田中音江のWiki風プロフィール!身長や年齢と学歴は?家族構成も!

人物

田中音江のプロフィール

 

田中音江(たなか おとえ)さんの公式プロフィールでは、大阪府出身ということで生年月日が2001年8月19日ということです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 音江(@tanaka_otoe)がシェアした投稿

 

その他は全て様々な写真やその他の情報から推測されているというのがほとんどのようです。

 

プロフィール

名前:田中音江(たなか おとえ)

生年月日:2001年8月19日

年齢:19歳

身長:160センチ前後(推定)

チャームポイント:八重歯・えくぼ

出身地:大阪府出身

家族構成:父・母・弟

事務所:事務所はエイベックス・AY・ファクトリー

デビュー作品:Audition~君がくれた約束

 

しかしInstagram(インスタ)やTwitter(ツイッター)などで積極的に自分の情報を発信しています。

 

その中から様々な情報を垣間見て推測をしている人も多いのが実状です。

 

田中音江さんの本名・年齢・身長のうち、年齢だけは生年月日が公開されています。

 

なので、ここから計算して2021年現在19歳と言うことがわかりますね。

 

しかしこれ以上の情報は公開されていないため、その名前が本名であるかどうかもはっきりしないところがあります。

 

ただしTwitter等では自分の名前を頻繁に発言していることから、おそらく本名で活動しているのではないかと思われます。

 

身長はこれも非公開ですが、SNSに投稿された写真などから周囲の人に比べて比較的身長が高い印象があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 音江(@tanaka_otoe)がシェアした投稿

 

少なくとも身長は160センチ以上と思われます。

 

この投稿から推測すると御朱印集めや神社巡り、食べ歩きが好きなようですね。

 

とっても楽しんでる姿からみるとこれらも彼女の趣味なのかもしれません。

 

タカ
タカ

私も御朱印集めや食べ歩きが大好きなので、このインスタ初めて見たときはすごく親近感がわきました。

 

また、インスタに挙げられている投稿にはお菓子作りについても書かれています。

 

中学の時からレシピを書いてる本が埋まったということは、こちらは間違いなく彼女の趣味でしょうね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 音江(@tanaka_otoe)がシェアした投稿

 

田中音江さんの生年月日・出身地は公式プロフィールで公開されており、その中から出身地は大阪であることがわかります。

 

具体的に大阪府のどこなのかまでは、公開されていません。

 

学歴・趣味も正式には公開されていませんが、SNSなどで過去の写真などを投稿していることがあります。

 

学歴については、歳から逆算すると一昨年までは高校3年生だったということですね。

 

家族構成も公式プロフィールには掲載されていませんが、SNSで家族に関する情報も時折発信しています。

 

この投稿では、弟さんに誕生日プレゼントを貰ったことが載せられていました。

 

 

このように発信されるSNSの情報からみると弟さんがいることがわかります。

 

弟さんとの話題は比較的頻繁に登場するので、非常に仲の良い姉と弟であるということが推測できます。

 

所属事務所はエイベックス・AY・ファクトリーとなっており、2021年1月現在ではまだタレント候補生と言う立場です。

 

ですが、非常に精力的に活動しており多くのベテラン俳優からも注目されている存在となっています。

 

そのことからも今後が非常に期待できる女優さんと言うことになります。

 

なお、舞台「Audition~君がくれた約束」でデビューしています。

 

その高い演技力を買われてそれから短い期間に様々な舞台に出演するようになりました。

 

その役柄もいろいろな舞台に出演しているほか、その高い演技力から主演に抜擢されたものもあります。

 

主演作を務めた「レディ・ア・ゴーゴー!!2020」では300人以上の中から主演を勝ち取ったと言う非常に運の強い女優でもあります。

 

彼女の特徴は透明感のある雰囲気にあり、小顔ですっきりとした顔立ちと手足が長くスタイルの良いそのルックスです。

 

これが舞台では非常に大きな存在感を発揮すると考えられます。

 

最近は女優でも比較的小さい可愛らしいルックスの人が多いのです。

 

そのために可愛らしさばかりが際立ちその演技に目がいかないと言うことも少なくありません。

 

田中音江さんの場合には舞台のオーディションでデビューをしただけあってその存在感は多くの女性タレントとは異彩を放っています。

 

もともとは2018年に行われたファッションショーに出演したことでスカウトされています。

 

そしてエイベックスのタレント候補生として芸能界入りをしています。

 

当初は現在チャームポイントとなっている八重歯にコンプレックスを持っていたようです。

 

最近では多くのファンからかわいいと言う評価を受けています。

 

タカ
タカ

自分自身でもこれを意識してかあまりコンプレックスにはならなくなったとSNSで話していたのが印象的でした。

 

私も初めて彼女を見たときの第一印象は、「笑顔のときの八重歯がかわいい」というところでした。

 

初舞台から急成長した女優さんであるため、今後の活躍が期待できるのもポイントですね。

田中音江の代表作品は何

 

田中音江(たなか おとえ)さんはデビューしてまだ1年足らずと非常にキャリアが浅いのです。

 

それでも2020年だけで4本の舞台に出演しているんです。

 

そのうちの1本は主演と言う大役を果たしたことでも急成長をしたと考えられる女優さんです。

 

 

代表作は何かと考えた場合には、どの作品を選ぶか迷ってしまうことも多いのです。

 

あえて挙げるのであれば、私なら初主演の「レディ・ア・ゴーゴー!!2020」ですね。

 

「レディ・ア・ゴーゴー!!2020」は、12月のクリスマスの中で様々な活躍をする女性と1人の天使が描くファンタジーとなっています。

 

日常生活と現実離れした様々な展開が織り成す非常に心温まるストーリーとなっているのが特徴なんです。

 

その中で田中音江さんは主役の女性を演じ、非常に輝きのある演技を見せてくれていました。

 

その他にもこのミュージカルでは多くの女優さんが出演していて、非常に息のあった素晴らしい演技を見せてくれているのもポイントですね。

 

 

デビューして1年で主役を勝ち取った田中音江さんも見事です。

 

彼女のデビュー作となった「Audition~君がくれた約束」は様々な夢を見て集まった女の子に降りかかるいろいろな災難を描いています。

 

これを乗り越えながら成長していく姿を描いたものとなっていて、ハートフルなドラマとなっています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 音江(@tanaka_otoe)がシェアした投稿

 

ここでは脇役と言う立ち位置ながら、主役をもり立てるばかりではないところにも新人とは思えない凄さを感じました。

 

初めてでありながら物怖じしない演技を見せていることもその後の活躍につながっていると考えられます。

 

その他にも2つの舞台に出演していて、主役ではないながらもその存在感を示している田中音江さんは2020年だけで多くの観客の心をつかんだ女優となっています。

 

そのため彼女のプロフィールを語る上でも重要なものとなっているのが特徴です。

 

現在のところ代表作品は何と聞かれるとこの2本を挙げる人が多いのです。

 

今後も様々な舞台をこなしていくと予想され、その中には主役も増えると考えられます。

 

そのため次々と代表作を増やしていく女優さんであることは間違いないと思うので今後が非常に期待できます。

 

田中音江(たなか おとえ)さんは、舞台でその演技を見てみたいと思わせる、期待の女優である事は間違いありません。

田中音江の今年(2021年)上演した舞台は何

 

田中音江(たなか おとえ)さんの今年上演(2021年)した舞台は、「勇者セイヤンの物語~ノストラダム男の大予言~」です。

 

これは「爆走おとな小学生」の舞台となっています。

 

主役である勇者セイヤンの冒険の旅を描いたものとなっているのが主なストーリーです。

 

通常であればこのようなドラマはよくある勇者の活躍の物語となってしまいがちですね。

 

でも、このドラマは他とは少し異なったストーリー展開に話が進むのが特徴となっていました。

 

物語の始まりは運命の女性を探して旅を続けると言うものです。

 

しかし、その目的は冒頭にあっさり達成されてしまうというのが今回のお話のポイントです。

 

これでは話が終わってしまうのではないかと思う人も多いのですが、実はそれには大きな落とし穴があったんです。

 

実際には天変地異により主人公であるセイヤンにはもう1人のコピーが作られていたと言う奇想天外の設定なんです。

 

また運命の人に出会っていたと思っていたのですが、実際にはその相手は人間ではなかった。

 

植物が進化して人の言葉をしゃべれるようになったというお話なんです。

 

その点では基本的に何も目的は達成されていないことになっているという。

 

いわばどんでん返しのようなストーリーも見逃せません。

 

その中で様々な本来の思惑とのギャップに惑わされながら、周囲で起こる戦乱の中で本来の勇者としての本分を思い出していきます。

 

最後は歪んだ世界の全てをまとめるために動き出すと言うものとなっています。

 

この中で田中音江さんは傭兵の役を演じています。この作品では、これまでのような可愛らしい雰囲気とは全く異なる力強い演技を見せているのが特徴です。

 

 

これまで彼女の舞台を見てきた人にとっても新たな面を発見できるものとなっていました。

 

その潜在的な演技力の高さに注目せざるをえません。

 

これまでは可愛らしい女性を演じることが多かったのです。

 

ですが、今回は大きなストーリーの中で傭兵と言う非常に目立たない役を演じています。

 

その中で戦闘シーンなどでは非常に迫力のある姿を見せています。

 

単なる可愛らしさだけではない、今後の成長が期待できる女優です。

 

タカ
タカ

「勇者セイヤンの物語~ノストラダム男の大予言~」は、田中音江さんにとって1つの新境地を開いた作品といえるでしょうね。

 

今後もこのような意外性のある舞台に意外な役で出演することも多くなると考えられます。

 

次々と新たな一面を見せながら成長する田中音江さんの今後の姿を見守りたいです。

まとめ|田中音江のWiki風プロフィール!身長や年齢と学歴は?家族構成も!

 

田中音江(たなか おとえ)さんは、公式プロフィールでは生年月日が2001年8月19日、大阪府生まれの19歳です。

 

プライベートでは非常に可愛らしい19歳と言うイメージが強いです。

 

SNSではその近況も積極的に発信しており、親しみやすさを感じる女優でもあります。

 

 

身長は非公開ですが、SNSの投稿を見る限り160センチ前後と思われます。

 

家族構成も非公開となっていますが、こちらも本人のSNSの情報からすると父親、母親、弟さんがいます。

 

ですがSNS等の投稿によりファンの間ではその推測をすることが1つの楽しみとなっているようです。

 

代表作品には「レディ・ア・ゴーゴー!!2020」や「Audition~君がくれた約束」かあります。

 

今年(2021年)上演した舞台は「勇者セイヤンの物語~ノストラダム男の大予言~」があり、これは傭兵役と言う新境地を見せているのも特徴です。

 

田中音江さんの今後のさらなる活躍を応援します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました