獅子舞(ししまい)に噛まれるとどんな効果があるのかあなたはご存知ですか。

 

頭を噛まれると成績も上がるのでしょうか?

 

さらに、頭以外の場所を噛まれる意味はあるのでしょうか?

 

ご祝儀相場はいくらかなど、知っておくと役立つ情報は沢山あります。

 

獅子舞は魅力的で縁起が良く、子供からお年寄りまで人気です。

 

この記事では獅子舞に噛まれと効果はあるのか、頭以外の場所の意味について解説していきます。

 

なお、その場合のご祝儀相場についても紹介していきますね。

スポンサーリンク

 

獅子舞(ししまい)に噛まれると効果はあるの?

 

獅子舞(ししまい)に噛まれると効果は、頭を噛まれると1年間は無病息災で過ごせるという言い伝えが昔からあります。

 

つまり、病気にならず平穏に暮らせることを願い、悪魔祓いを目的に獅子舞に噛んでもらうわけです。

 

噛む場所が頭なのは理由が不明ですが、恐らくは位置的に噛みやすいことが理由でしょう。

 

また、全身の中でも重要な部分という意味もありこれが理由と考えられます。

 

しかし、頭以外に噛まれることもあるので、頭でなければいけない理由はないです。

 

 

獅子舞(ししまい)は悪魔祓いをする魔除けの意味もあるので、縁起が良くて祭事に最適です。

 

だからこそ特別な機会に現れますし、人々の頭を噛んでは喜ばれています。

 

悪魔やそれに準ずる悪いものを追い払い、厄病から身体を守って病気や怪我を防ぐ、そのような効果に期待できます。

 

もちろん、縁起物のご利益なので信じることが前提です。

 

 

ここを疑って掛かれば得られるものも得られなくなるといわれています。

 

獅子舞に噛まれる意味はイメージ的にはお守りに近いです。

 

なので、噛まれることは良いことだと考え、効果を信じて期待するのがベストです。

 

なお、獅子舞に噛まれる効果とは医学的根拠にもとづくものではないです。

 

ここでは、あくまでも縁起物のご利益ということで紹介しています。

獅子舞に頭を噛まれると子供に効果はあるの

 

獅子舞(ししまい)に頭を噛まれると子供の場合は、無病息災に加えて学力向上のご利益にも期待できるといわれます。

 

これは噛まれることによる効果ではないですが、獅子舞が舞うことで五穀豊穣のご利益もあります。

 

直接的なだけでなく、間接的にも魅力的な効果がもたらされますから、やはりおめでたい日や祭事に獅子舞は欠かせないです。

 

ちなみに獅子舞が人を噛む理由には、噛みつくに神つくが掛かっているという説が存在します。

 

 

言葉遊びといえばそれまでですが、日本らしいダジャレの効いた粋な理由だといえるでしょう。

 

江戸を中心に各地に広まったことからも、全国的に文化が定着していたり世代を問わず人気なのも理由が分かります。

 

理由はどうあれ、縁起物に噛まれて悪い気はしませんし、むしろ願いが込められるのでラッキーです。

 

ご利益がもらえるわけですから、お祭りなどに参加したら噛んでもらわない手はないです。

 

 

効果については個人差があるでしょうが、少なくとも何事もなければ何よりです。

 

悪いことが遠ざかったり回避できればご利益のおかげとなります。

 

何もなくても何かがあっても、頭を噛まれることで良い方に進むと思えば、効果の実感に関係なくそれはご利益です。

 

子供は見た目で避けがちですが、噛んでもらって損はないです。

スポンサーリンク

獅子舞に噛まれるとご利益の効力はいつまで

 

獅子舞(ししまい)に噛まれるとご利益の効力は1年間です。

 

なので、年に1回は獅子舞に噛んでもらうと理想的ですよ。

 

年に何度も噛まれることで効果が高まるかは分かりませんが、1年に1回で良いのは間違いないです。

 

どのタイミングで獅子舞に出会えるか、噛んでもらえるかは地域にもよります。

 

一般的にはお正月やお盆など、家族が集まる機会にチャンスがあります。

 

 

一家総出でお祭りに参加するも良し、お正月に全員で噛んでもらって1年間の無病息災を願うのもありですね。

 

舞や笛、太鼓などの演奏も楽しめますし、皆がハッピーな気持ちになれるのが魅力的です。

 

噛んでもらうこと自体は単純にメリットです。

 

獅子舞に噛んでもらう時間はあっという間なので忙しい人でも大丈夫です。

 

また、噛むといっても歯は尖っていません。

 

 

実際は頭に触れたり、頭が口に入る程度です。

 

獅子舞を怖がる小さい子供でも説明すれば分かってもらえるはずです。

 

大人は人前に出るのを恥ずかしく感じたりしがちですが、噛んでもらえれば縁起物のご利益が確定します。

 

気持ちは前向きになりますし、その日一日を良い1年になりそうな予感で過ごすことができるでしょう。

獅子舞(ししまい)に頭以外の場所を噛まれる効果と意味

 

獅子舞(ししまい)に頭以外の場所を噛まれるとしたら、期待できるご利益効果は健康の祈願です。

 

頭以外の場所を噛む意味は、痛みや不安を抱える部分や1日も早く治って欲しい部分を噛んでもらうことにあります。

 

このように、通常の頭を噛まれる効果とは意味が異なります。

 

病気になったり持病を抱えている部分に、健康のお祈りや回復の願いとその効果が得られます。

 

 

頭以外の部分も積極的に噛んでくる獅子舞は、そのことを良く理解していたり、魔除けや無病息災以上の気持ちを込めていると思われます。

 

仮にもし噛まれた場所に何も病気や不安がなくても、将来的な健康を願うお守りになります。

 

改めて獅子舞に噛まれることはメリットばかりだと分かりますし、頭も頭以外も噛まれればラッキーなわけです。

 

高齢で足腰に不安を抱える人は、腰や脚を噛んでもらうことをおすすめします。

速く走れるようになりたい子供も、やはり獅子舞にお願いして脚を噛んでもらうのが正解です。

 

獅子舞は、人の幸せを願って厄を祓い幸せを祈るので、ご利益が欲しいところがあれば噛んでもらうことができます。

 

当然ながら信じることが効果を得る大前提です。

 

そのため、私利私欲ばかりでは叶うものも叶わないでしょう。

 

大切なのは、元の健康な状態に戻りたいと願ったり、本番で実力が発揮できるようにと信じることにあります。

 

 

努力なしに結果のみを求めるだけではもちろん駄目ですよ。

 

できることをやった上で獅子舞に噛まれることがとても大事なんです。

 

あまり時間がなかったり手短に済ませたい、もしくはまとめて厄祓いを受けたい場合は頭が良いでしょう。

 

特定の場所に不安を抱えているならその場所を噛んでもらいましょう。

 

頭以外にも噛まれることによる効果はありますが、場所によってそれぞれ大きく異なりますから頭と比べると多岐にわたります。

 

慢性的な肩こりに悩んでいる人は肩、腕が上がらず困っている場合は上腕が狙い目となるでしょう。

過去に怪我をしていて関節の動きが悪い時は、そこを噛んでもらうと良いです。

 

獅子舞は、人の代わりに悪いものを食べてくれる存在です。

 

なので、頭やそれ以外の場所が噛まれても、それにも関わらず無事で何よりと解釈できます。

スポンサーリンク

 

厄を祓って福を呼び込みことで、開運にも繋がるのが嬉しいところです。

 

頭なら厄除けや無病息災と健康長寿のご利益です。

 

しかし、頭以外であればもう少しピンポイントに身体の悪い場所の回復をお願いして効果に期待できるでしょう。

 

 

足腰が悪かったり外出が億劫でも、噛まれることでご利益がもらえます。

 

気になる身体の箇所がある場合は積極的に噛んでもらうのがおすすめですよ。

 

噛むといっても実際に噛むわけではないので、本当に代わりに悪いものを食べてもらえるのか疑問に思いがちです。

 

この点は、噛む動作そのものが厄祓いやご利益をもたらす儀式になっているので、細かい動作に関して全く心配はないです。

 

頭を口に入ったり身体の各部が歯に触れれば、その時点で効果がもたらされると約束されたも同然です。

 

 

噛まれる、正確には頭や身体が口に入ったり歯に触れることが厄祓いや無病息災、健康長寿の願いに結びつきます。

 

上と下の歯で挟まれるように力強く噛んでもらう必要はないので、噛まれるとしても軽くでOKです。

 

それでいて神つくに通じるご利益があるわけですから、良いことに期待せずにはいられなくなるでしょう。

 

さすがに金運や恋愛運のアップまで期待するのは欲張りです。

 

それに繋がる行動や成功を祈る間接的なご利益なら、期待しても罰は当たらないはずです。

獅子舞(ししまい)に噛まれるとご祝儀相場の目安はいくら

 

獅子舞(ししまい)に噛まれるとご祝儀を渡します。

 

この時は、ご祝儀相場を参考にお金を用意しておくことが必要です。

 

ご祝儀相場は誰もが気になりますが、獅子舞としてはお金を沢山もらえた方が嬉しいのは当然です。

 

ご利益のお礼として少しでも多く用意したいところですね。

 

基本的にご祝儀はお金を裸の状態で渡さない、獅子舞につきそう人に渡すなどのマナーがあります。

 

 

ご祝儀はあくまでも気持ちなので、絶対的にお金がいくらという決まりはないです。

 

なので、無理のない範囲で決めることができます。

 

とはいえ、相場より低いと思われたらどうしようと考えてしまうものですね。

 

そこで、ご祝儀相場を参考にするのは賢明なことです。

 

目安として小さい子供は500円程度、学生は数千円がご祝儀相場となります。

大人でも無理に高額のご祝儀を包む必要はなく、3千円や5千円くらいで十分です。

お金に余裕があるなら1万円でも構いません。

 

縁起物でめでたいからと出せるだけ出すというのももちろんありでしょう。

 

上限はないのでいくらでも出せますが、現実的には懐が痛まず、気持ち良く出せる金額にするのが無難です。

 

それよりも、硬貨よりもお札を用意してのし袋に入れて渡すことの方が大切です。

 

子供がお小遣いからご祝儀を出すなら500円硬貨でもOKです。

 

しかし、大人であれば5千円札や1万円札を目安に用意して袋に入れるのが得策です。

 

 

ですが、相場はあってないようなものなので、あまり気にせず渡したいだけ用意するのが正しいです。

 

獅子舞に噛まれることは、遊園地のアトラクションの料金とは異なるので、金額がいくらと決まっていないのは当然です。

 

噛まれる人が金額を決められるので、人によって金額が異なるのは不思議ではありません。

 

これなら惜しまずに渡せるという金額をご祝儀にしましょう。

 

ご祝儀相場は世代、地域によっても開きや差があるので、参考にはなるもののそれ以上でもそれ以下でもないです。

スポンサードリンク

獅子舞に噛まれるときのご祝儀の渡し方とマナー

 

獅子舞(ししまい)の口に直接お金をむき出しで投げ込むのは、落とす可能性があるのでマナー的にも論外です。

 

口を開けた瞬間を目掛けて投げ込むのも止めましょう。

 

硬貨を用意したり獅子舞に直接ご祝儀を渡したい場合は、いわゆるおひねりにして歯に噛ませます。

 

この時、獅子舞におひねりを見せてから確実に口に挟んでもらうことがポイントです。

 

ご祝儀を渡すのは気持ちを形で表すことに他なりません。

 

1円以上なら金額は問われないことになります。

 

ただ、周囲の人達が渡すご祝儀相場を考慮すると、流石に1円だけ包んで渡すわけにもいかないです。

 

500円も小学生までなら良いですが、大人で500円となれば誰もが少なく感じるでしょう。

1千円ならどうか、これは周囲の人達がいくらくらいご祝儀で渡すかによりますね。

家族全員分をまとめて渡すのであれば、1人1千円でも問題ないと考えられます。

家族が少人数で別々に渡すとしたら、1人あたり2千円以上は渡したいところです。

 

絶対的な相場は存在しないので、このあたりの判断は微妙なところです。

 

相対的に金額を決めるとしても難しいです。

 

2千円以上であればとりあえず最低ラインはクリアしているイメージです。

 

2千円で心配なら3千円を用意しましょう。

 

さらに5千円なら十分でしょうが、反対に少し多めに感じられます。

 

そのため、3千円を1つの目安にして決めるのがおすすめとなります。

獅子舞と神社やお守りのご祝儀相場の比較

 

獅子舞(ししまい)と神社の初穂料との比較だと、神社の場合だと5千円や1万円も珍しくはありません。

 

一方で獅子舞とお守りを比較するとお守りは精々1千円~2千円くらいです。

 

これらの間の金額が獅子舞に噛まれるご祝儀相場だと思えば、だいたいいくらが妥当か見えてくるはずです。

 

噛まれるご利益を1年分のお守りと考えるなら、ご祝儀が2千円くらいでも罰は当たらないでしょう。

 

神様は金額でご利益を決めるわけではないです。

 

気持ちがこもっているならいくらでも良いと考えると思われます。

獅子舞(ししまい)のルーツ

 

獅子舞(ししまい)のルーツですが、元々の文化は中国で生まれ、奈良時代に日本に伝わったとされています。

 

その後、日本で独自に発展を遂げ、今では各地で様々な獅子舞を見ることができます。

 

伝統芸能にも登場する縁起の良い存在で愛嬌のある可愛らしい見た目もあって日本では時代を超えて愛され続けています。

 

獅子舞に噛まれることには、悪魔祓いや厄病退散、そして無病息災といった効果があります。

獅子舞が頭を噛むのは日本発祥の文化で他の国だと珍しい光景です。

 

頭以外の部分を噛むのは日本でも少し珍しいとはいえますが、それでも全身の様々な場所を噛む地域は存在します。

 

中国では獅子が神の使いと考えられていますから、人がこちらから触れるのではなく触ってもらうことでご利益があります。

 

 

理由は諸説ありますが、日本の場合だと17世紀頃に伊勢から江戸に掛けて、悪魔祓いが伝わり広まったとされます。

 

特に江戸ではすっかり定着して、お祝いや祭事の際に獅子舞が行われるようになりました。

 

このように、悪魔祓いが日本の獅子舞のベースになっています。

 

そこから噛まれることで良くないものを追い払い、幸せを招くおまじないへと変化しています。

獅子舞(ししまい)に噛まれると効果はのまとめ





獅子舞(ししまい)に噛まれると効果は、悪魔祓いに由来する厄病退散無病息災健康長寿といったポジティブなものばかりです。

 

子供は頭を噛まれると学力向上にも期待できるので、大人だけでなく子供にとっても魅力的です。

 

また、頭以外の場所も噛んでもらう効果や意味もあります。

 

この場合の効果は特定の身体の場所の痛みや不安の解消、あるいは将来の健康です。

 

頭以外の場所も頼めるかどうかは獅子舞にもよりますが、大抵は気前良く噛んでくれるでしょう。

 

なお、獅子舞に噛まれる効果とは医学的根拠にもとづくものではないです。

 

ご祝儀相場は様々な要素が絡むので、いくらと具体的に断言するのは困難です。

 

相場はあるようでないも同じですが、小学生くらいの子供なら500円でも喜ばれます。

 

学生は2千円くらい、大人は3千円前後が目安になります。

 

5千円以上は高めの印象ですから、それ以下がご祝儀相場の傾向だと考えることができます。