脳育ダンスバラエティ オドルポリタンのダンスは、オリジナルの6種類のダンスで構成されています。

 

番組内では、「つながーるず」のメンバーが南流石(みなみさすが)さんの振り付けで脳育ダンスを踊ります。

 

ただ、踊りを踊るだけではなく、ダンスのポイントを脳科学理論をもとに解説も行われています。

 

子供の身体や脳の発達を促すために有効だと言われているダンスにこうして脳科学を組み合わせています。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは、小さな子供や子供を持つ大人が視聴していることが多い番組なんです。

 

この記事では、6種類の脳育ダンスや、番組の見どころと放送日なども紹介していきます。

スポンサーリンク

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンの6種類のダンスとは?

    出典:脳を育てる『オドルポリタン』に密着!

 

「脳育ダンスバラエティ オドルポリタン」では6種類のダンスのうち、どれか1つが毎回紹介されます。

 

約1分間、いずれかが放送されるので、毎日どれが見られるのか楽しみにしている子供も少なくないようです。

 

6種類のダンスとは、かいせい・はれ・はれのちくもり・くもり・くもりのちあめ・あめとなります。

 

これは有名振り付け師の南流石(みなみ さすが)さんが振り付けを担当しています。

 

南流石といえば、有名アイドルグループや大物アーティストの振り付けを数多く担当していますね。

 

 

このように、人々を惹き付ける振り付けを数多く生み出している人物です。

 

オドルポリタンで放送されるお天気ダンスは、京都大学の名誉教授であり、脳科学分野の世界的権威である久保田競(くぼた きそう)さんが提唱するダンスです。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは、保田競さんの脳科学理論に基づいた動きに、南流石さんによる振り付けが組み合わされたダンスなんです。

 

各分野で優れた力を持つ2人がタッグを組んでいるので、子供から大人まで楽しく踊ることができるダンスです。

 

それでありながら、子供の身体や脳の発育に役立つようなダンスになっているというわけです。

 

 

お天気ダンスには、それぞれの天気をあらわすような振り付けが採用されています。

 

このような天気ごとの特徴が反映されたダンスが1分間に凝縮されています。

 

動き自体は小さな子供でもすぐに真似することができるような簡単なものばかりなんです。

スポンサーリンク

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンのメンバーと番組内容

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンの出演者は、有名な振り付け師の南流石(みなみさすが)さんとつながーるずです。

 

出演者は「つながーるず」という6人の女の子と、南流石(みなみさすが)さんをモチーフとした「ちびさすが」というキャラクターです。

 

つながーるずのメンバーは、まいまゆりさくらこみさきまなつあやかの6人の女の子です。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは1日に2回放送されています。1回目の放送では1分間ダンスが放送されます。

 

平日に毎日この7人のメンバーで1種類のダンスを披露しているのです。

 

お昼頃に行われる2回目の放送では朝に放送したダンスのポイントや脳育ダンスを楽しくレクチャーするダンスレッスンが放送されます。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタン

 

つながーるずのメンバー達が踊る様子と、詳しい解説の両方が放送されているんです。

スポンサーリンク

 

小さな子供は、つながーるず達が踊る様子を見ながら踊りを覚えることができます。

 

脳育ダンスを子供に教えたい大人は解説をしっかり見ながらダンスレッスンを行うこともできるでしょう。

 

6種類もダンスがあると覚えることが難しそうと思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、いずれも天気にマッチした振り付けで子供が覚えられるほど簡単です。小さな子供でも大人でも楽しく真似することができるはずです。

 

 

どれも脳科学に基づいた動きが組み込まれているので、実際にメンバーの真似したり踊ったりすることで子供の発育を促すことができるでしょう。

 

6種類のダンスはそれぞれ動きが全く違っているので、得られる効果が異なっている部分もあるという点がポイントです。

 

全てのダンスを行うようにしていれば、小さな頃から身体を動かす習慣が身に付きます。

 

なので、効果的な方法で身体を動かすことができるので集中力や記憶力を向上させることができます。

 

最近は、子供の記憶力や集中力といった「認知能力」とあきらめない力やコミュニケーション能力を高める教材や本も多く出ていますね。

 

 

子供の才能を伸ばすためには、このように脳育体操が今注目されていますね。

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンの放送はいつ?

 

「脳育ダンスバラエティ オドルポリタン」の放送はいつだろうかと気になる人は多いはずです。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンというこの番組はTOKYO MX(東京MXテレビ)で放送されています。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタン放送日と時間

平日の7時59分から8時に、その日の第1回目の放送が行われています。

2回目は同じ日の11時45分から12時までの15分間の放送となります。

 

このように平日であれば毎日放送されていることを知っておきましょう。

 

放送内容としては、お天気ダンスは6種類のものがあります。

 

毎日違ったダンスが1種類だけ放送され、1回目の1分間の放送では「つながーるず」によるダンスを見ることができます。

 

2回目では1回目に見たダンスの詳しい解説を聞きながら、レクチャーを受けることが可能なんです。

 

南流石(みなみさすが)さんの指導のもと、つながーるずが1分間楽しいお天気ダンスを披露しているというわけです。

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンの見どころ

    出典:TOKYO MX『オドルポリタン』あめダンス

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンの見どころは毎日違った6種類のダンスが放送されるところにあります。

 

また、しっかりとマスターしたい人のためにレクチャー番組もあるというところだと言えます。

 

たとえば「はれ」は晴れの日に感じる気持ち良さや明るさが反映されたものです。

また、「あめ」は雨の日に雨粒が躍っているようなものになっています。

 

子供向けの教育番組では踊りを踊るシーンがあったとしても、詳しく動きなどについてレクチャーすることは少ないです。

 

今までは、テレビを見て子供が楽しんだり、何となく一緒に踊ることで楽しむような番組がほとんどでした。

 

でも、脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは子供の発達を促進することを目的としています。

 

そのため、より効果的にダンスができるようになるための番組編成が行われているというわけです。

 

子供が小さくてレクチャー番組に興味が出ないこともあるかもしれません。

 

そのような場合でも小さな頃からダンスで子供の発達を促したり成長に役立てたりしたいと考える保護者が視聴することもできます。

 

 

楽しみながら身体を動かしていくことが大切なので、保護者がレクチャー番組を視聴して踊りをマスターして子供に教えるという手もあります。

 

子供と一緒に1分間のダンスを見ながら実際に踊るという番組の楽しみ方をすることもできるでしょう。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは毎日放送されています。シリーズではないので見逃したからという理由でダンスの振り付けが分からなくなるようなことはないです。

 

このように毎日視聴することで6種類のダンスを覚えていくことができます。

 

たとえ見逃しても次の週などに見逃したダンスを見ることができるという点も嬉しいポイントだと言えます。

 

脳育ダンスバラエティ オドルポリタンは朝とお昼前に放送されているので、この時間には子供と一緒に視聴することがおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ|脳育ダンスバラエティ オドルポリタンとは!メンバーと放送日はいつ?

脳育ダンスは、子供の身体や脳の発達に役立つということで、「脳育ダンスバラエティ オドルポリタン」が注目されています。

 

つながーるずのメンバーは、まいまゆりさくらこみさきまなつあやかの6人の女の子です。

 

この番組は、脳科学について高い見識を持つ久保田競(くぼたきそう)と有名振り付け師である南流石(みなみさすが)がタッグを組んでいます。

 

オドルポリタンの6種類のダンスは、楽しく踊りながら子供の成長をしっかりと促すことができるようになっていることを知っておきましょう。

 

お天気ダンスという名前で有名な6種類のダンスのオドルポリタンは子供が楽しく視聴しつつ踊ることができます。

 

それによって発達を促す効果が得られることが分かっていただけたはずです。

 

子供の成長に役立つことをしたい、楽しみながらダンスをさせたいと考えるのであれば、「脳育ダンスバラエティ オドルポリタン」の視聴はおすすめです。