保育園の夏祭りに看板のデザインをするのって難しそうですよね。

 

また、目立つ配色におすすめなのはどのような色合いなども気になるところです。

 

このように保育園といえば夏祭りの看板のデザインが頭を抱えさせる悩みの1つです。

 

これは、手作りの場合でもデザインのポイントを踏まえることで悩みが解消することもあります。

 

それと、おすすめの目立つ配色とその理由を理解することによって、悩みは苦痛ではなく楽しいものとなります。

 

大切なのはヒントを得ていくつかパターンを考え、比較検討をしてから最終的な候補を選ぶことが大事です。

 

誰でも最初から看板のデザインを行う場合に完成図をイメージできるわけではないです。

 

保育園の夏祭りの看板をデザインを初めての挑戦で上手くいかないのは無理もないです。

 

むしろ、失敗を含めて楽しむ余裕を持った方が、結果的に良い仕上がりにできる場合が少なくないです。

 

写真や思い出にも残るものですから、上手く作りたい気持ちは当然ですが、何が重要なのか確認して取り組むことが大切です。

 

この記事では、保育園の夏祭りの看板をデザインを手作りする方法やおすすめの目立つ配色について詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク

 

保育園の夏祭りの看板のデザインする方法

 

保育園の夏祭りの看板のデザインする場合は、形状や寸法を決めてから、文字の配置や配色をする方法が基本です。

 

形状が決まらないとデザインのしようがないので、まずはどういった形にするか検討することです。

 

デザインしながら形状を決める手もありますが、この方法は終わりが見えなくなる恐れがあるので要注意ですよ。

 

看板といえば門に設置するタイプだと縦長、壁であれば横長にするのが定番ですね。

 

正方形というのは珍しいですから、あえて奇をてらって正方形、あるいはひし形にしてみるのも一つのアイデアです。

 

 

ただし、凝った形状はハードルが高く、経験がないと難しいのも確かなので、いきなり挑戦するのは疑問です。

 

複数のデザインを考える必要があって、その中の1つに加えるなら、変わった形状の看板もありでしょう。

 

寸法は作りやすさや視認性を考慮して、子供でも手作りしやすく決めることが大事です。

 

 

後は文字の配置と大きさを決めて、配色をしたらほぼ完成となります。

 

文字は字体で印象がかなり変わりますから、フォントを参考にシミュレーションをおすすめします。

 

このとき、文字だけだとシンプル過ぎて寂しいので、保育園では絵を描いたり装飾をすることが多いです。

 

 

夏祭りなら夏らしい涼し気なものや、風物詩をモチーフとしたデザインを行うのが一般的です。

 

何処に何を加えるのか決めるのはセンスが問われます。

 

ですが、方向性を1つに絞ることができれば、完成を目指すのは難しくなくなります。

 

迷って決められないことがあるのも事実ですが、それは限られるスペースに、あれこれと詰め込もうとするのが原因です。

 

子供たちの意見や希望を取り入れて、色々と詰め込みたくなる気持ちは分かりますが、そうすると収拾がつかないので失敗する恐れもあります。

 

重要なのはテーマやモチーフを絞り込み、方向性を決定してから文字や装飾を決めていくのがおすすめです。

 

何について伝えたい看板なのかを明確にしつつ、アイデアを1つか2つ取り入れて無理なく作れるものを目指すのが、保育園における理想的な形です。

 

文字を分割してそれぞれに異なる配色をしたり、パズルのようにバラバラの作品を組み合わせて、1つの完成品にする方法もあります。

 

 

見る人に良く見せようとすると大変ですが、楽しさを重視して最後まで仕上げれば、夏祭りらしい印象が伝わるはずです。

 

保育園の夏祭りの看板材料の工夫でも、また違った見せ方ができますから、発想力が試されるのは間違いありません。

 

しかし、子供の柔軟な発想を形にできるのも事実です。

 

最初はいくつか紙に書き出してみて、アイデアを取り入れながらラフ絵を完成させるのを目標にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

保育園の夏祭りの看板のデザインで目立つ配色のおすすめ

 

保育園の夏祭りの看板のを目立つ配色にするなら、おすすめは夏らしい印象が与えられる組み合わせです。

 

インパクト重視ならやはり原色系で、黄色に赤や黄色と黒の虎柄も定番です。

 

しかし、強い原色は目に刺激的ですから、原色同士の組み合わせでも見え方のバランスを考えることが大切です。

 

夏祭りといえば花火なので、夜空をモチーフにした紺色に、花火に見立てた赤や黄色を配色するのもおすすめです。

 

 

看板の背景を黒にすると更に花火が映えますし、紺色に白という組み合わせは洗練されていておしゃれです。

 

多色使いを行うと、何を見せたいのか分かりにくくなりますが、背景色を決めてしまえば後は案外楽です。

 

手作りの看板の場合は配色において肝心なのは、背景と組み合わせる色選びのセンスです。

スポンサーリンク

 

これが夏祭りの看板の仕上がりの印象を大きく左右します。

 

夏祭りの看板の場合は、会場の飾りや食べ物に催し物など、配色に使えるヒントが満載ですね。

 

 

飾りはやぐらや提灯、食べ物は綿菓子やかき氷にりんご飴と、まさに配色に使えるアイデアの宝庫です。

 

催し物は花火に加えて、金魚釣りやヨーヨー釣りにお化け屋敷などが挙げられます。

 

看板を手作りする場合、目立つ配色でいうと、原色系が強いのはいうまでもありませんね。

 

また、原色に真っ黒や、逆に真っ黒に金や銀を組み合わせる手もあります。

 

原色から外れた一見するとくすんだ色も、表現したいものを強調するのに役立つので、実は地味な色も保育園の夏祭りの看板のデザインで使えます。

 

色の組み合わせによっては、文字が見えにくく視認性が低下したりする場合があります。

 

なので、看板に一回り大きい白の縁取りを加えることも必要になります。

 

手作りするときに同系色は色が近いと馴染んでしまい、メリハリが弱く見えるので気をつけましょう。

 

反対色に位置する補色は、視認性を保ちつつバランスの良い配色ができるので、全般的におすすめ度が高いです。

 

違った系統の色同士は、ときにどぎつい印象を与えてしまうので、使いどころが難しかったりします。

 

それでも、デザインの幅を広げ豊かなアイデアの印象を与える為には、複数の色を組み合わせる必要が出てきます。

 

まずは2色の組み合わせを選んでみて、慣れてきたら1色を加え3色にしてみましょう。

 

 

同系色も3色になると、奥行きや立体感のある表現ができるようになります。

 

なので、メインになる1色を決めて組み合わせれば、目立つ上にまとまりのある配色が実現します。

 

白抜きは割とどの色とも組み合わせやすいので、迷ったときに使える配色の救世主です。

 

白地に文字を加える場合は、黒ではなく茶系にしてみたり、浮かび上がって見える黄色系も検討の余地があります。

 

ただ、昼間に遠くから見ると視認性が落ちますから、その点を考慮して上手く配色したいところです。

 

これらのことに気をつけて保育園の夏祭りの看板を手作りでも、目立つ配色が可能となります。

保育園の夏祭りの看板のデザインするときに使う材料のおすすめ

 

保育園の夏祭りの看板のデザインするには、材料を選ぶことも大切なポイントとなります。

 

看板に絵を描くなら大判の厚紙が便利で、扱いやすく小さな子供でも安全に使えるのが良いです。

 

 

夏祭りの提灯をモチーフにするなら、吊り下げる為の紐もあると便利ですよ。

 

絵の具を使うのが難しい保育園児だと、必然的に油性ペンなどを使うことになります。

 

ただし、夏祭りの看板を手作りの場合には文字や絵ではなく面のベタ塗りとなると骨が折れます。

 

そこでおすすめなのは、色を塗らなくても済む折り紙などの色つきの紙です。

 

切り貼りして配色できますから、子供にとって工作が簡単ですし、何より手が汚れないのも魅力的です。

 

もう1つのおすすめは看板に薄手の紙を、手で千切って糊(のり)で貼りつけていくといった作り方ができます。

 

 

こちらもアイデア次第で看板を様々な見せ方にできます。

 

また、立体感が演出できる余地もあるので、夏祭りの看板作りの幅が広がります。

 

金色や銀色などメタリックな色の折り紙は、使い所が難しい材料ではありますが、ワンポイントで印象をつけるのに役立ちます。

 

立体的な表現をするなら、風船や裂いて使うことのできる結束用のビニール紐もおすすめです。

 

風船も色の選べる選択肢が豊富ですし、ビニール紐は切ったり編んだり結ぶなど、工作の自由度の高さが光ります。

 

 

いずれも他の材料と組み合わせられるので、更にアイデアを膨らませたりデザインに加えられるでしょう。

 

無地のうちわを用意して、デザインに活用する方法もありますが、例えばアイスの棒を洗って再利用するのもありです。

 

色を塗ったり文字を書くなど、使いやすく便利な素材ですから、ある程度の数が集められるなら活用しない手はないです。

 

このように、夏祭りの看板デザインに使える材料は実に豊富で、案外身近にあるものも役立ったりします。

 

保育園で子供が使用するものなので、安全性に配慮しつつ、工作しやすい材料を選定するのが正解です。

 

年長さんならハサミが使えますから、紙を切り抜いたり貼り合わせるといった工作が可能です。

 

比較的安全で多用途に使える紐は、ビニールを縦に裂いて広がりを作ったり、裂かずに横に張って吊り下げるような使い方ができます。

 

細い糸もアイデアが活かせますから、定番の白い縫い糸や他の色も用意しておくと便利です。

 

 

難しいデザインを形にすることはできなくても、単純な素材の組み合わせで多彩な表現が可能ですから、とにかく沢山用意しておくのが良いでしょう。

 

ビニール袋や割り箸も、柔軟性が高く使い勝手が良好です。

 

そのため、使うかどうかは別としても、手元に置いておいて損はないはずです。

スポンサードリンク

まとめ

 

保育園の夏祭りの看板のデザインする方法についての記事はいかがでしたでしょうか。

 

また、目立つ配色のおすすめについてもお役に立てれば幸いです。

 

保育園の夏祭りの看板デザインをするには、形状や寸法を最初に決めておくことが大事です。

 

そして、文字や装飾を加え配色するのが、デザインする方法においておすすめとなります。

 

夏祭りはモチーフが豊富ですから、夏らしいヒントを参考に、装飾の検討を進めるのが良いでしょう。

 

夏祭りの看板でおすすめの材料は、厚みの異なる紙や色つきの折り紙と、ビニール紐や風船にアイスの棒などです。

 

ビニール袋や糸も使いようによっては便利ですから、使う予定がなくても用意しておくことをおすすめします。

 

肝心の目立つ配色については、原色系の2色がおすすめですが、定番の黄色と赤や黒の組み合わせは何かと使えます。

 

ところが、原色ばかりだとバリエーションが乏しく見えるので、あえてくすんだ色や定番色から外してみるのも、目立つ配色を行う上でのコツです。

 

手作りの場合、黒字に金銀などの派手な色や白抜きも使いやすく、目立ちやすいので看板に便利です。