今の時代、ネットで商品を購入することが多くクレジットカードは必須ですね。

 

 

ですが、学生だとクレジットカードの審査に親の同意が必要になるって知ってましたか?

 

そこで、親をどう説得し理解してもらい審査の許可をもらうかが重要となってきますね。

 

また、学生がカードを作るときの注意点などもあります。

 

今日は、このクレジットカードについて詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードの審査で学生は親の同意が必要な理由

クレジットカードの審査において、学生は親の同意が必要というのが一般的です。

 

その理由は信用度によるもので、親が代わりに本人の信用を保証する形になるのが特徴です。

 

 

例えば、無計画にカードを使い過ぎて返済が難しくなったり、返済を期日までに行わない、というようなリスクを避ける意図があります。

 

勿論これは未成年の場合に重要性が高くなります。

 

成人している大学生であれば、必ずしも重要とはいえないでしょう。

 

しかし、クレジットカード側が審査における条件に指定しています。

 

そのため、同意なしで申し込んでも審査をクリアするのは困難です。

 

その為、学生がカードを持ちたいと考える場合は、親を説得してから申し込む必要が出てきます。

 

未成年は未成年でも、婚姻を行えば成年に達したものと擬制(ぎせい)を受けるという法律があります。

 

 

これは民法の753条に書かれている条文で、つまり結婚を行えば法的に成人とみなすというものです。

 

何でも成人と同様の恩恵が受けられるわけではありません。

 

しかし、クレジットカードによる、親に対する同意を求めなくなる可能性は高いです。

 

1人の独立した大人と見なされれば、本人の意思や信用次第で契約が結べるようになるはずです。

 

学生のクレジットカードの審査で親の同意が必要な理由は、このようにカード会社が求めていることによります。

 

まだ独立していない本人の代わりに、保護者の信用に基づいて審査を行うと考えることができます。

 

ただ、未成年でも婚姻をして結婚済みであれば、独立した成人と同様に扱われる期待感が高まります。

 

あくまでもクレジットカード会社の判断次第です。

 

婚姻の事実があっても同意を求めてくることはあり得ます。

 

 

その時は諦めて説得を行ったり、学生としての身分を卒業してから検討を始めることになるでしょう。

 

携帯電話の契約にも保護者が関わってくるように、カードを作る際にも無視できないポイントとなります。

 

民法では、制限行為能力者という規定によって、未成年者の法律行為における制限が掛けられています。

 

これこそが最大の理由です。

 

本人が勝手に申し込んだり契約を結ぶことはできないわけです。

 

未成年は法律で守られています。

 

その分制限も存在しているので、体は大人でも法律行為は大人と異なります。

 

仮にもし嘘をついて契約を行うと、本来受けられるはずの法的な保護がなくなってしまいます。

 

そのため、カード会社や保護者を騙すような行為には要注意です。

 

 

説得を行えば認めてもらえる可能性はあるので、まずは希望を伝えて話し合うのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

学生がクレジットカードを作るときの親の説得の仕方

学生がクレジットカードを作りたくなったら、親を説得して承認したり同意を受ける必要があります。

 

説得の仕方は相手にもよるでしょうが、作る理由の説明を行い納得させるのが近道です。

 

 

必要性があると判断されれば、子供に厳しい親でも考えを改めたり、前向きに検討してくれるようになるでしょう。

 

嘘をついたり誤魔化す(ごまかす)よりも、正直にクレジットカードが欲しい理由を話すことをおすすめします。

 

何となく格好良いから、あるいは大人っぽく見えるなどの理由だと厳しいです。

 

クレジットヒストリーの信用を作りたいといった理由なら説得力があります。

 

お金の管理を自分でしたい、そういう理由も現実的な説得の仕方となります。

 

他にも、海外旅行をして見聞を広めることです。

 

もしくは海外から商品を仕入れて販売するビジネスを始めたいなども有力です。

 

 

理由はどうであれ、嘘をついても見抜かれてしまいます。

 

そのため、後で発覚すると学生本人の立場が怪しくなります。

 

説得力は事実から生まれるものです。

 

本音を話してクレジットカードの申し込みを認めてもらうのが理想的です。

 

インターネットショッピングが当たり前の現代では、クレジットカードの方がお得に買えるというのも説得理由となるでしょう。

 

おまけに付帯保険で保証も受けられるとなれば、親は現金を持たせるよりも安心と思うものです。

 

もう1つ親の説得の仕方を挙げるとしたら、それは返済計画を立てて信用してもらうことです。

 

信用に基づき融資が受けられるクレジットカードは、当然ながら使った分の返済が発生します。

 

収入があれば返済能力は認められます。

 

しかし、信用はまた別の問題ですから計画を立てて親を安心させることが必要です。

 

親が学生のカードを作ることを認めないのは、返済に不安があって正しく使えるか疑問を抱いているからです。

 

 

つまり、説得によって安心させることができれば、不安が解消して信用が認められる可能性が高まります。

 

こうして申し込んでも良いと判断される結果に至ります。

 

何が何でも駄目という頑固な親であっても、説得力のある説明で根気良く話を行うことです。

 

これで考えを変えたり軟化する可能性もあります。

 

一度では上手くいかなくても、二度三度と繰り返し説得することで学生本人の希望が実現へと近づきます。

 

説得の仕方を実行する上でのコツは、焦らずに気持ちを伝え丁寧な説明を心掛ける点です。

 

逆に、一方的な要求ばかりをぶつけたり結果を求めて強引なやり方を取ってしまうと、相手は反応して態度を硬化させる恐れが強まるでしょう。

 

学生がクレジットカードを作る方法と注意点

クレジットカードは前借りのようなものなので、学生は利用の度に借金をするつもりで自覚する心構えが求められます。

 

 

現金がなくても商品が買えたりサービスを受けられますから、落とさないように気をつけることもまた注意点の1つです。

 

返済に延滞を生じさせてしまうと、いわゆるクレジットヒストリーに傷がついて今後に影響します。

 

クレジットヒストリーは、人生において長期的に影響が響くので、傷をつけないように注意を払うことが大事です。

 

学生がクレジットカードを作る方法は、目的を明確にして親を説得した上で、必要十分なカードの申し込みを行うことです。

 

限度額はなるべく低く、返済が長引くリボ払いは避けて1回払いに設定するのが基本です。

 

限度額を抑える理由は使い過ぎの防止で、審査の通りやすさという意味でも有効となります。

 

 

親の説得にも、上限枠は小さめの方が説得力が出ます。

 

このため、できる限り用途に合わせて限度額を決めましょう。

 

リボ払いは毎月の返済額が一定ですが、追加で利用を行うほど返済期間が延びてゴールが見えなくなりがちです。

 

経済的に余力がある人なら問題ないでしょう。

 

しかし、収入が限られる学生にとってはリスクが高いといえます。

 

分割払いは毎月の負担が減るものの、油断が生じて借り入れに借り入れを重ねてしまう恐れがあります。

 

返済を終えてから新たに借りる、それが安全にクレジットヒストリーを高めるポイントです。

 

なので、1回払いに設定したり利用を始めるのがベストです。

 

1回払いは手数料の点においても有用で、無駄な出費が減らせるメリットになります。

 

ただし、一度の返済可能額に制限がある学生にとって、高額商品の購入やサービス利用時の1回払いは困難です。

 

 

そういった時は柔軟に考えて、分割払いに切り替えて少しずつ着実に返済を終えるのが良いでしょう。

 

一方では、使えるからと限度額いっぱいに使用しないことも注意点に加わります。

 

常に限度額付近での借り入れだと、返済が苦しくなるばかりか新たな借り入れの余裕もなくなります。

 

限度額は信用を積み重ねれば増えます。

 

最初は上限が小さいとしても、焦らずにコツコツと増やすのがおすすめです。

 

上限をいくらに設定するかは収入次第ですが、収入と同額にして利用を始めるのは無謀です。

 

大抵は10万円から数十万円程度なので、この間で収入に合わせた設定を考えることになります。

 

付帯サービスとしてキャッシング枠がある場合は、5万円くらいに抑えておくと安心です。

アルバイトがクレジットカードを作る方法と注意点

アルバイトがクレジットカードを作るのは、学生でなければ1人の大人として簡単に実現します。

 

カード会社は安定収入を貸し付けの条件にします。

 

アルバイトも正社員や派遣と同様に、れっきとした収入源と見なされます。

 

 

その為、成人なら親の同意は不要です。

 

特に注意点もなくクレジットカードを作ることができるでしょう。

 

しかし、親の保護にある学生とは違い、アルバイトは自分で身分を証明する必要があります。

 

在籍確認はその方法の1つです。

 

申し込み時に勤務先の連絡先を伝えれば、後日掛かってくる電話で在籍が証明できます。

 

注意点は勤務先の電話で、本社の番号か普段勤めているお店のどちらかという点です。

 

前者は企業全体の中心的な連絡先です。

 

これは、一見すると在籍確認に適していると思われます。

 

ところが、本社も全ての従業員を把握しているとは限りません。

 

在籍確認の電話に応対してもらえるかは未知数です。

 

よって、より確実に電話に出られるという意味で、普段の勤務先の電話番号を伝えるのが正解となります。

 

 

複数のアルバイトを掛け持ちしている人は、勤務時間が長い方から順に、申し込み書類に記入するのが無難です。

 

これも在籍確認の確実性を高める為です。

 

仮に最初の勤務先で確認が取れなくても、次の勤め先の電話でOKとなる可能性を高めるのが目的です。

 

ただし、申し込み書類に複数の記入欄がないケースもあります。

 

その時は勤務時間の長い方を書き入れるのがベターでしょう。

 

記入欄に問題がなくても掛け持ちが多いならば、カード会社の担当者に理由を説明します。

 

このとき確認の電話の時間を希望に合わせてもらうのが良いです。

 

何時どの勤務先で働いているかを伝えておけば、そのタイミングに合わせて電話を掛けてもらえる可能性が高まります。

 

在籍確認自体は、本人以外が電話に出ても完了します。

 

それでもクレジットカードの申し込みが気になる場合は本人が出るのが賢明です。

 

 

誰から何のようかと追求される恐れはあるでしょう。

 

なので、担当者と勤め先の人が会話を交わすよりは安心です。

 

クレジットカードの審査に通って利用が始まったら、返済を滞らせないことが最大の注意点となります。

 

延滞は融資におけるペナルティが大きく、信用を大幅に失うリスクがあります。

 

今後の利用が拒否されたり、新しくクレジットカードを作るのが難しくなったりします。

 

カードの利用において延滞は絶対に避けるべきポイントです。

 

アルバイトは、勤務先の都合で急に解雇が発生するリスクを秘めます。

 

返済に不可欠な収入源を失わないことにも注意しましょう。

 

家族カードにはメリットとデメリットがある

名前の通り家族でカードが利用できる家族カードは、メリットと共にデメリットが存在します。

 

 

その仕組みは、契約者が審査を受けて契約を行うことで、他の家族もクレジットカードが使えるようになるというものです。

 

メリットは、審査が通らない家族もカードが使えたり、個別に申し込んだり審査を受ける手間が省けることです。

 

また家族全員の利用分が明細で把握できます。

 

誰がいくら使ったか、使い過ぎはないかなどチェック可能なメリットもあります。

 

限度額を家族で共有する仕組みですから、誰か1人の使い過ぎがあっても直ぐに分かります。

 

年会費が節約できたり無料に設定されているなど、サービスの利用に必要な維持費が小さめなのも魅力です。

 

 

メリットは更に、保険などの付帯サービスがついて、家族も契約者本人と同等の恩恵が受けられることです。

 

別に保有しているカードと合わせて、補償の合算といった恩恵も受けられます。

 

このため、組み合わせ次第でメリットの幅が広がります。

 

通常のクレジットカードは1枚を使い回しできません。

 

しかし家族カードは人数分を発行することで、それぞれが個別に利用可能となっています。

 

しかも、家族全員でカードを育てるイメージですから、ポイントやマイルなどの還元がより受けやすくなります。

 

1人で貯めるよりも貯まりやすくなるので、ポイントとマイルを貯めたいなら家族カードが狙い目です。

 

デメリットとしては、明細から家族に利用が発覚してしまったり、それが元で喧嘩に発展するケースもあることです。

 

 

予め1人いくらまでと決めておけば大丈夫です。

 

ただし使えるだけ使ってしまえば家族から非難されても仕方がないです。

 

必然的に限度額や明細を共有する形になるので、お金に関するプライバシーを気にする人には向かないでしょう。

 

利用における信用の積み重ねは、あくまでも契約者契約者本人のみとなります。

 

そのため、家族カードを使っても自分のクレジットヒストリーが育てられないのはデメリットです。

 

自分専用のカードを持つのが難しい学生ならまだしも、社会人はあまり恩恵が受けられなくなります。

 

家族の人数が増えると限度額の余裕がなくなります。

 

そういう意味でもあまり高額な利用には使いにくいデメリットが生じます。

 

 

クレジットカードを作る際に申し込む、契約済みのカードで申請するなど、家族カードの作り方には二通りあります。

 

前者は本人が審査を通過する条件が必要です。

 

後者は申し込みが受理され次第カードを発行してもらえます。

 

結び

クレジットカードの審査で学生は親の同意が必要な理由についてはご理解いただけたでしょうか?

 

また、カードを作る方法やそのときの注意点についてもあなたのお役に立てると幸いです。

 

この章では、ここまでの要点をまとめて載せておきますので活用してくださいね。

 

 

クレジットカードの審査で学生は親の同意が必要な理由です。

 

信用度によるもので親が代行して本人の信用を背負う形になるのが特徴です。

 

無計画にカードを使い過ぎて返済が難しくなったり、返済を期日以内に実施しない、などのリスクを回避する意味を挙げられます。

 

こちらは未成年の際に重要性が高くなるので、成人している大学生だったら、それほど重要とはいえないはずです。

 

未成年は未成年でも、婚姻をしたら成年になったものと擬制を受けるという法律が存在します。

 

クレジットカードによる、親に対する同意を求めなくなる可能性は高いです。

 

 

ただし、あくまでもクレジットカード会社の判断によりけりのため、婚姻の事実が存在しても同意を求めてくることはありうるのです。

 

たとえもしも嘘をついて契約をすると、本来受けられるべき法的な保護が消えてしまいます。

 

親の説得のコツですが、作る理由の説明を行い納得させるのが効果的な方法でしょう。

 

必要性があると理解されれば、子供に厳しい親でも考えを見直したり、本格的に思案してくれるようになります。

 

嘘をついたりあやふやにするぐらいなら、正直ににクレジットカードを手に入れたい理由をお話しされていることをおすすめします。

 

インターネットショッピングが当たり前の今の時代、クレジットカードのほうがお得に購入できることなども説得理由となるでしょう。

 

 

収入があれば返済能力は許可されますが、信用はまた更なる問題です。

 

そのため、プランを立てて安心させることが重要になります。

 

学生がクレジットカードを作る方法と注意点は、返済に延滞をもたらしてしまう。

 

こうなると、よくあるクレジットヒストリーに傷がついて今後に関わってきます。

 

限度額はできるだけ低く、返済が長引くリボ払いは控えて1回払いに設定するのが良く見受けられます。

 

分割払いは毎月の負担が減るものの、おごりが生じて借り入れに借り入れを重ねてしまうことがあり得ます。

 

限度額は信用を積み重ねれば膨らみます。

 

最初は上限が小さいであっても、焦らずにしっかり増やすのがおすすめです。

 

だいたいは10万円から数十万円程度くらいです。

 

この間で収入に見合った設定を想定することが必要です。

 

 

アルバイトがクレジットカードを作るのは、学生でないとすれば1人の大人として問題なく可能です。

 

しかし、親の保護にある学生とは違い、アルバイトは自分で身分を証明することが大前提となります。

 

在籍確認はその方法の1つで、申し込み時に勤務先の連絡先を伝えれば、後日掛かってくる電話で在籍が証明できます。

 

注意点は勤務先の電話で、本社の番号か普段勤めているお店のいずれかという点です。

 

より確実に電話に出られるという意味で、普段の勤務先の電話番号を伝えるのが正解となると言えます。

 

家族カードのメリットとデメリットについてですが、まず仕組みから話しますね。

 

契約者が審査を受けて契約にあたることから、他の家族もクレジットカードが使えるようになるというものです。

 

 

メリットは、審査が通らない家族もカードが使えたり、個別に申し込んだり審査を受ける労力が省けるわけです。

 

さらに、保険等の付帯サービスにあたって、家族も契約者本人と等しい恩恵が受け取ることができます。

 

デメリットとしては、明細から家族に利用が発覚してしまったり、これがきっかけとなりもめごとに発展する場合もあることです。

 

嫌でも限度額や明細を共有する形となってしまうため、お金に関するプライバシーを気に掛ける人ではあわないです。

 

 

自分専用のカードを持つのが難しい学生ならまだしも、社会人はあまり恩恵が受けることができなくなっています。

 

以上がクレジットカードの審査で学生は親の同意が必要となる理由や作り方と注意点のまとめとなります。

 

スポンサーリンク