表札はどこでいつまでに買うの?売ってるお店やデザインと値段の相場も紹介!

ハウツー

表札はその家の顔ともいえる大切なアイテムの一つですね。そのため、どこでいつまでに買うと良いのか気になるところです。日用品のように毎度毎度取り換えたり消耗するものでもありません。なので、どれにしようか決めるときもお店やデザインで迷ってしまいます。

 

また、お値段の相場もどれくらいするものなのか?ここでは、表札はどこでいつまでに買うのかやデザインと値段の相場について解説していきますね。

表札はどこで買う

表札はどこで買うかですが、昔は専門店で作ってもらうのが一般的でした。でも最近ではホームセンター、ネット、カタログなど注文できるところがたくさんあります。この場合にもどこで買うのが良いのか、迷ってしまうことも少なくありません。

 

ホームセンターは自分で確かめながら選べるので納得いくものを選べますね。しかし、デザインのバリエーションが少ないことが多いです。このため、自分の気に入ったものが探せないこともあります。

ネットやカタログで注文する場合にはそのバリエーションが豊富です。そのうえ、簡単な手続きで注文できる場合も多く非常に便利です。ただし、ネットやカタログは実物を直接目で確認したり触れたりの判断ができないという欠点もあります。

 

また、せっかくだからオリジナルのものを作りたいと考える場合には早めに注文をしなければなりません。

表札はいつまでに買う

表札をいつまでに買うかについては様々な意見があります。新たに家を買う場合には、表札をどのタイミングで付けるか迷ってしまうことも少なくありません。中古住宅を購入する場合には引っ越しのタイミングに合わせて事前に注文をしておきます。

それを引っ越しの時か少し前に取り付けるのがおすすめです。

 

新築の場合には家が完成してから自分で取り付けた方が良いのか?家を建てるのと一緒に取り付けた方が良いのか迷ってしまうことも多いものです。最終的には自分の好みで決めれば良いものです。新築の場合は家が完成と同時に建築士や大工さんに依頼して付けてもらうことも可能です。

また家が完成してから自分で全体を見てそのイメージに合うものを取り付けるのも非常に良い方法です。表札は家の顔とも言われるので、そのイメージに合うものをしっかりと選んで取り付けたいものです。

 

中には安いものを購入してとりあえず利用する。それを後で自分で気に入ったものを注文して付け替えると言う人も最近では多いです。様々な方法の中から自分で好きな方法を選ぶのが最も良い方法と考えられます。

 

あまりしきたりや常識にこだわらず、長く自分が住むことを考えて最適な方法を選ぶのが最も良い方法となっています。

表札が売ってるお店

表札を売っているお店の中で、非常に人気のあるのはカインズと表札館でとても有名です。カインズは、私も購入経験のあり、デザインがおすすめです。表札が売ってるお店を探すのは決して難しいことではありません。

 

最近では様々なところで売っていますね。その代表的な表札の売ってるお店が、カタログ店と実店舗です。ここでは私のおすすめする表札の売っているお店2選も紹介しますね。

カインズ

カインズの実店舗は、ネットでも受付をしています。自分の気に入った方法で注文をすることができる上、デザインも非常に豊富です。このため自由に選ぶことができるのが魅力です。

表札館

表札館はネット店舗がとても有名です。表札専門のネット通販なので古風なものから現代的なものまで揃えています。このように非常にバリエーションが豊富な点が特徴となっています。

 

いろいろなところの中から自分の気に入ったものを選ぶのが最適な方法です。ただしカタログ店やネット店で選ぶ場合には、実際に質感を確認することができないです。このようなリスクも踏まえて選ぶことが重要となります。

 

表札が売っているお店を調べる場合には、それぞれのメリットやデメリットを十分に意識しましょう。その上で自分に最適なところを選ぶのがポイントです。

カタログのメリットとデメリット

カタログの場合にはあらかじめカタログを見てよりリアルに質感などを感じて選ぶことができます。このように自分で実際に確かて表札を選ぶことができる点です。カタログだとネットが得意でなくても自宅にいながら選ぶことができますね。

 

ただし、こちらもやはり実物を見たり手に取っての判断ができません。様々な所の中から値段やデザインを比較して気に入ったところに注文をすることができる点が優れています。

実店舗のメリットとデメリット

実店舗は実際に店舗に行ってサンプルを見て大きさや質感など調べることができます。また文字を入れた場合のイメージなどを自分の目でチェックすることができる点がポイントです。

 

実店舗名で選ぶ場合には実際に自分で店舗に出向かなければいけないと言う面倒さはあります。ですが、多くの店舗では実際に門や外壁などに取り付けた形で展示をしていることが多いです。このようにイメージがわかりやすいのが特徴となっています。

表札のデザインの種類

表札のデザインには様々なものがあります。一般的には重厚なイメージを出そうとする場合には大理石や特殊な加工を施した木材などを利用することが多いです。この場合には基本的に掘ることのできる文字が決まっています。

 

ただし表札の値段の付け方にはそれぞれの店によっても違いがあります。お値段は、原材料金額に加工費の金額を足し合わせた形となります。まずは実際に様々なデザインの参考価格をチェックすることが必要ですね。

 

その価格はお店によっても異なります。相場ばかりでなく自分の好みのデザインを取り扱っているかによって選ぶことが重要です。単にいくらなのかと言う値段だけではなく、じっくりと時間をかけて選ぶのが良い方法といえます。

表札のデザインと値段の相場

材料費を含めた場合におおむね5万円から10万円程度の費用がかかると考えておけば良いでしょう。しかし最近ではプラスチックの板に特殊な形で印刷をするものも増えています。この場合には2万円から3万円程度でできるものも多いです。

 

そのため、状況に応じて表札を選ぶことが重要となります。特に最近では四角い木や石などの素材に名前を掘ると言うものだけではないです。蔦などを象ってアルファベットで文字を表現しているものなど様々なものがあります。

蔦のデザインの表札の値段

蔦のデザインの場合にはその値段が高額となることも少なくありません。なので、取り付ける場所や自分のイメージに合わせて選ぶことが必要となりますね。さらにデザインの種類によってはその価格が大きく変わる場合もあります。

 

できれば相場を確認しながら自分の気に入ったデザインを選ぶことが重要となります。この場合は文字数によりそれぞれ値段が異なることが多く、1文字1万円程度の場合が多くなっています。したがって文字数が増えるとそれだけ割高になるので十分に注意をしなければなりません。

表札を買うときの注意点

表札を買うときには様々な条件や納期等を十分に確認してから買うことが必要となります。基本的にそれぞれ専用に制作するお店のケースが多いです。出来栄えが気に入らないからといって返品や交換をする事は実際にはほとんどできません。

 

この理由は、ほとんどの表札は手作りで作られているためです。注文してから制作にとりかかることが多いので途中で購入を止める事は原則的にはできないためです。

 

これは実店舗だけではなくカタログやネットでの購入にも言えることです。特にネットやカタログの場合には現物のイメージを十分に認識できない場合も多いようです。

作ってからなんとなくしっくりこないと言うことで返品や交換を行おうとする人も多いです。しかし注文をした時点で様々な部分に関して了承をしたと言うことになってしまいます。

これらのものは原則的には返品や交換は受け付けていません。

 

どうしても気に入らないと言う場合には再度お金を払って新しいものを作ると言う選択肢となります。このようなケースしかない場合もあるため注意をすることが必要です。表札を買う際には新たにマイホームを持つ人にとっては非常に嬉しい瞬間でもあります。

そのため、一時期は様々な購入方法が考えられました。最近ではそれぞれの方法が淘汰されてしまったこともあります。

実際に自分の目で見て購入をすることができる実店舗も非常に便利なものであると考えられます。

 

その反面、いちど設置をしたら返品交換が難しいです。また、店舗で見た色と実際の色とは若干異なると言う場合も少なくありません。このようなことを避けるためにもそれぞれの注意点をよく確認することが大事です。

 

その内容がどのような条件で成り立つのかといった点にも気を配りながら選ぶことが必要となりますね。

結び

表札はどこでいつ買うの記事はお役に立てたでしょうか?表札はどこでいつ買うといった悩みは家を購入する人にとっては非常に贅沢な悩みでもあります。しかしそのために様々なしきたりに惑わされてしまうことも多いのです。

 

最近では売ってるお店を探すのも簡単では無いですね。場合によっては自分の希望のデザインが購入できない場合も少なくありません。また注意点も十分に事前に確認しておく必要があります。

 

そのためまずは自分でしっかりとスケジュールを立てることが重要です。そのスケジュールをこなす上で、様々な計画を逆算しておくことです。こうして、いつまでにやればいいと言う点を重要視することが必要となっています。

 

最近の表札では同じようなデザインでも素材によって金額が大きく変わります。また、デザインの種類でその値段が違うことも多いです。最近ではインターネットを利用して表札を作ることができます。

 

これらのサービスを利用して表札を購入する人が非常に増えるようになりました。そのため、値段の相場を十分に意識しながら比較検討し最も良いところを選ぶことが重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました