男性のあなた!加齢臭対策は何歳からしていますか?

 

 

この臭いって自分では、なかなか気づかないですよね。

 

周りも気を使ってなのか臭いがしても本人には、直接教えてくれないこともありますね。

 

臭いが周りも自分も気になりだすのは、いくつからなのか?

 

今日は、この男性の加齢臭について詳しく紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

 

男性の加齢臭対策は何歳から

まず疑問になることが男性の加齢臭対策は何歳から始めれば良いかということですね。

 

 

ノネナールは40代から増加していきます。

 

臭いが増え始める前に対策していくことをおすすめします。

 

40代から発生する割合の高いノネナールを、若い段階で対策すると効果はいつあらわれる。

 

30代は、人間の一生の間で最も皮脂が多いとされる年代ですね。

 

このため30代からの対策が必要です。

 

食事は肉類中心になりがちで、ジャンクフードや外食も多くなっているでしょう。

 

 

この年代での生活リズムは40代以降に響いて来ないはずはないです。

 

そのため、不摂生のツケは必ずやってきます。

 

そのツケの一つが加齢臭であると言えます。

 

それを防ぐためにもノネナールを発生させる原因の脂肪酸を30代のうちに抑えていきましょう。

 

そうすると40代の加齢臭対策が随分と楽になってくるはずです。

 

加齢臭は40代からと考えがちですが、違う種類で30代にも加齢臭はあります。

 

 

このように臭いの元となる原因が変わってきます。

 

原因はペラルゴン酸という物質が元となるようです。

 

脂のような臭いがして、加齢臭よりも更に臭うかもしれません。

 

30代は脂が多い時期です。

 

この加齢臭が発生しやすいのも仕方ないかもしれません。

 

30代も40代の加齢臭も対策は同じようになっていきます。

 

なので、30代で加齢臭対策を始めるのは早いと決めつけないようにしましょう。

30代でノネナールとペラルゴン酸を抑える

臭いの元となるノネナールやペラルゴン酸を発生させないのは難しいです。

 

 

しかし、抑えることはできます。

 

30代でできることと言えば、対策で一番重要な不摂生な生活を改めることにあります。

 

加齢臭は、皮脂の量との関連性が非常に高いです。

 

そのため、皮脂を抑えることが重要になってきます。

 

脂肪の量が多ければ皮脂の量も多くなるので脂肪を減らすように努力してみましょう。

 

減らすにはまず食事療法です。

 

野菜が多く肉類が少ない和食を中心にすることをお勧めします。

 

さらに、冷たい飲み物や食事を摂取することを控えると基礎代謝が下がらないです。

 

筋肉を増やすたんぱく質の摂取も重要で、納豆と卵がおすすめです。

 

次に食事だけではなく運動も行うようにしましょう。

 

 

運動によって当然脂肪量は減るはずなので、年齢を重ねてからでは運動は難しくなってきます。

 

30代以降は、年齢を重ねてからでは遅いため早めの対策をすることにあります。

 

無駄だと思わずに実践してみましょう。

 

スポンサーリンク

なぜ加齢臭は発生するの?主な原因と対策の効果

加齢臭の発生により嫌な気分になり仕事やプライベートにも支障が出るかもしれません。

 

原因はどこにあるのでしょうか、そして対策して効果は出るのでしょうか?

加齢臭の原因

加齢臭の臭いのもとはノネナールと言われる物質です。

 

その物質は脂肪酸が菌などによって酸化、分解を引き起こしてできるというものです。

 

雑菌が繁殖するとニオイのもとになります。

 

いつも衛生的な状態を保ちつつ身体の内側からもケアをするのが効果的です。

 

 

そのため皮脂量が多い人は余計に気を付けなければいけません。

 

ノネナールは40代から徐々に体内に増加し始め臭いの原因となります。

 

そのため、当該年齢の方は注意が必要です。

 

また不摂生な生活をしていると、それだけ脂肪酸が増えます。

 

そしてノネナールの元になるものを体内に備蓄することになります。

 

不摂生な生活の中身を見ていくと肉類が大好きというケースが多いです。

 

 

またストレスも無関係ではありません。

 

ストレスが多い方ほどノネナールの量も多くなります。

 

耳の後ろは加齢臭を感じやすい部分です。

 

他人からもニオイを感じやすいところです。

 

この部分は殺菌力の高い石鹸でしっかりとシャワーの時に洗浄するのがお勧めです。

 

できれば夜だけでなく朝もシャワーを浴びると効果的と言えるでしょう。

 

欧米化した社会になる以前の日本人の中年の方は加齢臭はないと言ってもよい程だったそうです。

加齢臭は女性にもある

性別の違いで見ていくと男性と同じ年代でノネナールは女性にも発生するため安心はできません。

 

 

体内で酸化を防止する機能が低下していると油断できません。

 

このように女性も症状は出ます。

 

しかし、男性の方が皮脂の分泌量が多いため不快に感じるケースが多くみられるのが特徴です。

 

不摂生な生活やストレスによって加齢臭は女性にも付きまとってきます。

加齢臭を対策していくと起こる効果

加齢臭は、ある程度は体質的なものもありますので全くなくすことはできないと考えられます。

 

 

しかし、皮脂の分泌量をある程度コントロールできれば不快な症状も軽減できます。

 

主に加齢臭対策としては臭いを弱めるという方法があります。

 

この場合、臭いを他の臭いで緩和するというケースになるでしょう。

 

臭いを弱める効果を求めるならば、生活改善をお勧めします。

 

食事は和食中心で更に野菜が中心となる食生活が良いでしょう。

 

和食

 

しかしあまりやりすぎると今までの生活を壊しての生活となりますのでストレスが心配です。

 

ダイエットと同じように挫折しては、意味を持ちません。

 

では、加齢臭を他の臭いで緩和するといった方法はどうでしょうか。

 

他の臭いとは石鹸やシャンプーなどの香りのよいものを利用しましょう。

 

この方法で加齢臭を気にならないようにするといったやり方です。

 

 

こちらの方法は、道具を利用するのでそんなにストレスは出ません。

 

そのため、効果を持続しやすいというメリットもあります。

 

どのような道具を利用すると効果的か調べて利用してみることです。

 

ただし、このような手順を踏みますから簡単ではありません。

 

 

加齢臭はノネナール対策と置き換えて考えて良さそうです。

 

こうして、それに合った対策が必要です。

 

正しい加齢臭対策をしましょうね。

加齢臭対策は体内から出来る?食事やサプリメントの選び方

加齢臭対策は食事などの内面からと石鹸の使用などの外面からの2通りの方法が存在します。

 

体内からの加齢臭対策とは、どのようなものが存在するのでしょうか?

食事での加齢臭対策

加齢臭の元となるノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで発生します。

 

脂肪酸は、脂肪が増えると増加します。

 

過酸化脂質は活性酸素が増えると増加する傾向です。

 

特に活性酸素を増やさない良い食物は、レンコントマトきゅうりなどになります。

 

レンコン

 

これらにはビタミンCビタミンEを多く含まれていて栄養価が高いです。

 

その食物をスムーズに摂取することができるのは、和食との相性がよいでしょう。

 

また、摂取することを控えた方がよい食物もあります。

 

肉類は加齢臭に天敵であるのはもちろんのこと油類にも注意が必要です。

 

動物性油や植物性油にも過酸化脂質の増加の原因となります。

 

そのため、摂取を控えた方が良いということです。

 

結論として、良い食事は肉も油もあまり使わない和食を摂取するようにしてください。

 

ただし外食は和食でもあまりお勧めしません。

 

一般に言われる低カロリーの正しい食事が基本です。

サプリメントでの加齢臭対策

一般的に毎日就労している人は生活の改善がなかなか難しいです。

 

もっと言うと加齢臭対策の必要な方の多くが難しいでしょう。

 

加齢臭用のサプリメントを利用するという方法もあります。

 

サプリメント

 

その中にはビタミンCやビタミンEなどの加齢臭対策にとって大切な栄養素が入っています。

 

食事では必要な量摂取しにくい場合は、

 

サプリメントの利用を積極的に行う方法もあります。

 

これらの成分は皮脂の分泌量を低減させてくれます。

 

また、体内の酸化を抑えてくれる役割が期待できます。

 

ではサプリメントもたくさん種類があります。

 

このため、どんな商品を選ぶことがよいか考えてください。

 

 

お勧めなのは高い抗酸化作用を持つ渋柿エキスです。

 

この成分はサプリメントによる加齢臭対策には必須と言ってもよい成分となります。

 

ですから、この成分が入ってるサプリメントを選ぶのがおすすめです。

 

私は、緑茶やコーヒーの成分も入っているものを選んでいます。

 

ただしこの対策だけで大丈夫かというと、決してそうではありません。

 

 

サプリメントは万能ではなく、あくまで補助食品です。

 

そのため、この対策だけでは万全とは言えません。

 

やはり、食生活の改善などと併用して行うことがベストでしょう。

 

加齢臭対策をするには、まずは体内から行うべきです。

 

しかし生活改善のような自力だけではないです。

 

サプリメント利用という補助的存在を上手に活用することです。

 

これが加齢臭対策の要点となりうるでしょう。

加齢臭対策のために見直したい生活習慣・ストレスも臭いの元

生活習慣の乱れやストレスは不健康のバロメーターとなります。

 

 

これは、加齢臭の原因にもなります。

 

そこでストレスをできるだけ溜めなくしていくことです。

 

なおかつ健康的な生活習慣にするように見直していきましょう。

生活の乱れによる加齢臭

生活習慣で加齢臭に最も関連するものは食生活ですが、他の要素も関係します。

 

 

運動不足が最も関連性がありそうです。

 

その理由は毎日の仕事やプライベートの忙しさ、加齢によって運動量が低下しています。

 

それによって、余計体を動かすことが面倒になりがちです。

 

こうして、どんどん運動不足になっていくことが一般的です。

 

そうなると体重は増加していきます。

 

当然、脂肪も増えますから皮脂も増加します。

 

肥満

 

結果加齢臭につながってしまうといった構図です。

 

だからといって急激に運動しても続かなくては意味がありません。

 

徐々に運動量を増加させていきましょう。

 

睡眠不足も重要な要因となってきます。

 

睡眠不足は、摂取カロリーを増加させて消費カロリーを低下させる作用があるのです。

 

それにより太る要因となり、もちろん加齢臭の原因となってきます。

 

このように生活習慣はてきめんに加齢臭に響くということです。

ストレスも加齢臭に関係する

一般社会で生活していると、ストレスは当然うけるものです。

 

 

ストレスは活性酸素を発生させます。

 

活性酸素は過酸化脂質を発生させる働きがあります。

 

この脂肪酸と過酸化脂質が結合することでノネナールが発生するメカニズムです。

 

ではストレスを溜めないようにするにはどうするとよいでしょう。

 

ストレスの感じない環境で生活できれば一番よいです。

 

ですが、そんなうまい話はありませんね。

 

ストレス

 

そうするとストレスをいかに溜めないかではないです。

 

いかに解消するかに置き換えればよいのです。

 

解消するには自分の好きなことをできるだけのんびりと行うことをおすすめします。

 

時間的に余裕のない人もホッと一息付ける回数を増やすことです。

 

このようにできる機会を増やすことです。

 

まずはストレスを減らす工夫をするようにしましょう。

 

生活習慣やストレスは、急激によくなるものではありません。

 

また、持続しなければ意味がありません。

 

少しずつでよいので改善していきましょう。

加齢臭対策には香水もおすすめ

加齢臭対策も種類が沢山あります。

 

 

その中には少しオシャレなものとして香水があります。

 

加齢臭をオシャレに対策できるというのは、テンションが上がるかもしれません。

香水は加齢臭対策として有効?

実際加齢臭に悩む方たちが香水に高い関心をもつ割合が増加しているそうです。

 

 

そんな香水はご存知の通り強い香りを持ちます。

 

嫌な臭いをカバーするのに強い心地よい臭いを利用することは有効でしょう。

 

ただし理解してほしいことがあります。

 

香水は臭いを消す効果はありませんので注意が必要です。

 

しかし香水を利用しても臭いが消えないことでこの対策を投げ出すことは気が早いでしょう。

 

他の人たちがもつ臭いのイメージを一新させましょう。

 

そういう見方をすると、香水は有効な対策として用いることができるはずです。

 

注意することは、香水の付け過ぎと付ける箇所を考えなければいけません。

 

 

付け方は、1滴から2滴程度付けてください。

 

ただし体温が高いと香りがきつくなりますので少なめにしましょう。

 

付ける箇所は基本的にどこに付けてもよいですが加齢臭のする首筋あたりがおすすめです。

 

また、汗が付いている状態で香水を付けてしまうと効果を十分には発揮させられません。

 

しっかり拭いてから用いるようにしましょう。

加齢臭対策で失敗しない香水の選び方

香水にも色々な種類があって、選ぶことはなかなか難しいでしょう。

 

シトラス系

 

そこで加齢臭対策で失敗しないお勧めの香水の種類を紹介します。

 

シトラス系は、爽やかな香りでレモンのような柑橘系の種類です。

 

加齢臭を緩和させる効果があって、香水の初心者には使いやすい香りです。

 

きつい食べ物の臭いにも効果的で特に男性が好む食べ物には効果を発揮します。

 

次にローズマリー系の香りがお勧めです。

 

 

鼻が通るような香りで気持ちが良く、男女ともに利用できるような種類です。

 

モチベーションをあげる効果も期待出来て疲れた時に効果的でしょう。

 

もちろん加齢臭緩和の効果も期待でき利用していて心地よい感覚を与えてくれます。

 

実際どのような香りなのか百貨店などで試して選んでみるといいです。

 

その際重要なことは、自分が好きな香りかどうかということです。

 

当たり前のようですが好みに合ってないと付けていて楽しくありません。

 

created by Rinker
エリザベスW(elizabethW) ローズマリー オードパフューム50ml

 

さらに下手をすると自分にとって不快な臭いになります。

 

あと、値段ももちろん考えなくてはいけません。

 

高いものから安いものまで色々とありますが最初は安いものでよいでしょう。

 

香水も簡単ではありません。

 

しかし、使えば加齢臭対策に効果を発揮してくれるはずです。

 

初心者の方はまずはどのような香りなのか試してみてください。

加齢臭対策に効果的なボディーソープや石鹸の特徴

石鹸類は毎日身体を洗うものとして必要不可欠ですが、加齢臭用のものがあります。

 

効果的なものの特徴としてどのようなものがあるのでしょうか。

ボディーソープと石鹸の違い

ボディーソープと石鹸は、どちらも同じではないかと思われている方もいるでしょう。

 

石鹸は成分が凝縮しています。

 

石鹸

 

対してボディーソープには液体が混ぜられていて洗いやすいようになっています。

 

ボディーソープ

 

では、どちらが加齢臭によいか考えると結論としてはどちらともいえません。

 

どちらかというと石鹸の方がわずかに加齢臭対策として性能では勝っています。

 

しかし、ボディーソープはタオルになじみやすいです。

 

タオルになじむということは成分がよくなじみます。

 

ということは、洗いやすいので汚れが落ちやすいとも言えます。

 

 

総合的な評価ではどちらも甲乙つけがたく、よって好みで使ってもらって構いません。

 

洗い心地を求めるなら、ボディーソープです。

 

少しでも皮脂を落としたいなら石鹸がおすすめです。

 

洗い方も大切で頭皮や首筋などを念入りに洗ってください。

 

 

ただし、洗い過ぎはよくなく皮膚を傷めてしまっては何にもなりません。

加齢臭対策におすすめのボディーソープや石鹸の特徴

加齢臭対策の石鹸の選び方を、どのように行えばよいでしょうか。

 

 

どれも大差がないのだったら、安いものでよいかと言ったら少し違います。

 

渋柿エキスや茶エキスなどのポリフェノールが含まれていることを確認してください。

 

過酸化脂質がこれは酸化を抑える力が作られにくい条件を作ります。

 

ぜひ選ぶ条件として1番大切なことにしてください。

 

次に大切なことは保湿効果が高いかどうかです。

 

皮膚が乾燥すると皮脂の量が増加してしまいます。

 

 

このため、保湿も大切な条件になります。

 

最後に香りで渋柿エキスなどにも香りは付いています。

 

いわゆるメインになってくる香りです。

 

人気の香りはシトラス系の香りで女性受けもよいでしょう。

 

加齢臭対策は男性が中心ですが女性の場合もほとんど同じです。

 

 

しかし、この香りはなかなか女性用のものが少ないようです。

 

なので、バラの香りなどを探してください。

 

加齢臭対策の順位として、ボディーソープや石鹸での対策はかなり高い順位にあります。

 

外面へのアプローチとして最初に石鹸類の見直しをしてみるとよいかもしれません。

頭皮の加齢臭のケア

頭皮のケアとして何が有効なのでしょうか。

 

 

体内から促すケアはもちろんした方が良いです。

 

身体部分の加齢臭対策とあまり変わりませんので、やり方も変わりません。

 

外面から行う加齢臭対策を考えてみましょう。

 

身体部分がボディーソープまたは石鹸が有効です。

 

そのため、当然シャンプーでのケアをお勧めします。

 

シャンプー

 

 

消臭効果のある柿渋成分が配合された石鹸やボディソープを使うことです。

 

これで殺菌効果が期待でき臭いを軽減してくれます。

 

シャンプーでは、毛穴が塞がって詰まった皮脂を

 

洗い流すためのアミノ酸系シャンプーがよいでしょう。

 

次にノンシリコンシャンプーもよいでしょう。

 

毛穴の健康状態が頭皮の加齢臭には大切です。

 

なので、頭皮の保湿や血行促進を促すノンシリコンシャンプーは適しています。

 

あとは頭皮の健康状態を良くする香料などが無添加のものを選びたいものです。

 

無添加石鹸

 

頭皮からの加齢臭はないだろうと考えがちです。

 

ただし、枕から臭うということはあります。

 

しっかり対策して頭皮からも加齢臭を撃退しましょう!

頭皮から発生する加齢臭の特長と効果的な対策

加齢臭は頭皮からはしないと考えている人も少なくありません。

 

しかし、頭皮も皮膚ですから加齢臭は発生します。

 

頭皮の加齢臭対策には、どのようなものがあるでしょうか。

頭皮の加齢臭とは

身体の加齢臭は対策しているのに頭皮の臭いが枕などで気になるという人もいるでしょう。

 

 

加齢臭は、体内から起こるものです。

 

そのため、完全にシャットアウトしないといけません。

 

頭皮の臭いは、身体の加齢臭と変わりはないですが少し脂っぽく感じるようです。

 

頭皮が脂っぽくなることがあるでしょう。

 

脂っぽくなるということは、頭皮にも脂肪や過酸化脂質が存在するということです。

 

 

身体の加齢臭のメカニズムと同じように、頭皮も脂肪酸と過酸化脂質が結びつきます。

 

そしてノネナールを発生させるのです。

 

体内のケアをしている方なら徐々に効果は表れるでしょう。

 

なお、身体にのみ加齢臭用の対策をしていてはいけません。

 

石鹸やボディーソープ・香水など使用している人も気づきづらいです。

 

そのため、枕の臭いに驚くのです。

加齢臭対策は正しい方法と間違った対策に注意

インターネットを開くと色々な加齢臭対策を見ることができます。

 

しかしその中で間違った対策もないとは言えません。

 

しっかりと加齢臭対策の正しい知識を身に付けてケアしていきましょう。

間違った加齢臭対策の知識

加齢臭はへそなど色々なところからも発せられます。

 

ヘソ

 

加齢臭は耳の後ろからだけ発せられると思っている方がいるのではないでしょうか。

 

顔やへそも脂肪酸と過酸化脂質が結びつく場所です。

 

特に枕などからする臭いによってそう感じているのかもしれません。

 

ですので、身体を洗う時などは様々な個所をしっかり洗うようにしてください。

 

次に、まだ30代だから加齢臭のケアをしなくていいと考えている方も少なくありません。

 

30代からでも加齢臭は発生します。

 

 

ただ、活性酸素などが加齢と比例して増えてきます。

 

年齢を重ねた方が加齢臭が発生しやすいというだけです。

 

ノネナールが発生するのは、何も40代以降に限ったことではありません。

 

特に生活面が乱れている方や、ストレスの多い方によく見られます。

 

40代以降の加齢臭よりも脂っぽい臭いがすることが特徴です。

 

女性には加齢臭はないといった都市伝説のようなものがあります。

 

それは間違いです。

 

ノネナールが発生する要素は、男性と同じと考えてよいでしょうから対策は必要です。

無理をしない加齢臭対策

ノネナールを発生させないようにするには、

 

食事や運動など生活面を改善することが一番有効でしょう。

 

と言っても無理な改善は改悪になりかねないので注意が必要です。

 

体内からのケアは、持続して初めて意味を持ちます。

 

有酸素運動でも毎日続けることが大切で5分でも良いので続けてください。

 

 

辛い負荷を掛ける必要は全くないので、できる範囲で大丈夫です。

 

また、外面から臭いを緩和させる方法も持続しないと意味がないものでしょう。

 

加齢臭は皮脂が原因となっています。

 

皮脂の分泌量が多い人はこまめに拭き取ったりシャワーを浴びるようにしましょう。

 

皮脂が酸化した状態で皮膚に長くとどまらないようにすると良いでしょう。

 

男性の方が皮脂が多いので、汗をかいたりするとよけいに臭くなりがちです。

 

 

加齢集が気になるからと言って、やたらとコロンや香水などを使うのが逆効果です。

 

そこは注意点として覚えておきましょう。

 

外面からのケアでは、香水石鹸シャンプーなどが挙げられます。

 

ただし、体臭が余計に臭くなるものは控えてください。

 

加齢臭を緩和し良い香りのする商品は必ずあります。

 

このように、内面からも外面からも大切なことは持続させることです。

 

無理な改善や嫌いな臭いを付けるといったできないことはしないようにしましょう。

 

30代以降に身体に発生する加齢臭は仕方のないことです。

 

消す努力良い香りに体臭を変える努力をしてください。

 

正しい加齢臭対策を行うことで、いい結果が出るでしょう。

運動不足解消で加齢臭対策になる?健康にも良い方法

運動は行えば身体が健康的になっていくでしょう。

 

では、加齢臭に対してはどのような効果をもたらすのでしょうか。

運動は加齢臭対策に必要か

運動はカロリーを消費する有効的な手段です。

 

カロリーが減少すると自然と脂肪量が減り、加齢臭にも効果がでてくるでしょう。

 

運動

 

運動不足が続くと体内のコレステロールや中性脂肪たちが外に出てきて臭いの元となります。

 

しかし、今まで運動してなかった方に急に運動しろと言っても

 

無理だという答えが返ってくるでしょう。

 

膝がもたないという人や体力がない時間がないという人です。

 

運動しろとはとても言えません。

 

怪我や病気の元になるようなら逆効果になります。

 

まずは生活が改善するようにしてください。

 

しかし運動は新陳代謝も良くなり体重も脂肪とともに減る効果があります。

 

加齢臭対策になるため運動はお勧めです。

加齢臭対策はどんなプログラムを組めばよい

基本的には無理をしないようにプログラムを組めばよいでしょう。

 

ただし、運動は運動でも有酸素運動を取り入れてください。

 

有酸素運動とは、体に必要以上に負荷のかけない水泳ウォーキングを指します。

 

 

何も激しく運動することが良いとは言えません。

 

有酸素運動ですから活性酸素が増えてくると、

 

加齢臭の原因になるのでは、と懸念する方もいるでしょう。

 

息切れのするような激しい水泳やウォーキングだと活性酸素は増えます。

 

 

だから無理のない程度の運動がお勧めです。

 

一般に有酸素運動は20分以上継続が必要と言われていますが少し違います。

 

短時間でも毎日継続できる有酸素運動を行うことが大切です。

 

加齢臭対策だけではなく体重減にも健康にも、この方法を行うと効果が期待できます。

 

水泳は、プールに行くまでの時間が必要です。

 

そのため、手軽に始めることができるのはウォーキングでしょうね。

 

ウォーキング

 

ダイエットと一緒で大切なことは継続することです。

 

ウォーキングに朝早く行くと朝日を浴びて気持ち良くストレス解消にもなるでしょう。

 

ストレス解消も加齢臭対策の一つです。

 

加齢臭対策は大人のマナー

スメルハラスメントにも注意が必要です。

 

これを直訳すると臭いの迷惑といったところです。

 

その迷惑な臭いの一つに加齢臭が挙げられます。

 

加齢臭の対策を大人のマナーとしてするべきかどうか考えていきましょう。

加齢臭は抑制すべき

街の人に聞くとかなり多くの人が、加齢臭を気になったことがあると回答しているそうです。

 

古本の臭いと例えられるように、極端に不快なという訳ではありません。

 

古本

 

現代人の敏感になっている風習では気になる臭いの一つとなります。

 

確かに昭和の時代には加齢臭という言葉自体が聞きなれた言葉ではありませんでした。

 

今の時代では年齢による臭いで現象のひとつです。

 

仕方ないといって注意しない人が多数存在することを当事者が認識しないといけません。

 

嫌われるとまでは言いませんが、気になる臭いなので注意が必要です。

 

例えば口が臭いと思ったら歯磨きをするなり歯医者に行くなり対策をしますね。

 

同じく加齢臭についても同様に臭いのケアとして行った方がよいでしょう。

 

結論として加齢臭対策は、大人のマナーとして行うべきと考えた方がよいです。

加齢臭はどんな臭い

どんな臭いなのかというとあぶら臭いろうそくの臭い青くさい臭いなどです。

 

こういった意見が多くみられこれを不快に感じる人も少なくありません。

 

酸化を抑制する力が年齢を重ねるごとに衰えていきます。

 

このため、臭く感じることが多くなるというメカニズムです。

加齢臭のチェック方法

厄介なのが、加齢臭は自分では気づきにくいという性質があります。

 

強烈な臭いを放っている人も自分では気づいていないケースが多々あります。

 

一番いいのは他人に聞くという方法です。

 

恥ずかしくて聞けなくて困っている人も多いのではないでしょうか。

 

 

そこでセルフチェックを行ってみましょう。

 

やり方は、そんなに難しくはありません。

 

自分に加齢臭があるのかをチェックする仕方を紹介します。

 

まずは朝から着ていたシャツや肌着の臭いを嗅いでみる。

 

そうすると古本ロウチーズのような臭いがしませんか?

 

 

ここで注意しなければいけないことが臭いへの慣れです。

 

自分の臭いはなかなかシャツに鼻を近づけても感じることができないことがあります。

 

自分で自分の臭いを感じやすくするには、

 

入浴後石鹸の香りで鼻がリセットされた状態で嗅いでみてください。

 

こうすることで感じやすくなるでしょう。

 

また、ティッシュを皮脂の多い部分に押し付けてください。

 

そして、その臭いを嗅いでみるという方法もおすすめです。

 

皮脂の多い部分としては、おでこや鼻、わきの下や耳の後ろ等でも構いません。

 

臭いがなかった場合、次に布団のシーツ枕カバーをチェックしてみてください。

 

 

このチェックは朝起きた時にではないです。

 

帰宅時など自分の臭いをリセットできているときになどに行いましょう。

 

もちろんお風呂の後でも大丈夫です。

 

これらのチェックによって自分に加齢臭があるかどうか判明すると思います。

 

臭いに対する心配は社会に生きる人間として大切なことだと思います。

 

加齢臭は気になる臭いで対策すべきものだと思います。

 

前向きに対策していきましょう。

結び

加齢臭の対策の記事はいかがでしたでしょうか?

 

男性が対策する年齢も思っていたよりも早いと感じたのではないでしょうか。

 

また、運動や食事との関係も意外と思っていたものと違っていませんでしたか。

 

また、香水や石鹸、ボディーソープも臭いに効果的でしたね。

 

加齢臭の対策は、まだまだ大丈夫と過信しないことです。

 

そのため、30代からのケアが大切だということです。

 

スポンサーリンク