

iOS版の成功で方向性はより固まっているはずですから、アンドロイド(Android)版の開発はiOS版よりも速く進むことに期待できます。リリースまでに1年を要するかどうか、それは期待の声やニーズの高さから、1年も掛かると考えるのは難しいでしょう。

逆に短期間にリリースされる可能性も低く、配信の開始が半年以上先になる可能性の方が濃厚です。具体的かつ正確に予測するのは困難ですが、少なくとも2021年中に配信される確率は十分に高いと思われます。

 

元Googleの社員が共同創業者に名を連ねているということなので、この点も開発やリリースの早さに期待させるところです。先に日本語版が配信されるか同時期のリリースとなるかは不明ですが、日本語の対応にも期待が掛かるのは確かです。

クラブハウス(Clubhouse)SNSがiOSから始まった理由

クラブハウス(Clubhouse)SNSアプリの提供がiOSからはじめた理由については、具体的に明言されていないので詳細は不明です。そこで、考えられるのはiOS向けアプリが開発しやすかったことやiOSと次世代音声SNSの相性が良かったものと思われます。

 

次世代音声アプリということもあり、セキュリティ的にも好都合だったなどの理由が可能性として挙げられます。どのような理由にせよ、クラブハウス(Clubhouse)が現在iOSのみに配信されているのは間違いなく、使えるユーザーが限られています。

 

クラブハウス(Clubhouse)は招待制を採用する次世代音声SNSで、全く新しい仕組みです。これが、ビジネス的に成功するかどうかは未知数です。そのような事情からクラブハウス(Clubhouse)の創業者は特定の端末に限定で配信を行っているのでしょうね。

 

反応を見て他の端末の開発を検討することに決めたものと想像できます。

あるいは元々アンドロイド(Android)向けの開発の予定は無かったというケースも考えられます。iOS版の成功とアンドロイド版を求める声に応じて、開発やリリース予定が決まった可能性もあり得ます。

 

現在iOSのみ理由は先行して開発されたからで、特に深い意味はないことも考えられます。実はアンドロイドも並行して開発が行われています。iOSの方が早く開発が完了したから先に公開したというパターンも、iOSからはじめた理由として納得がいくものです。

 

結局のところ公式の発表はなく、どれも憶測の域を出ないので全てハズレている可能性も正直否定できないです。クラブハウス(Clubhouse)はアプリの利用において、スマホに登録されているアドレス帳へのアクセス権が求められます。

 

これはアドレス帳のユーザーとの繋がりを利用するサービスの設計によるものです。既に繋がりのあるユーザーのルームが優先的に表示されることからも特徴が分かります。

クラブハウスは、座談会的な目的でも広く大勢のユーザーに使用されています。セキュリティ的にリスクの高い端末に対応するのは難しく、セキュリティに定評のあるiOSが選ばれたものと思われます。

 

アンドロイドは端末を開発、製造するメーカーが数多く存在しており、独自の機能を採用している製品もあります。こういった事情からセキュリティ上のリスクを嫌い、あえてiOSのみに配信を決めたと考えることができるでしょう。

 

アンドロイドのリリース予定が出てきたのは、セキュリティの懸念を解消する目処が立ち、安全なアプリを配信する確信が持てたからではないでしょうか。

クラブハウス(Clubhouse)SNSアプリの偽物や別物に注意

クラブハウス(Clubhouse)SNSアプリには偽物も出てくる恐れがあるので注意が必要です。中には、偽物をインストールしてしまったというよう事例もあるようです。先にも書いたように、クラブハウスのAndroid版はまだリリースされていません。

 

なお、Google Playにも「Clubhouse」というアプリがありますが、こちらは使用目的が違うまったくの別物です。Google Playで出てくるアプリは、iOSのクラブハウス(Clubhouse)音声アプリとは異なる別物のアプリなので注意しましょう。説明文を読んでみても別物という認識ができます。

Clubhouseは、すべての管理者がいない共同プロジェクト管理です。既存のソフトウェア開発ワークフローを合理化および改良して、タスク(およびチームのタスク)の管理がもはやタスクではないようにします。

Clubhouse for Androidの機能:

•数回タップするだけで新しいストーリーをすばやく作成できます

•ワークスペース内のすべてのストーリーを検索、進行状況を追跡、更新、およびコメントを追加します

•ワークスペース内のすべてのエピックの詳細と進行状況を表示する

•ダッシュボードで作業内容をすばやく確認できます

•アクティビティフィードで、作業中のプロジェクトのすべてのアクティビティを表示します

Google Play Clubhouse

Google Playによる「Clubhouse」の説明文にもあるように、音声アプリという説明はなく、これままったくの別物ということです。また、Twitter(ツイッター)も「Audio Spaces」という音声ベースを独自に開発しているという情報もあります。

今注目の次世代音声アプリは今後、人気もさらに上がることでしょう。そのため、今後はいろいろな音声アプリが登場してくることも考えられます。しかし2021年1月現在、「Clubhouse」という次世代音声アプリはiOSからリリースされているもののみです。

 

それ以外は偽物や別物のアプリということになります。

まとめ|クラブハウスSNSアプリがアンドロイドにない理由!リリース予定はある?

クラブハウス(Clubhouse)次世代音声SNSアプリはアンドロイド(Android)にないのはなんでか?その理由は資金や開発の事情によるところが大きく、iOS版が先行しています。ただアンドロイドもリリース予定がありますから、資金調達や開発環境の整備が上手くいっているようです。

 

開発エンジニアの募集が行われ、人が集められている状況なので、しばらくすれば具体的なリリース予定に関する情報が発信されることになるでしょう。エンジニアが募集されているということは、今まで開発できる人材が不足、もしくは殆どいなかったことを意味します。

 

開発に参加していた人が途中で抜けた可能性もありますが、人手が足りず開発にもっと人が必要なのは客観的事実です。なお、クラブハウスには偽物も出てくる恐れがあるので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました